2006年06月08日

信託

信託(しんたく)とは、委託者が自己の財産に関する所有権等の権限を、受託者に移転し、また、受託者との間で、当該財産を運用・管理することで得られる利益を受益者に与えることを約する法的枠組みを言う。英文ではtrust。

わが国では、信託法によって規律される。

実務上は、信託業法によって規律され、歴史的に信託銀行がその中心的な担い手として発展してきたため、証券投資信託、年金信託等、主に金融資産を運用するスキームとして用いられることが多い。

しかし、動産・不動産を運用するスキームにも使われ、また、遺言信託や公益信託等、営業信託とは異なる用いられ方もする。

最近の信託業法の改正によって、運用財産には知的財産権等が加わることになった。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

security_taisaku at 22:35│金融商品 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: