水が苦手な50男の海日記

水が苦手で、50歳になるまで一切避けて、もっぱら登山をしてきました。とあるきっかけでダイビングを始めたのですが、始めるまでの苦労とその後のダイビングで出会う生き物たちを紹介していきたいと思います。

沖縄の離島、宮古島に行っていました。

本島から南西に約290㌔、飛行機で1時間弱の宮古群島の1つです。

人口は6万人弱、若干減少傾向にあるとのことですが、最近ドンキホーテが出来たり、街は発展を遂げ続けているようです。

地形ポイントが数多くあることで有名なここ、宮古島ですが、昨年訪れた際には天候、海況が悪く、有名ポイントが集まるところには行けませんでした。

それでもマンタを見たり、見た地形もなかなかのものでした。
今年こそ、盛り上がる期待に応えてくれるでしょうか。

飛行機を降りると、今回お世話になる「アイランドエキスパート 宮古島」のスタッフが出迎えに来てくれました。
ホテルまで送っていただき、明日の予定を教えて頂き、1日を終えました。

明日からダイビングの様子をお伝えします。

それではまた明日!
 

以前ダイビングスーツのことで書きました。

その時私は水温で気分けてるとお話ししましたが、皆さんはどうしてますか。

先日沖縄で潜った時に、現地のガイドのお一人は出来れば年中ドライスーツが良い、濡れないから。
という話をされていました。

確かに体が濡れることは体温の喪失に繋がって、不快ですものね。

私もドライスーツの濡れない快適さは理解する一人なのですが、一方でドライスーツの窮屈さを敬遠しがちです。

身体を濡らさないで、動きやすい快適なスーツが出来ないでしょうか。


それではまた明日! 

今日は、サメ繋がりで「オオセ」をご紹介します。

このオオセは 、テンジクザメ目オオセ科という種になります。

体は昨日のネコゼメのように、サメの形なのですが、顔が扁平な変わった形をしています。

それでは見ていきましょう。

初めて見たのは、この後姿でした。
1512伊豆大島
関東・伊豆大島(2015年12月)で、エントリーしてすぐに見かけたものです。

もう少しくっきりとしたのがこちらです。
1611徳之島・山
”扁平”ですね~

そしてさらに顔をみると、
1611徳之島・トンバラ
どうでしょう。
あまりお友達にはなりたくないですね。

この2枚は鹿児島の離島・徳之島で出会ったものです。(2016年11月)

夜行性なので、昼間はこうして岩陰などで身を潜めていることが多いようです。

名前の由来は良く分かりませんが、一説には浅い大きな瀬に潜んでいることが多いからとか。

それではまた明日! 

↑このページのトップヘ