2015年03月27日

対馬仏像窃盗の2被告に実刑判決

長崎地裁は27日、長崎県対馬市の寺から仏像と経典を盗んだとして窃盗などの罪に問われた韓国籍の自称農業の被告(55)に懲役3年6月(求刑・懲役4年)、同自称警備員の被告(53)に懲役2年6月(同・懲役3年)を言い渡した。

裁判長は「被害額は高額の上、金銭には換算できない歴史的文化的価値も考えれば結果は重大である」と指摘した。

判決によると、2人は韓国籍の自称住職らと共謀し昨年11月24日、対馬市美津島町の梅林寺から市指定有形文化財の仏像「誕生仏」と経典「大般若経(だいはんにゃきょう)」360巻(合計約1億1000万円相当)を盗み、韓国に密輸しようとした。

毎日新聞 2015年3月27日

security_taisaku at 23:42│裁判 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: