2013年01月11日

石綿飛散、解体現場17カ所で。被災4県で確認―厚労・環境省

厚生労働省と環境省が東日本大震災で被災した建物の解体現場など8県1192カ所をモニタリング調査した結果、アスベスト(石綿)の飛散量は世界保健機関(WHO)の基準(大気1リットル当たり10本以下)を4県17カ所で超えていたことが11日、分かった。 
時事通信 2013年1月11日

security_taisaku at 21:52│労働環境 | 労働災害
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: