2016年01月

2016年01月13日

強姦事件、証拠を都合良く評価…弁護側、ずさん捜査を批判

逮捕から3年余り。悲痛な無実の叫びに司法が応えた。12日、鹿児島市で当時17歳だった女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性(23)に逆転無罪を言い渡した福岡高裁宮崎支部の判決。「『(被害者の)供述頼りの捜査をしないように』と判決が促した。非常に意義がある」。弁護団の野平弁護士(鹿児島県弁護士会)は12日の判決後、宮崎市内で記者会見を開き鹿児島県警の捜査を批判した。

県警を巡っては、冤罪(えんざい)を招いた2003年4月の鹿児島県議選を巡る公職選挙法違反事件(志布志(しぶし)事件)で自白偏重の捜査が問題視された。野平弁護士は「志布志事件は有罪と決めて積極証拠のみを集めたために起きた事件。今回の事件も同様で、無罪の可能性はないかと消極証拠を集めていれば、結果は違ったかもしれない。供述証拠を検討する仕組みを作るべきだ」と訴えた。

今回の1審判決は捜査側のDNA型鑑定に寄りかかって有罪を導いた。型は誰のものか特定できなかったが精液は検出されたとする内容。主任弁護人の伊藤俊介弁護士(鹿児島県弁護士会)は「精液が検出されたことを(被告の精液であるかのように)都合良く評価した」と批判。「1審の裁判所が正面から証拠認定に取り組んで判断していればここまで長く汚名を着せられることもなく、不信感を持った」と非難した。

毎日新聞 2016年1月12日


security_taisaku at 20:59|この記事のURL裁判 | 警察

イスタンブール名所近くで爆発 観光への打撃も

トルコ最大の都市イスタンブールで12日に起きた自爆攻撃とみられる爆発で観光客を含む10人が死亡した。トルコ政府は過激派組織「イスラム国」(IS)による犯行と断定。トルコは米国主導の有志連合による対IS攻撃に関与を強めており、ISの報復行為が懸念されてい。
爆発が起きた場所は観光名所の「ブルーモスク」近くで、死亡した10人のうち8人までがドイツ人。ロシア軍機撃墜をめぐる対立でロシア人観光客が急減するなか、さらに観光産業への打撃も心配される。

BBC News 2016年1月13日


security_taisaku at 20:57|この記事のURLテロ 

2016年01月06日

反共本の関係者、相次ぎ失踪=香港の書店に介入か―中国

中国共産党体制や習近平国家主席ら党指導部を批判する書籍を取り扱う香港の「銅鑼湾書店」関係者5人が相次いで失踪し、中国当局に拘束されているとの見方が強まっている。
香港警察も捜査に着手したが、「一国二制度」や「高度な自治」が認められる香港に対する中国政府の介入に懸念が高まっている。

一方、4日付の共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「こうした書籍はさまざまなルートを通じて中国本土に流入し、政治的デマの源になっており、一定の範囲内で悪い影響を引き起こしている」と報じた。

銅鑼湾書店は、中国本土で出版や販売が禁止されている「禁書」を専門とする。2015年10月以降、社長や店長ら計4人がタイや広東省で次々と行方不明になった。さらに、同年12月30日に失踪した株主の妻は「調査に協力する必要がある」と夫からの電話を受けた。広東省深セン市の電話番号だった。 

時事通信 2015年1月4日

security_taisaku at 10:47|この記事のURL言論統制 

バス炎上、放火容疑で男拘束=「社会に報復」か、死者17人に―中国

中国寧夏回族自治区の区都・銀川市で公共路線バスが炎上し、多数の死傷者が出た事件で、警察当局は5日午後、放火の疑いが強まったとして容疑者の33歳の男を拘束した。死者は3人増えて17人となった。

銀川市政府によると、男は住居立ち退きをめぐり業者とトラブルが発生。「不満を持ち、社会に報復する」ため放火したとみられている。男はガソリンを購入し、バス内でライターを使って点火した後、バスから脱出したという。

事件では5日朝、銀川市郊外の賀蘭県から銀川駅に向けて国道を走行中の路線バスが突然炎上し、バス全体が大きな炎に包まれた。死者のほか、32人が重軽傷を負った。

警察当局は放火の疑いが強いとみて捜査。容疑者の男を特定し、名前と顔写真などを公表して行方を追っていた。中央テレビによると、警察は5日午後に賀蘭県にある未完成の建物屋上で男を発見。約4時間にわたる説得の末、身柄を確保した。男は足にやけどを負っているという。 

時事通信 2015年1月5日

security_taisaku at 10:44|この記事のURLテロ 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: