2013年02月19日

大阪市、生活保護不正受給防止へ本人確認カード

大阪市は4月から、生活保護受給者になりすました不正受給や、別人への誤支給を防ぐため、受給者の顔写真入りの「本人確認カード」を発行することを決めた。

市は、こうしたカードは全国初としている。まず浪速と東住吉、福島の3区でスタートし、区側の意向を確認してエリアを拡大する。

カードには、受給者の顔写真と、区側の管理番号を記載する。カードの紛失・盗難による個人情報漏えいを避けるため、氏名や住所は記入しない。

市によると、受給者にはそれぞれ担当のケースワーカーがいるが、毎月1回の支給日に業務の都合などで不在になると、窓口で本人確認が十分できない可能性があるという。過去には誤って別人に支給したケースもあった。4月から発行を始める3区は、区側から実施を申し出ており、新規受給者に配布する。

同市はまた、受給者の資産内容や、親族など扶養義務者の状況を調査する専従職員を全24区に計49人配置することも決めた。こうした取り組みで生活保護の不正受給防止をより強化する方針で、新年度当初予算案に関連経費約1億1600万円を計上する。

読売新聞(ヨミドクター) 2013年2月19日

security_taisaku at 20:53│個人情報 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: