りんふら第18回「Lingua furanca.のお題を1順して」
惰性で全部参加した執事です、こんにちは。

最近、半径1クリック圏外の人たちはいないも同然、という悟りを開いたような状態になっているので、一から長文を書くことが減っていました。
書くのは、時事に絡まない短文。

凡夫は短文の価値を低く見積もる傾向があります。
現在の私が短文を中心に書いているのは、それが理由です。
私が興味を持てない人間には、私を低く見積もってもらって構わない。
言葉の価値を比較的公平に見極める目を持ち、かつ私とどこかしら似た視線や観点を持つ人に読んでもらって、反応が得られたらいいな、と思っています。

興味を持って、関わりたい、と思えるような人なら、自分から絡みに行きますしね。
絡んでくれないなら、その人はどうでもいいです。
また絡んでもらっても、うっとうしいな、と思ったら斬り捨てちゃいますし。

まあ、りんふらに参加した理由はいくつかありますけど、一番どうでもいいものを挙げると、長文を書くため、です。
別に、長文が書きたいわけではないですけどね。
たまには、とか、せっかくだから、とか。
違うな。
ええと、やっぱり惰性です。
始めてしまったら、天邪鬼で止められないのです。
他の人が参加しないのなら、なおさら。


ありがたいものをありがたがって見せる必要性はないのです。
だから私はりんふらに関して価値判断をしません。

この文章に意味や主張はありません。
強いて言うなら、わたしにとってのりんふらはそんなものです。