今日は、サメ繋がりで「オオセ」をご紹介します。

このオオセは 、テンジクザメ目オオセ科という種になります。

体は昨日のネコゼメのように、サメの形なのですが、顔が扁平な変わった形をしています。

それでは見ていきましょう。

初めて見たのは、この後姿でした。
1512伊豆大島
関東・伊豆大島(2015年12月)で、エントリーしてすぐに見かけたものです。

もう少しくっきりとしたのがこちらです。
1611徳之島・山
”扁平”ですね~

そしてさらに顔をみると、
1611徳之島・トンバラ
どうでしょう。
あまりお友達にはなりたくないですね。

この2枚は鹿児島の離島・徳之島で出会ったものです。(2016年11月)

夜行性なので、昼間はこうして岩陰などで身を潜めていることが多いようです。

名前の由来は良く分かりませんが、一説には浅い大きな瀬に潜んでいることが多いからとか。

それではまた明日!