2014年07月

2014年07月31日

大阪街頭犯罪、ワーストだった 府警、8万件超計上せず

大阪府警は30日、平成24年までの過去5年間の刑法犯認知件数に、窃盗など計8万1307件を計上していなかったと発表した。統計上の事件数を少なく装うこうした過少報告は、府内65署すべてで行われていた。府警は「あくまで担当者レベルで不適切処理が広まった」として組織ぐるみの不正を否定している。

未計上分を上乗せすると、大阪が全国ワーストワンを返上したとされた22〜24年の街頭犯罪(自転車盗、ひったくりなど8種類)はいずれも東京都を上回り、ワーストワンに転落する。

各都道府県警が公表する刑法犯認知件数は治安の目安となる指標で、ここまで大規模な不正処理が明らかになるのは異例。府警は同日、当時の署長や刑事課長ら89人を注意処分とした。懲戒処分はなかった。

府警では昨年6月、堺署で6千件超の過少報告が発覚。その後、堺署を除く64署で一斉調査を実施し、新たに7万4769件の未計上が判明した。府警によると未計上の86%が窃盗事件だった。街頭犯罪は5万2966件で最多は自転車盗の3万7013件。

各署の統計担当者は本来、すみやかに「刑法犯認知情報票」を作成し、府警本部と警察庁にデータを送信する。ところが(1)自転車盗は後から被害品が見つかればカウントしない(2)窃盗未遂は実害がないため、計上しない−など大阪独自のルールで、送信件数が大幅に減らされていた。

不正処理が始まったのは20年から。就任初年の橋下徹府知事(当時)がワースト返上に言及し、府警全体で街頭犯罪抑止が最重要課題になっていた。複数の担当者が聞き取りにプレッシャーがあったとし、「刑事課長らから、こんなものまで計上しなくていいと言われた」と証言した。

産経新聞 2014年7月31日

security_taisaku at 20:59|この記事のURL警察 

2014年07月27日

危険ドラッグで愛知県警の巡査部長を逮捕

危険ドラッグを所持していたとして、愛知県警は26日、県警津島署交通課所属の巡査部長を薬事法違反(指定薬物の所持)容疑で逮捕した。容疑を認め、「インターネットで購入した。ストレス発散のために昨年7月ごろから使い始めた」などと供述しているという。

逮捕容疑は25日午後2時半ごろ、岐阜県羽島市内で、大麻に似た成分の「MN−18」と呼ばれる粉末状の指定薬物を所持していたとしている。

県警によると、同日午後4時ごろ、羽島市に隣接する愛知県一宮市内の薬局の駐車場で、容疑者の運転免許証や警察官の制服、注射器などが入ったカバンが落ちているのを店員が見つけ、110番した。県警が中身を調べたところ、使用済みの危険ドラッグの空き瓶34本が見つかり、残留物から「MN−18」が検出された。

調べでは、容疑者は当直勤務明けで、「バイクで帰宅途中に落とした。羽島市内までは確かに持っていた」と話しているという。尿検査の結果、薬物は検出されなかった。

容疑者は、津島署で交通事故の捜査などを担当していた。勤務中の使用は確認されていないという。自宅の家宅捜索では未使用の危険ドラッグの瓶2本が押収されたが、指定薬物ではなかった。

毎日新聞 2014年7月26日

security_taisaku at 08:51|この記事のURL警察 | 薬物

2014年07月10日

ドア指紋「犯罪の証明なし」窃盗被告に無罪判決

大阪府泉大津市のコンビニエンスストアで2012年6月、1万円を盗んだとして窃盗罪に問われた男性被告(23)に対し、大阪地裁岸和田支部は8日、無罪(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。

検察側は、店のドアから採取された男性の指紋などを証拠に起訴したが、防犯カメラには、事件5日前に男性が同じ部分を触る映像があり、裁判官は「指紋は犯人が逃走した際に残したものとは認められず、犯罪の証明はない」と述べた。

起訴状では、男性は同年6月16日午前2時半頃、店員がレジを開けたすきに1万円を盗んだとされた。

判決では、レインコートのフードをかぶり、マスク姿の犯人が逃走時に付けたとするドアの指紋を検討。防犯カメラの映像では、犯人はドアを左右に押し広げて逃走したが、右側ドアで採取された指紋は男性の左中指のもので、裁判官は「犯人が左手で右側ドアをつかむのは不自然」と指摘した。

読売新聞 2014年7月8日

security_taisaku at 21:15|この記事のURL裁判 

電柱に衝突、運転の男性死亡。財布に脱法ハーブ?

10日午後3時40分ごろ、東京都立川市錦町の路上で、軽自動車が電柱に衝突した。運転していた30代とみられる男性が頭を強く打ち、その場で死亡が確認された。
男性の財布の中からは、お香と書かれた黒っぽい袋が見つかっており、警視庁立川署は男性の身元確認とともに、脱法ハーブの可能性があるとみて、袋の中身の鑑定を急ぐ。

現場は一方通行で、ブレーキ痕が見つかっていないため、そのまま衝突したとみられる。 

時事通信 2014年7月10日

security_taisaku at 21:05|この記事のURL薬物 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: