2006年06月04日

普通預金(総合口座)

自由に預入、払戻ができる預金口座で、銀行取引の基本となる預金商品である。
キャッシュカードが発行され、自動取引装置(ATM)でも預入、払戻、振込などの取引ができる。

当座預金と並び、振込金を受入れ、各種公共料金や代金の自動振替を契約でき、給与、年金、配当金の受取りに指定できるなど、決済口座としても大きな役割を担う。
毎日の最終残高に対し利息がつき、6ヶ月毎に支払われるが、自由に預入、払戻ができる流動性、また自動振替や受取りなどの各種決済を取扱う手数のため、定期性の預金に比べ低い利率となっている。

ジャパンネット銀行、東京スター銀行など一部の銀行においては、一定の条件において口座維持手数料や払戻手数料などを定めている。
このほか、一部の銀行においては一般の普通預金と別に、次に挙げるような特典の組み合わされた普通預金が取り扱われている。なお特典利用には一定の条件がある。
通帳の省略により入出金の時間外手数料・提携銀行等ATM利用手数料無料利用などを特典利用できる普通預金(新生銀行の「パワーフレックス」、りそな銀行の「ティモ」など)。

残高基準額のある貯蓄預金類似の階層型金利が設定され、取引残高など一定の条件を満たすことで、入出金の時間外手数料・提携銀行等ATM利用手数料無料利用、貸出金利の優遇などの特典利用ができるが、条件に満たない場合は口座手数料を定める普通預金(三菱東京UFJ銀行の「メインバンク」「オールワン」、三井住友銀行の「ワンズプラス」など)。
予め口座手数料を支払う事で入出金の時間外手数料無料利用、景品ポイントの優遇付与などが特典利用できる普通預金(大垣共立銀行の「ゴールド総合口座」、静岡銀行の「ステートメント型総合口座」など)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



security_taisaku at 17:37│金融商品 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: