2006年08月23日

過労死訴訟、7500万円で和解 三井生命と遺族

三井生命保険の営業所長だった夫(当時32歳)が長時間労働で過労死したとして、妻ら遺族が同社に約1億4370万円の損害賠償を求めた訴訟は22日、同社が和解金など計7500万円を支払うことで大阪地裁で和解が成立した。和解条項で同社は、労働時間・健康管理の充実のために必要な措置を講じることも約束した。
(毎日新聞) 8月23日

security_taisaku at 19:37│裁判 | 労働災害
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: