TOP > 明治・昭和の作品

明治・昭和の作品


明治時代の春画

江戸時代に流行した枕絵が、明治時代にはどのようになっているのかを見てみましょう。

春画は江戸時代に流行して、江戸時代には頻繁に浮世絵師によって描かれていました。
というよりも、はやり物はやはり誰でも製作してみようと思うようで、

これが明治時代になると、初期の方では頻繁に描かれていたそうなのですが、
末期から大正にかけては、局部を書き換えた春画などが出てくるようになったんだそうです。
局部を書き換えた春画や複数を切り貼りして、1枚の美人がに仕立て上げるなどしていたそうです。
それは、明治になってから春画という絵だったのが、だんだん写真に代えられるようになったからです。
それだけではなく、枕絵やそのような器物を販売する人を処罰したりその物を没収するようにしたからなのです。

現代は、芸術作品として見られているもの…もちろん日本の社会的にも国際的にも高い評価を得ているものあんどえすが、
そのときは猥褻出版物として扱われていたのだからです。
しかも、絵自体も少々過激な部分があったようで、日本人ではなく輸出するものとなっていったんだそうです。
美人がも、外国人好みにしていったりして。
局部を書き換えたり、外国人好みのものに仕立てて輸出するようになっていったと言われています。

昭和の枕絵
オリジナル
裏夢千代
歴史
江戸や明治の浮世絵師