2015年08月

2015年08月29日

少年の摘発、過去最少 初の2万人割れ 特殊詐欺は増加傾向 上半期

成27年上半期に全国の警察に振り込め詐欺など特殊詐欺事件で摘発された少年は、前年同期比で19人増の183人だったことが27日、警察庁のまとめで分かった。一方、窃盗や暴力など刑法犯で摘発された少年は1万9409人と、上半期として統計のある昭和54年以降、過去最少で、初めて2万人を下回った。万引や自転車盗など、非行に走る初期型の事件が大幅に減少したのが大きく影響したという。

万引などを含めた少年事件の総摘発人数は減少しているが、犯行が特殊詐欺にシフトしている傾向にある。警察庁は少年が特殊詐欺に加担しないよう、学校との連携や街頭での補導を強化するなどの対策を進める。


警察庁によると、特殊詐欺の上半期の少年の摘発人数は平成24年が66人だったが、25年は135人とほぼ倍増、26年には164人と増加傾向にある。役割別では、27年上半期は現金の受け取り役の「受け子」が141人と約8割を占めた。少年らが現行犯逮捕されるリスクが高い役割を担わされていることがうかがえる。


特殊詐欺で摘発された183人のうち、「オレオレ詐欺」など振り込め詐欺型で摘発されたのは176人。このうち無職少年は104人と約6割で、続いて高校生34人、有職少年24人となった。中学生も4人含まれていた。

産経新聞 2015年8月28日

security_taisaku at 16:53|この記事のURL少年犯罪 

2015年08月19日

年金不正受給、86歳女に有罪判決 地裁多治見支部

約50年前に死亡した両親が生存しているように装い、年金を不正受給したとして詐欺罪などに問われた岐阜県恵那市の無職の被告(86)に対し、岐阜地裁多治見支部は18日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した。

裁判官は「全国民に対する犯罪で、強い非難に値する」と指摘する一方、「反省の態度を示し、日本年金機構に5年分と利息を返還している。高齢でもある」などと述べた。弁護側は控訴しない方針。

6月29日に保釈保証金400万円を裁判所に納付して仮釈放された被告は、車いすで法廷に姿を見せた。判決後、「寛大な措置をありがとうございました」と述べた。

毎日新聞2015年8月18日

security_taisaku at 10:18|この記事のURL裁判 

尼崎連続変死事件 李被告19日初公判 神戸地裁

尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理のいとこ、李正則被告(41)の裁判員裁判が19日から神戸地裁で開かれる。3件の殺人や1件の傷害致死など計10の罪に問われており、検察側は暴行など虐待の直接関与を立証していくとみられる。弁護側は殺意や共謀の有無など大半で起訴内容を争う構えだ。


普段はおとなしかったが、美代子からの電話があると急に暴れだした」。これまでの裁判で皆吉初代さん=死亡時(59)=の元夫(63)は李被告についてこう証言した。別の関係者は「体が大きく威圧感があり、常に角田(元被告)のそばにいた」「角田が怒るとまさ(李被告)も怒った」。元被告は周囲に「この子は元やくざで私の言うことは何でも聞く」と話したという。

李被告は2002年ごろ、角田家に出入りするようになり、元被告のおじと養子縁組したとされる。同居して日が浅かったため、角田家では元被告が近親者にさせないクレームなどの役割を引き受けていたという。

これまでの裁判に出廷した親族らは被害者を殴る李被告を元被告が制止するなどの暴行場面を証言。角田瑠衣被告(30)は李被告について「角田家にお世話になっているという気持ちが強かった」「私と正則は、美代子に気に入られようとアピールしていた」とした。

一方、李被告は元被告と出会った後で妻らと別れたとされる。公判で朗読された李被告の供述調書では、元被告に被害者の監視を指示され「『お前が自分で見とかんかい』と内心思いましたが、怖くて口が裂けても言えなかった」との記述もあった。


神戸新聞NEXT 2015年8月19日

security_taisaku at 10:16|この記事のURL裁判 

万引「制御できず」無罪 高次脳障害の被告に大津地裁

滋賀県草津市のスーパーで食料品を万引したとして窃盗罪に問われた女性被告(64)の判決が18日、大津地裁であった。裁判官は女性が高次脳機能障害の影響で「心神喪失の状態にあった」と認め、無罪(求刑懲役6月)を言い渡した。

判決や担当弁護士によると、女性は2013年5月、草津市のスーパーで商品のコメなど4点を盗んだとして、窃盗罪で同年7月に在宅起訴された。女性は起訴後に弁護士から高次脳機能障害の可能性を指摘され、医師の診察などを受けて障害者手帳を交付された。弁護側は窃盗の事実を認めた上で、女性が事件当時、中等度〜重度の高次脳機能障害の影響で心神喪失の状態にあったとして無罪を主張していた。

裁判官は、女性がくも膜下出血の後遺症による高次脳機能障害で「善悪の判断ができなくなっている」と指摘。一見障害があると分からないが、発症後に性格が変わり窃盗を繰り返した点などから「障害の影響は大きかった」とし、女性には行動を制御する能力がなく、刑事責任は問えないと結論付けた。

大津地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とのコメントを出した。

京都新聞 2015年8月19日

security_taisaku at 10:14|この記事のURL裁判 

2015年08月14日

中国・天津大規模爆発 有害物質が外部に流出か 中国メディア

中国・天津で、日本時間の13日未明に起きた大規模な爆発で、爆発現場から有害物質が外部に流出したとみられることがわかった。

爆発が起きた倉庫には、およそ7種類の化学物質が保管されていたとみられるが、一部の中国メディアは、このうち、「シアン化ナトリウムが爆発後に下水道から検出され、外部に流出しているとみられる」と報じた。
また、別の中国メディアは、「空気中から発がん性物質が検出された」などとも伝えている。

一方で、13日に会見した地元当局は、どのような化学物質が工場に保管されていたかは、明らかにしなかった。
現場付近には多くの日系企業が進出し、日本人も住んでいて、今回の爆発による周辺の環境汚染も懸念されている。
中国メディアによると、この爆発により、これまでに50人が死亡、けが人は701人にのぼっている。

フジテレビ系(FNN) 2015年8月14日

security_taisaku at 08:13|この記事のURL事故 

2015年08月13日

熱中症搬送 前の週に続き1万人超 死者この夏最多

9日までの1週間に熱中症で病院に運ばれた人は、前の週に続き、全国で1万人を超えました。死者はこの夏で最も多くなりました。

総務省消防庁によりますと、今月3日から9日までに熱中症で病院に救急搬送された人は1万1219人で、前の週の1万1995人より776人減りました。救急搬送された人のうち6割が軽症でしたが、搬送時に死亡した人はこの夏で最も多い32人に上りました。また、半数以上が65歳以上の高齢者でした。総務省消防庁では、外ではなるべく日陰に入り、室内にいてもためらわずにエアコンを使うことや、こまめな水分補給などを呼び掛けています。

テレビ朝日系(ANN) 2015年8月11日

security_taisaku at 20:51|この記事のURL自然環境 

中国・天津の大爆発、死者44人に 威力「TNT24トン分」

中国北部・天津(Tianjin)の工業地帯で12日深夜に起きた大規模爆発で、国営新華社(Xinhua)通信は13日、死者数が44人に増えたと報じた。

新華社は救助当局からの情報として、死者には消防隊員12人が含まれていると伝えている。また、520人が病院に搬送され、うち66人が重傷という。

同国のソーシャルネットワーク「微博(Weibo)」に投稿された映像によると、爆発は少なくとも2回発生した。中国地震ネットワークセンター(China Earthquake Networks Centre)は微博の公式アカウントに、1回目の爆発の威力はTNT火薬3トン相当、2回目の爆発は同21トン相当だったと投稿している。

現地のAFP記者によると、爆発現場から3キロメートル離れた場所にもガラスが散乱している。

AFP=時事 2015年8月13日

security_taisaku at 17:56|この記事のURL事故 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: