2006年06月11日

住民76人に石綿病変、断熱材工場周辺

断熱材メーカー(東京)が実施した自社工場周辺住民らへのアスベスト(石綿)健康被害調査で、胸膜肥厚斑など、石綿を大量に吸ったことが原因とみられる病変が見つかったのは、全国5工場のうち3工場で76人に上ることが6日分かった。

全国で元従業員家族24人にも同様の病変が見られ、石綿による健康被害が、労災を超えた形で広がっている実態をあらためて示した。
(共同通信) 6月6日

security_taisaku at 12:55│労働災害 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: