水が苦手な50男の海日記

水が苦手で、50歳になるまで一切避けて、もっぱら登山をしてきました。とあるきっかけでダイビングを始めたのですが、始めるまでの苦労とその後のダイビングで出会う生き物たちを紹介していきたいと思います。

皆さん、ダイビングの際グローブはしてますか?

私は保温(特に冬場)の目的と、手指の保護のためにグローブをしています。

最初はいわゆるダイビング用のグローブをしていたのですが、素材が良いので、なにせ高い
しかも案外着脱がしにくいものが多いんです

そこで、保温が第1目的ではない冬以外は100均で購入する園芸用のグローブを着用しています。

割合と着脱が楽で、しかも丈夫なものが出回っています

良くダイビングショップが講習生向けに軍手を用意しているところを目にしますが、確かに安いのでしょうが、あれって素材の目が粗くて、ビギナーである講習生の手指の保護に適しているとは思えないのですが、いかがでしょうか。

勿論グローブで保護されているからといって、サンゴやイソギンチャクなどそこいらを触るのはご法度

自然をできる限り守りながら、安全なダイビングをしないといけないですね

それではまた明日!


沖縄移住ブログ「60歳からの沖縄生活withN」も応援お願いします。

沖縄の海で出会った生き物たち、今日は「コウイカ」をお届けします。

コウイカ
こちらも先日、本島中部の砂辺でのセルフダイビングの際に出会いました。

コンパスとにらめっこしながら進む私の目の前に突然(ただ単に私が気づくのが遅かっただけでしょうが)現れました。

向こうもきっとびっくりしたのでしょうか。
大きく目を開いて(いるような気がしました)、すーと後ずさりするように逃げていきます

少し追いかけるように泳いだのですが、さすがに海の生き物、その速さについていけませんでした。

こんな思いがけない突然の出会いがあるのもセルフダイビングの楽しみかもしれないですね。

色々な出会いを求めていっぱい潜りたいですね


それではまた明日!

沖縄移住ブログ「60歳からの沖縄生活withN」もご覧下さい。

沖縄で出会った生き物たち、今日は「ミナミハコフグ」をご紹介します。

こちらです、
PA080017
本島中部の「砂辺」ポイントでセルフで潜った際に見ることが出来ました。

このブログでも何度か登場しているので、細かな説明は不要ですね

何だかこの子に会えただけで、満足感が倍増してしまいます

岩陰などに良くいるのですが、この時も進む途中、ふと後ろを振り返った岩陰に可愛いお顔を見せてくれました。

水深も比較的浅い10mほどの場所でした。

出来れば成長する過程なんかも分かると良いですね。

それではまた明日!


沖縄移住ブログ「60歳からの沖縄生活withN」も宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ