2006年06月26日

アスファルトの熱で労災死 作業員に東京地裁が認定

道路舗装工事中に倒れ死亡した東京都の男性作業員の妻が、労災保険の遺族補償給付を認めなかった足立労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、労災と認め不支給処分を取り消した。

裁判長は「アスファルト工事という暑い場所での業務で熱中症になり、不整脈を発症し死亡した」と判断した。
判決によると、男性は1995年7月、足立区の道路工事現場でアスファルトをスコップでならす作業中に体調不良を訴えて倒れ、病院に運ばれたが死亡した。
当日の最高気温は28・8度で、アスファルトの温度は約145度に達した。作業中は長袖、長ズボンにヘルメットと軍手を着用、湿度も約83%だった。
(共同通信) 6月26日

security_taisaku at 22:50│労働環境 | 裁判
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: