2015年06月03日

大田区職員、女性の個人情報不正入手の疑いで逮捕

知人女性の個人情報を不正入手したとして、東京都大田区職員の容疑者を区個人情報保護条例違反容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。「情報を閲覧したのは間違いないが、ストーカー目的ではない」と供述しているという。

逮捕容疑は、区納税課主事だった2012年1月〜今年2月、業務で使う区役所の端末を操作し、20代の女性会社員や家族の個人情報を2000回以上閲覧し、女性に「あさってはお父さんの誕生日だね」といった内容のメールを送ったとしている。

捜査関係者によると、容疑者と女性は11年秋ごろ、当時女性が勤務していた飲食店で知り合った。女性が店を辞めた後も容疑者は「会いたい」などと一方的にメールを送り続けたという。


毎日新聞 2015年6月2日

security_taisaku at 05:30│個人情報 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: