2006年06月11日

労働災害

労働災害(ろうどうさいがい、労災)とは、業務上の事由又は通勤途上で、負傷、疾病、障害、死亡する災害のことを言う。

労働災害をカバーする労働者災害補償保険は、労働者の資格如何に関わらず、全ての労働者(アルバイト、パートを含む)に適用される。ただし、例外として公務員、船員には適用されない。

業務災害の定義
業務災害に対して補償されるのは、使用者の支配下において労働の提供を行う労働者の災害についてである。過労死や自殺もその要因が、使用者の支配下によるものと認められた場合、業務災害として認定されるようになった。

休憩時間を含む全ての作業中、作業に通常伴う行為。
出張中を含む全ての作業中、作業に通常伴う行為。
なお、強制されない(使用者の支配下にない)社外での懇親会(忘年会、花見など)等は労働災害に含まれない。(実際は、新人や派遣会社社員は強制に近い。)また、第三者の犯罪行為は除かれる。戦争、内乱も同様。

通勤災害の定義
昭和48年の労働者災害補償法の改正により、業務災害に加えて労働者災害補償保険の適用が認められたものである。通勤とは、労働者が就業に関し住居と職場との間を合理的な経路及び方法により、往復することをいい、業務の性質を有する物を除く。

なお、通勤経路の途中で逸脱もしくは中断していた場合や、通勤経路・通勤方法が合理的とみなされない場合は、日常生活上必要な行為で厚生労働省令に定められている場合を除いて、通勤災害として認められない。


問題点
身近なところでは、マイカー通勤で被害者になった場合は労災だが、加害者になった場合は個人の責任になっている。
通勤災害については、使用者の支配下にないことがほとんどであることから、労働災害の認定については業務災害以上に難しいことが多い。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

security_taisaku at 19:57│労働災害 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: