2007年12月17日

ある日、しっとこを見ていると、凄く印象に残るCMが放映されていた。

いすゞのCMに使われている、CM曲が頭から離れなくなり、いざCDを探そうとしともAmazonに聞いても教えてくれない。

そこでアーティストを調べるためにいすゞのサイトをチェック!





曲はそこにありました…
ウォークマンに入れて持ち歩くかなぁ


(11:10)

2007年07月25日

できるか!このクソ暑い自室でよォ!

と、暑さに逆切れしましたが、実際俺の部屋は風通しが非常に悪いです。
風の流れに対して垂直に窓やドアがあるため、お話にならんのです。
自室に扇風機はあるけど、こいつは排煙装置なのれす。

テストは直前に詳しいやつに教えてもらって、何とか切り抜けましたが…
何となくむりぽな予感。
そうなりゃ「また来年」で5年生突入キタコレ。

そうならないためにも…もう遅いか。
とりあえずねゆー。

(01:25)

2007年07月23日

今日はテストのノートを借りに、神戸へ行ってきました。
普通に学校に行って来たでもいいんだが、ま、それはそれ。

ファイナンス系統の講義のため、個人的に「サッパリワカンネー、アハハハハハ」と思いながら、借りたノート(のコピー)を見ていました。

このノートの出所は、実は戦場の絆のプレイヤー。てか、よく同時出撃で世話になる相棒の一人。
と言うことで、学校最寄のゲーセンで2絆やってきました。

・1戦目
陸戦型ジム(格闘機)で出撃。マシンガンばら撒きながら、接近してビームサーベルでバシバシ殴る。
殴る…つもりが、近距離機に引き打ちをやられてむしろコスト献上。
見るも無残なスコア47.撃墜0.

・2戦目
俺は格闘機で…ッ!QDが成功するまで…ッ!格闘攻撃をすることを辞めない…ッ!
とは言いませんが、意地の陸戦型ジム。
マシンガンばら撒きながら、こっちを見ていない機体に接近し、バシバシ斬り刻む。
しかし…3連撃が出ない。
2連までしか出てくれない。オーノー。
何とかかんとか逃げ切って、100オーバーのランクC。仲間の少佐殿が中距離機で近距離機に張り付かれていたのを発見し、そいつを落すも撃墜1。ダメダメだな。

・3戦目
必勝の形。近距離機、しかも最低コストのジムのBSGAと装甲4で出撃。
着地硬直、ブースト切れを見計らって射撃射撃射撃。
近寄られたらバルカンをばら撒き、それでも寄って来たらタックルで粉砕!
やってやったぜぇ!と思ったらスコア150のランクC。がっかりだ。

・4戦目
もう自棄だ。格闘機でQD練習してやるぅ!とまたもや陸戦型ジム。
機動4に設定し、ぺらぺら装甲で前線に躍り出る。
途中、先ほどのマッチングで少々怪しい動きをしていた少尉殿の横に張り付いて動き回っていたら…

ハイエナシチャッター('A`)
2回もシチャッター('A`)

<<すまない!>>シンチャを打ってごめんなさいしとく。
陸戦型ジムのタックルはお手軽だけどダメージ量がでかいぜ!

さて、帰宅する前に一人で絆をやるかと思って三宮まで地下鉄で移動。
ホームであるラウンドワンに行こうと思ったら、阪神三宮の駅前へ。

あー、阪神電車か。乗ったこと無いな。乗ろう

310円払って梅田まで移動することに。
気分は「見せてもらおうか。阪神ジェットカーの実力とやらを!!」

結論:運転荒い。がっこんがっこん言い過ぎ。

俺には阪神はあいませんでした。ごめんなさい。

梅田に降り立ち、とりあえず阪神百貨店のスナックパークで軽食を取り、うろうろして帰宅しました。

あさってが給料日なので、wktkしながら待っておきます。

(22:09)

2007年05月22日

無駄に講義をさぼり、喫煙所でやることが無いのでブログってみる。

最近は、ゲーセンの「戦場の絆」にはまりまして、ワンクレ500円にヒィヒィ言いながらもプレイしています。
って言うか、ガンダムのゲームです。どう考えても小学生以来久々にガンダムにのめりこんでます。本当に(ry

連邦で出撃していて、いまだに二等兵なんですが、同時期にプレイ開始した友人は少尉まで上り詰めています。置いてきぼりです。

ワンクレ500円は厳しく、給料日前には出撃出来ないのがね…辛いね…('A`)

虎の子の1000円を持ち込んで、プレイしようとか考える時点でダメかも知れんねwww

ラウンドワン三宮大隊所属の等兵ですが、ま、何とか色んな状況を切り抜けています。
基本的に近距離か格闘、中距離で出撃してます。近距離だと陸戦型ガンダム。格闘は陸戦型ジム。中距離はジム・キャノンで戦場を駆け回っています。

<<よろしく!>>


(15:21)

2007年02月23日

52e5b464.jpgども、背番号十八です。年が明けてからBMWがぬっ壊れたり、色々と俗世を離れかけたりしてました。

今はスバルの車に乗っております。国産車。しかも軽。って言うかプレオ。
思ったよりスバルの車は乗りやすくていい感じ。ただし、アクセルとハンドルが軽いのはちと怖い。

軽自動車の割りに良く走ります。
直列4気筒SOHCエンジンとスーパーチャージャーで、軽自動車自主規制値一杯の64馬力を6500回転でたたき出す車です。
平成10年製で、通称「A型」と呼ばれてます。
トランスミッションはトルコン式のi-CVT。低回転から加速していきますぜ。
しかも私が乗ってるのはRMというグレード。
このRMにはCVTの変速比を任意の段に区切ったスポーツモードが設定してあります。
しかも7速。信号ダッシュはヘタしたらE36よりも早いかも。

コラムシフト+足踏み式サイドブレーキなので、助手席から運転席へのウォークスルーも可能。
シートはもちろんベンチタイプ。過激に走る車じゃないからこの程度のユルさって重要だね。
後部座席は可倒式です。必要とあらばカーゴルームを容易に拡大できます。
さらに、その後部座席は「パノラマシート」たるシートリフターが存在します。運転席にないものを後部座席につけるのかwww
この機能があれば、後部座席の人でも思う存分前方視界を楽しむことが出来ると思います。普段見慣れないポジションなので、酔うかも知れないけどね。

標準でキーレスエントリー、フル装備、オーディオ(2DIN)、4スピーカー搭載。電動ミラー(電動格納ではない)やエアバッグ、ABSまでついてます。

これだけ揃ったら満足満足ですよ。
そりゃ軽だから「登りでパワーが足りない」とか「街中で煽られる」とかはありますが、絶対的な速度が出ないので、安全運転できるっていうメリットもありますな。

ああ、あと。

後部視界の確保が簡単。リアワイパーとウォッシャーも装備されてるので、汚れても雨が降っても視界の確保が出来ます。これ重要。

コイツに乗り出して、早くも一週間。すでに400キロほど走りました。体が車に順応してきました。最初の燃費はリッター当たり12キロほど。今後、プレオに合った燃費運転を身に着けてどれだけ伸ばせるかが、肝になりそうです。

レギュラーガソリンまんせー。30リットルの燃料タンクまんせー。満タンにしても3600円まんせーヾ(゚∀゚)ノシ

(00:20)

2006年12月31日

mixiでまともな振り返り方をしたので、こっちではヲタ方面に振り返ってみる。

…って言ってもなぁ。あんまり突出してヲタ活動に専念したわけでもないんだよなぁ…。

強いて言えば、紅楼夢に突撃した次第くらいか。
確かにああいったイベントは負のオーラ(ヲタのオーラね)が漂っているのかも知れんが、俺にとっては非常にクリエイティブな場所に感じた。
普段「儲けなければ商売じゃない」と思っている俺でも、掛け値なしに創作活動に精を出す若者の活動というものは、正直もっと評価されるべきだと思う。

しかるに、クリエイティブなものを作るための環境整備(例:PCソフトなどなど)をもっと急ぐべきだろう。
音楽作成ソフトなんざ業界標準があるけれども、依然として相性問題がある。ソフトウェアは10Mを越えるとバグを消すことはほぼ不可能とされているが、この場合のリコールなどは掛からないのだろうか。

また、ソフトウェアの販売値段も高すぎる。確かにソフトウェアハウスの中の人が毎日青い面してプログラミングしているから、人件費が掛かって仕方が無いというのも理解は出来る。
ただ、そのソフトウェアを手に入れるための敷居が高い。将来、こういったソフトウェアがもっと安く流通できればソフトウェアに寄る立国ということも考えられようて。


こういったことを考えると、ヲタ活動をしていて損だと思えない。そんなところにビジネスチャンスが転がっているからだ。
クリエイティブな活動をする者を侮辱することは出来ない。俺もしがないライターだから、余計にそう思ってしまう。

だが、ソフトウェアの販売を批難することにより、ソフトウェアを開発するSEを侮辱することになる。あっちを立てればこっちが立たず。

…まぁ、マンガやアニメで立国するという国の政策ならば、同人の世界ももっと脚光を浴びるべきだろうが…いや、やはり同人は裏だからこそ面白いのだろう。
世界の片隅で核兵器を作っている感じ。そんな感じがあるから、同人ワークスを辞められない人もいるだろう。
また、同人作品を転がす通称「テンバイヤー」(転売屋)の存在もまた、論議されるべきだろう。

…難しい。非常に難しい。この種の問題というものに正解は存在しないはずだ。
だから「正解」を導き出すのは不可能。「答え」を出すなら出せるが。

それは、クリエイティブな活動を行うものこそに、公的資金を注入すれば良い話だ。知的財産による立国をするのならば、法整備を行い、しかるべき場所にしかるべき量の金を注ぎ込め。いつかの新聞にもあった。「金は溜めておけば腐る。しかし、撒けば肥料となり、あたらしい金を生む」。

さてさて、年越しの夜にこんなことを書く人間もあまり居ないでしょう。
こんなチンケなブログを見る人も居ないでしょう。ヲタブログかよっ!と突っ込みを入れる人もいるでしょう。
でも、将来銭になる人に投資をするのも悪くは無いんじゃないですかね?

疑問符で今年を終わります。良いお年を。

(01:06)

2006年11月29日

今朝は6時半に起きて、学校へ行き、無事平穏に授業を受けてました。
いたって普通。


しかし、今日は一味違う!!
今日は某案件の取材を受けるという、普段は行わないことをしてきましたよ。
流石はプロの仕事、話を聞きだすのが上手いw

そして記事に使う写真を撮影されるんですが、行く先々でモデルみたいなポージングをさせられました。後にも先にもこんなことしたこと無い。

ひとしきり取材が終わった後、一服してから部室へ行くと2名ほど在室。
しかもぷよぷよ対決中。
そこへ乱入する俺。
さらに熱中する俺。

かれこれ1時間以上ぷよぷよをやりこみ、気がつけば6時。
帰るかなーと思ってたら「腹減った」のリクエスト。「部長!飯食いに行こうぜ!!」
このコールに負けて、俺は三宮へ向かいましたさ。ええ。

「どうせなら肉食いたいよなー」と俺の財布状況を鑑みないコメントも聞かれましたが…


結局は焼き肉屋で飯を食う始末。ああ、来月の25日が待ち遠しい。
28日は毎日就職ナビの合同説明会で、副部長と飯を食いに行ってたし…
今月はエンゲル係数めちゃくちゃ高いぜ、ホント('A`)

(23:40)

2006年11月14日

遅刻です。本当にありがとうございましt

ついぞ12日は紅楼夢に出掛けてました。
無駄にCDを買い漁り、ウォークマンにぶちこんで聞いております。
あいや中々、トランスがいいかんじ。これはいい買い物をしたと言うものですな。
まだ一枚しか聞いておりませんが、俺の中ではヘビーローテーション決定。

あ、早く学校行かなきゃ。


(09:32)

2006年11月08日

神戸と大阪を結ぶ鉄道網は3路線。

阪急、阪神、JR。

今やアーバンネットワークを形成したJRが最も優勢である。

では、優勢ではない私鉄路線はどうか?

優勢もへったくれもなく、ラッシュと閑散時の差は同じくらいだろう。

では何故、私は阪急に乗るのか。
北摂の人間だからだ。
北摂の人間は阪急に乗りたがり、阪神には滅多に乗らないだろう。
北千里は阪急村と称され、阪急電鉄がなければ存在しえなかった。

そう地元民は、阪急を使う。街を作ってくれた阪急を使う。
街の開発に鉄道インフラは、環境問題という観点から見て、非常に重要だろう。
そんな事を考えた、特急梅田行きの車内より。


(17:56)

2006年11月07日

今のオリックス、取り分け、ブルーウェーブから在籍していた谷佳知選手が、FA移籍先として望んでいた読売へと、トレードという形で移籍してしまった。

谷選手自身はどう考えているのかは知る由もないが、1ファンから言うと…

非常に判断付けがたい事です。

毎年、なんじゃかんじゃ言っても、存在感はしっかりあった選手なのでね。

思い起こすのは96年の優勝の頃でしょうか。
守備は割りとこなすが、打撃はあんまり…だったのが、3割打者になってね。最初から見ていた選手でした。何だかんだ言っても、寂しさ、悲しさはありますが、ここは一つ、軽いノリで送りましょう。

帰ってきたけりゃいつでも帰ってこい、と。


(17:32)

2006年10月18日

と言うわけで、朝起きてから何もしてません背番号十八DEATH。

7時前にたたき起こされ、飯食ってる間に親が働きに行ったため「別に出発しようしなかろうが関係なくね?」と思って、今こうしてキーボードを叩いているわけです。

まぁ、11時ごろには出発するでしょうが。

最近はこんなライフスタイルが定着しつつあります。よくないですか。

学園祭の準備や、RSの原稿書きもしなきゃならんのになぁ。
ま、のんびりやるか。

(09:54)

2006年09月09日

今日は面白い漫画ですよ。

ずばり。「DMC(デトロイト・メタル・シティー)」。
悪魔系メタルバンドで、ツラをデーモン閣下の如くメイクしてギャリギャリ爆音を鳴らすバンド。

でも、そのメイクの下からのぞく顔は普通のしがない23歳の若者だった。


そう、そのギャップが面白いんでしょうが、このマンガは名言続出。

「0.5ファックの差でクラウザーさんが勝った!」
「本当のレイプの仕方を教えてやる」
「公開自殺」
「SATSUGAIせよ」
「金のねぇやつは恐喝してでも(ry」


DMCボーカルのクラウザーさんはカリスマがありすぎて、俺には到底出来ないことをやってのける。そこにシビレるぅ(ry

来年にこの続巻が出るそうなので、そいつもKOUNYUしようと思います。(伝染

(22:25)

2006年08月30日

日記ですよ。
多分日記ですよ。
おそらく日記ですよ。


まさか携帯で1時間半も話すとは思ってもいませんでした故。
通話料1380円とか初めて見たぜ…俺には到達出来ぬ道と思っておりました。

こっからは腹の探り合い、神経戦の要諦を呈して参りました。
神経戦の苦手な俺だけに終戦チックなんですがどうでしょうか。
と言うよりむしろ、1時間半話して眠れぬ俺と言うのは余程弱っているのでしょうな。

さてさて眠くなったかと言うとそうでもなく、ただひたすらに眠くなるにはどうすれば良いか。
一瞬にして疲労が蓄積される紅魔郷ではなく、あえて妖々夢をやってきました。
ホーミング巫女で。

アリスまではノーミスでクリアできるのですが、4面からの雑魚弾幕にボムを使いまくって虹川三姉妹にはミス連発。
4霊夢ミスって対みょん戦では通常弾幕に辛抱たまらんくなり、被弾。
ついに対みょんで力尽きる(こんてぬーしますかと聞かれるってこと)。

いかんなー。みょんの初弾を回避できるようになったのは良いんだが、スペカの後の通常弾幕(刀弾が飛んでくるやつ)に被弾してたら…。
花映塚で培ったニュータイプ感覚が薄れております。

今クラブで花映塚対決したらまたNO.2に甘んじてしまいそうです。
明日当たりに鍛えておきましょうかね。

(03:27)

2006年08月17日

いかん。妄想力が加速度を上げている。

ひょっとすると、ひょっとするかもよ?

(02:30)

2006年08月14日

NEET生活絶賛進行中です。

お盆の時期は毎年働いていた記憶がありますが、今年はそんな気分じゃないので働いていません。
金は無いですが、もう、心が折れそうなんです。

今朝は10時ごろ起床。
新聞などを見てすごし、昼飯を食ってから、炎天下で洗車。
それはもう念入りに洗車。

カーシャンプーを使って水垢を落とし、水滴をすべてふき取り、シュアラスターワックスをかけ、一服。
一服したらワックスをふき取り、ボディアンダーのパーツに樹脂コーディングをぶっ掛ける。
ツヤを取り戻したら、今度は車内の清掃。
掃除機を取り出してきて灰皿からフロアカーペットやらを掃除。

ぴかぴかの318iを見ると、どっかへ行きたい欲がうずうずと。
16時からどっかって言っても、ドコへ行けるか…

そうだ、近所のコーナンでも行って、カーグッズでも見てくるか。
オートバックスは遠いしな。
ってことでれっつらごぅ。

…お盆の期間は非常に買い物客が多い。
駐車場も一杯だった。

買ってきたのは「カーシャンプー」と「タイヤワックス」の二つ。
車内用灰皿が欲しいところだが、ここは我慢の子。


…VWを手放すことになって、次はeKワゴンだそうで。
燃費のいいMT車らしい。
今度運転させてもらおうっと。

(22:21)

2006年08月13日

0:15分まで仕事してました。

文章を書くことを止めると、自分が病んでくるような気がしたので意味も無くblogに書き込んでみる。

ハルヒの曲なんぞを聞いていると、中々良いなと感じてしまう俺。
特に劇中歌。
God knows...やLost my musicなどね。
特に後者の曲はインディーズパンクっぽい。なおかつ、ガールズバンド。これ。

聞いているとだいぶ切なくなり、そして何かが満ち足りていく感覚がするってのは俺もそうそうキテる状況なのかなぁと。
俺にはこう思ってくれる人っているのかなとか思ってしまったり。

そんな俺のカラオケ得意技は福山雅治「squall」。
しっとりと、高くなく、気持ちが入る曲。
本当は他人のための曲だったらしいが、いつの間にか俺の中では雅治さん専用曲。
Gangなども歌えますが、やっぱ必殺はsquallだなぁと。

それと、Janne Da Arcの曲も聞き始めました。てか、女の子が歌ってたので聞き始めました(ぅゎぁ
しかもセクシーな歌詞のヤツを歌ってたからたまんない。
ちょwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwって聞いてた。

とりとめのない話は、酒を飲みながら…と決まってるようですが、俺は酒をのんじゃいけない子なんでヨロです。

(02:22)

2006年08月11日

mixiをメインに日記活動をしているので、blogは久々だなぁと。

・SNSの中毒性
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。今では雨後の筍の如くそのサービスサイトは増加している。
SNSは通常のblogとは違い、相手の顔が見えるインターネットとして活用されている。
この、相手の顔が見えるってのはかなりの効果があるようだ。

例えば、blogではH/Nを使用し、思うことをつらつら書いている。
SNSでは、リアルに見知った友人がその日記や考えを見ることが出来る。

blogではその匿名性を利用し、企業の内部告発などに利用されることがある。
SNSではさながら同窓会である。

さて、タイトル(今日のタイトルじゃなくて、セクションタイトル)にあるとおり「SNSの中毒性」とは何か?
それは「自分の見知った人が、自分の日記などを読んで、どういう反応をするのか気になる」ってところじゃなかろうか?

私などはエッジの効いた日記(別名グダグダ日記)を書くので、それを読んだみんなの反応などが気になる。
気になるから、逐一チェックする。外出先でもチェックしてしまう。
挙句の果てには通常会話でも「昨日mixiで見たけどさぁ…」と切り出す。

それは何より「相手の素性を知れることにより、情報の確立性が高まる」ということに帰結しそうである。
具体的には、適当に打ち込んで検索して引っ掛けたblogの内容より、友人の日記を見て得た情報の方が信憑性は高いということだ。

その情報の信憑性を確保すべく、躍起になって疲労し、SNSを退会する。(他にも「日記に書いたことから議論が発生、ケンカに発展して怒って退会なども理由として挙げられるらしいが)
通称「mixi疲れ」という減少まで発生しているというからたちが悪い。
もはやそのような単語が生成されるまで、ネット利用者が増えたと言うべきなのか。
それとも信憑性を上げるのに疲れたのか?

近年のネット利用者の増加は目を見張るものがある。
国民の過半数が所持する携帯電話からネット接続もできるし、PCだって10年前と比べれば目玉が飛び出るくらい安くなった。
ネット利用6年目にして、ネットの情報の安直さ、曖昧さがもたらす不具合に今頃であったような気分である。

あ、因みに筆者もmixi中毒者になってますwwwwww

(23:49)
いや、どうも最近落ち着かない。

これが惚れた弱みか。

(00:05)

2006年07月30日

暑い日照り。抜けるような青空とはよく言ったものだ。
そんな中、俺は人生の岐路に立たされている。
よく岐路と聞いて、生きるか死ぬかと言うが、確かに俺の立場も生きるか死ぬかだ。

つまり、ヒーローになれるか、ヒーローになれない中途半端な人間になるか。
ただのそれだけ。

ここは夏の日差しも厳しい野球場。
熱戦を繰り広げる俺のチーム。
1-2の最終回。2アウト。満塁。

ここで告げられたのは「代打」。そう、ベンチウォーマーの俺に出番が来た。

「○○、選手の交代をお知らせいたします。バッター、××に変わりまして、△△」

ヘルメットを被り、両手のバッティンググラブの口を締める。
ネクストバッターズサークルにある滑り止めを手にしたとき、俺は一つ約束を思い出した。

監督から代打を告げられた際、ひどく緊張し、がちがちになった。
きっと誰から見ても、カチカチになっていただろう。

だが、その約束を思い出した途端。

ふっと力が抜けた。
そして、微笑がやってきた。
その次に、必ず打てるという自信も訪れた。

よし、いける。

滑り止めをバットのグリップに馴染ませ、グリップ状況を握って確かめる。
グッと握ったバットは、いつもより軽やかだ。
サークルからバッターボックスへ向かう。
トントントンとリズムを刻み、素振りを1スイング。
イメージは前進守備の外野を抜くサヨナラヒット。

バッターボックスに入り、軸足の位置を決める。
スパイクから伝わる土の感触。ベンチからの熱い気持ち。
そして、スタンドから伝わる思い。

それらを背に受け、俺は構えた。

投手をにらみつける視線は、必殺。
理論ではなく、もはや気持ちの問題。
気持ちで勝てるかどうかが死線を分かつ。
任せろ。俺はお前のために打つ。

投手が投げたボールは、俺の狙ったコースにきた。
構えたバットをトップの位置から、流れるようにその球を迎える。
カッという音が響き、打球は左中間を抜ける。

…俺はヒーローになった。








と言うのを夢見た時代も俺にはありました(´ー`)y─~~





(02:57)

2006年06月16日

どうやらストレスの蓄積による胃潰瘍っぽい状態になりました。

それもこれも、負け続けるBsのせいだ!
よしBsのせいだ!そうだ!そうしよう!


謝罪と賠償(ry

(21:11)