2007年05月12日

派遣労働者 労災急増 「日雇い」増え仕事不慣れ

派遣で働く労働者の労働災害事故が急増していることが、東京都内の派遣業者を対象とした東京労働局の06年の調査で明らかになった。前年に比べ5割近い増加となっている。急増の背景には、日々派遣先が変わる「日雇い派遣」が増え、仕事に不慣れなことがあると見られる。派遣労働者の労災実態が明らかになるのは初めて。

東京労働局は、労働者派遣法の改正で製造業などへ派遣の範囲が拡大されたことを受けて、05年から派遣労働者の労災状況(死亡、けが)の調査を始めた。全国に労働者を派遣している都内に本社を置く派遣事業者の報告件数などをまとめた。

それによると、06年の同局管轄の死亡災害は99人(前年比15人増)で、けがは1万78人(同169人増)。
このうち派遣労働者の死亡災害は2人(前年ゼロ)、けがは401人(同268人)となり、49.6%増となった。

業種別では倉庫・運輸が150人
製造82人
事務51人
などで、倉庫・運輸と製造で全体の58%を占めた。また年齢別では30代が123人で最も多く、20代が109人。20歳未満の7人を加えると若年の被災者が全体の6割にのぼった。また、被災者のうち仕事の経験が1年未満の労働者が6割だった。
同局では「正社員に比べ安全教育がおろそかになりがちで、注意を呼びかけたい」と話している。

5月12日 毎日新聞


security_taisaku at 20:07│労働環境 | 労働災害
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: