2006年08月09日

労働安全衛生法違反:労災虚偽報告の容疑で書類送検、札幌の業者

札幌中央労基署は3日、札幌市の建設業者と同社長を、従業員の労働災害の発生内容を虚偽報告したとして、労働安全衛生法違反の疑いで札幌区検に書類送検した。

男性従業員が札幌市の建設現場で左手小指を骨折したにもかかわらず、石狩市の自社資材センターで発生したように偽った疑い。社長は「工事が公共事業(札幌市発注)で、労災が発覚して今後の受注に影響が出るのを恐れた」と説明しているという。

(毎日新聞) 8月4日

security_taisaku at 22:27│労働災害 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: