昨日の日曜日、久しぶりに砂辺・セルフダイビングに行ってきました。

前日のチェックでは風も弱く、天候も晴れ予報、後は当日の朝、現地判断と決めて土曜夜は早めに就寝しました。

朝8時頃に砂辺に着いてみると、すでに堤防沿いの駐車区域はほぼ満杯、少し離れた場所になんとか空きを見つけて駐車出来ました。それにしてもこの大量の駐車車両、ダイビングやサーフィンといったマリンスポーツ客だけではないように思うのですが

そして海況チェックに堤防の上に上がってみると、予想に反して「やや波高し」状態。
でもこれくらいなら行けそうと判断して準備を整えます。
タンクをお借りするのはいつもの「ホットステーション沖縄」、1本500円でお借りできます。

そしていざエントリー、時間は9時頃、ちょうど満潮に近い時間帯と波で、いつもの階段付近でうまく身体を安定出来ず、フィンを履くのに一苦労、妻Nを大いに心配させてしまいました。

今回が今年に入っての初ダイビング、エントリーでの苦労やウエイト・コントロールなどで思った以上に大変な思いをしました。

一歩間違うと、重大な事故につながりかねないマリン・スポーツ、改めて自己管理と基本動作の重要性、安全管理を認識させられました。

明日は海で見た生物をお届けします。
それではまた明日


沖縄移住ブログ60歳からの沖縄生活withN」はコチラです。