2005年12月

2005年12月28日

タイトル通りに「今日はいろいろと車で走ってきた」ので、その話を。

まず、朝からクラブの買い物で車を出すことになった。俺の住んでる町から元々神戸の寮に住んでいたヤツを神戸まで運ぶことにもなった。

という訳で、車でかっ飛ばして学校まで行ってきました。休業期間ということで、学内はクリーンスタッフのおばちゃんしか見えない状況。
で、先ずは飯食うべということで、俺のバイト先の加盟店に行って飯補給。加盟店の人と話したら俺の働いている店で働いてみたいという。確かに加盟店はあまりにぎわっている状況ではなかった。俺の店はやたらとお客が多い。一辺、忙しいところで働きたいんだろう。まぁ、働いてる側から見たら、にぎわってない方が肉体的疲労が少なくて良いんだけど。

次に、買い物するために行くと、俺の車に買ったものが乗らないことが判明。某ホームセンターでレンタル軽トラを借りて、神戸の寮に住んでたヤツが運転。
学校の駐車場で俺を軽トラの荷台に乗せて、スピンターンしてくれやがった。流石、俺の友人だけあって、その辺は分かってやがるw

買い物が終わって、軽トラを返し、夕飯まで若干時間がある。そうだ、六甲山までドライブしに行こう。そういって、俺はBMWを六甲山まで向けた。
着いたところは裏六甲。幽烏、裏六甲だぜ、裏六甲。

すると、六甲有料道路はタイヤチェーン必携という状況。とりあえず、金のかからない峠道の裏六甲に入り込むと…

そこは いちめん ぎんせかいだった

はい、凍結してます。ていうか圧雪が凍っててかなり危険なんですが。
ええい、ままよと突撃敢行。コーナー5つぐらいで辞めた。
なぜかって?
2つ目のコーナーでリアが滑ったからだ!!!!
('A`)そんなもん、走れるはずねえだろ。

で、走るのを辞めたのは良いが。スタックした(ぁ

さて、抜けられん。車に積んでたタオルも有用じゃない。とりあえず上り坂で止まってるから、バックでゆるゆると方向転換。サマータイヤでの凍結時裏六甲は危険極まりないので、辞めましょうw
下り坂はずーっと、ATを1レンジに入れて、ヘッドライト+フォグランプで超警戒運転。ブレーキランプはつきっぱなし。多分、あの坂を5キロ以下で下ったのは俺だけだろうwwwwwwwwwwwwwwwww

って、笑ってられる状況じゃなかった。もうしません。

ゆるゆる下って、某軽トラで俺を乗せてくるくる回してくれた友人を乗っけて、大阪まで阪神高速と中国道で戻った。

その途中、笑顔でみちを間違えて、所要時間1時間くらいで晩飯を食う予定の店に到着。ぶっちゃけ、俺のバイト先のチェーン店です、ええ。その店に年末にヘルプとして行く予定なので、俺を見かけてもニヤニヤしててください。そして俺に注文を取らせないで下さい。
因みに、今日はバイトを休みにされて「○○店にヘルプで行かんか?」と聞かれてたんだが…その○○店に飯食いに行ってましたからー!
さらにそこの店長に接客されましたからー!!
絶対、俺の店の店長にも情報が行ってるはずですからー!!!
明日バイト行くのこええええええええええええ!!!!

たらふく飯食って、途中で中古本屋さんに寄って衝動買いして。買ったのはエヴァンゲリオンの5巻と7巻。6巻はどこ行った('A`)

で、今。おそらくさっきまでVシネマパラダイスで「本気(マジ)」を見てました。

今日の教訓:凍結路面に夏タイヤで挑んではいけません。もうやりません。反省しています。

(01:12)

2005年12月16日

突然の訃報に驚いております。まず、この知らせを聞いたのは、幽鳥からのメールでした。
私自身としては、まさかそんなことはあるまいとおもっていたのですが、そんな私の目に飛び込んできたのは「仰木彬氏、死去」の文字でした。NNNの「今日の出来事」でのトップニュースでした。

その時、世界が一瞬崩れました。そして、頭には「よっしゃよっしゃ」とニコニコしているBsのユニフォームを着た仰木さんの姿が浮かびました。そして、次に思い浮かんだのは、96年、リーグ制覇の時の、仰木さんの胴上げ姿です。これほどの感動を与えてくれる人がいるんだ。当時、小学生ながらそう思ったのを追憶します。

思えば、本当に偉大な人でした。直接的な繋がりというものは、私にはありませんが、多くの人を動かせるカリスマを持っていた人だとは、皆が思うことでしょう。

私の野球人生を語る上で、仰木さんの名前はずーっと、ずーっと語り継がれるでしょう。私の野球人生と言っても、そんな大げさなモノじゃないです。ただ、仰木さんのマジックがかかった野球を見て、野球をしたいなーと思った。また、経営を学ぶ立場になってからは、理想の上司像として…
プロ野球界に燦然と「仰木彬」の名前は輝くことでしょう。

本当にありがとうございました、仰木さん。さぞや辛かったでしょう。
でも、もう苦しむことも御座いません。そちら側には、私の偉大なる先生もいらっしゃいます。神戸と大阪の話でも、のんびりと、大好きなお酒でも飲みながら楽しんでください。
私達は、まだまだこっちで見届けることがあるので、そちらに参ることは出来ませんが、時々で良いですから、貴方の愛したチームを勝利へ導いてやってください。
本当にありがとうございました。お疲れ様。どうぞ、安らかに…

2005年12月15日に訃報を聞き、筆を取る。

(01:19)

2005年12月12日

俺自身、かなりモノにはこだわりがある人間です。
例えばクルマは走って楽しいモノで無いといけない。食うものはおいしくあるべきだ。煙草は荒っぽい煙ではなく、スムースな煙を好む、など等…

今回はそんなこだわりを持つ俺が、とてもこだわるものを紹介しよう。

1.ヘッドフォンを変えてみよう
早速アクの強い題でアレだが、とりあえず、手持ちのMDプレイヤーなりiPodなりの純正ヘッドフォンを、市販のちょっとよさげなヘッドフォンに変えてみないか?っていう提案。
仮にも音楽好きでMDプレイヤーなり、携帯型ミュージックプレイヤーを持っているなら、高音質で音楽を楽しみたいもの。それなのにどうして純正ヘッドフォンで満足していられるだろうか?
「私は音楽が聴ければいいの」それもごもっともだ。しかし、純正ヘッドフォンではアーティストが意図した音が周囲の音にマスキングされるのもまた事実。聞いて楽しい音を作ってくれるアーティストの音楽を、ちゃんと楽しみたいならヘッドフォンにこだわるのは順当じゃないかなと思う。

2.どんなのを選べばいいんだ?
今回はポータブルミュージックプレイヤーに的を絞って、俺の持てる知識でお伝えしよう。
ポータブルミュージックプレイヤーとは、再生時間を延ばすため、音声出力にそんなに力が無い。だから、例えばiPod Shuffleなんかにスタジオモニター用のヘッドフォンをつないでも、きっと物足りなく聞こえるだろう。いわゆる、押しが少ない音になって聞こえてしまう。
では、何を選べば良いのか?
ヘッドフォンには大抵「耳栓式」「耳掛け式」「ネックバンドタイプ」「オーバーヘッドタイプ」とある。これは皆さんのライフスタイルによってチョイスが異なってくる。

2−1.まずは「耳栓式」から。
「耳栓式」は周囲の音をカットしてくれる。なんてったって耳栓なのだから。周囲の音をカットしてくれるのならば、どういった状況が好ましいか?
それは電車などを利用している際に音楽を聴くような人が使うべきだろう。周囲の音をカットしてくれるなら、周囲への音漏れもしにくいということだからだ。更に音が漏れにくいということは、低音再生にも優れている。
弱点としては、ちょっとでもユニットのスイートスポット(いわゆる音の指向性の問題)がずれると、途端に音質が悪化する。そして構造上、音が抜ける場所が無いので高音の再生性には難点がある。

2−2.続いて「耳掛け式」
「耳掛け式」は良く見かける。俺は地下鉄で通学しているのだが、そこでも耳掛け式のヘッドフォンを用い、音楽を聴いている学生の姿を良く見かける。
構造上の問題として、「耳掛け式」は音漏れがし易い。というのも、耳たぶとヘッドフォンの間にすき間が出来やすいからだ。そこから音が漏れる。音が漏れると、物足りない音になる。音量を上げる。また音漏れする。その悪循環が発生してしまう。
俺に言わせれば地下鉄で「耳掛け式」ヘッドフォンを活用することは、とてもよろしくないと思う。音漏れ発生器になってますよwwwwwwwwwと言ってやりたいときもある。まぁ、白い目で見られて、東京に行って刺されるといいよ。東京じゃ音漏れが原因で、刺されて死亡したって事件があったらしいから。いつかは忘れたけどね。

2−3.さらに「ネックバンドタイプ」何故コレだけ「タイプ」なのかって?そりゃー全部横文字だからさ。
これは実を言うと、「耳掛け式」となんら変わらない。強いて言えばそれらを首の後ろにある樹脂製のアームで固定しているだけだ。でも、友だちと会話しながら歩いてる分にはいいかもしれない。トークに花が咲けば、その樹脂製バンドを首にかけてヘッドフォン部分をはずせばいいだけだから。

2−4.「オーバーヘッドフォンタイプ」これも横文字だから(ry
ヘッドフォン=これと思っている人も多いんじゃないだろうか。両方の耳にユニットをあてがい、頭上にあるアームで固定するという、ステレオタイプなやつ。
しかし、こいつはかなり有用だ。何より、ユニットが大きいものが多いため、迫力ある音楽再生が出来る。そして、冬場のクソ寒い時にはイヤーパッド代わりにもなる。
しかし、問題点がある。そう、それは髪型が崩れるということだ。特にワックスなどで固めて「今日の俺まじかっけー」とか言ってる人はこれは使ってはいけない。ヘッドフォンのアームの部分だけぺたんと、髪が寝てしまうからだ。また、耳の周りもぺたんと寝てしまうので、使ってはいけない。

3.まとめ
以上より
電車やバスなどの公共交通機関を利用しているときに、ヘッドフォンを活用する場合は→耳栓型や、オーバーヘッドフォンタイプ
徒歩などで利用するときは→ネックバンドタイプ、耳掛け式
という風になる。


レポートの季節だからってこんな、レポートチックなブログってどうよって思っちゃいますが、俺もどうよって思う。むしゃくしゃしてやった、今は反省していない。


(23:28)

2005年12月05日

寒いし雪が降るって予報が出たので、学校を休もうと思いきや…

雲はあれども何一つ降る事もなく、今更ながら、電車に乗っている訳です


東方萃夢想が届いて、すでに中国を出しました
相川らず霊夢のスペルアタックは追尾が着いてて(;´Д`)b
咲夜さんのドット絵がカワイイので素晴らしい(ぉ

最近はDELLをゼミのネタにしています
今日もそのネタでお勉強してくるです
さて、乗り換えて学校へと向かいますわ

誰か、鳥取の友人家近くのレティさんを黙らせてあげてください(;´Д`)


(12:31)