2018年01月30日

<滋賀県警>未解決400事件の書類誤廃棄

滋賀県警は30日、昨年11月に甲賀署の庁舎を移転した際、2008〜14年に受理した窃盗や傷害、性犯罪など約400事件の被害届や捜査報告書などを誤って廃棄したと発表した。いずれも未解決で時効前の事件だった。県警は今後、事件の被害者に謝罪し、「必要があれば再度、被害届を出してもらう」としている。

県警によると、同署員が昨年12月22日、旧庁舎から移動させた書類を整理中、必要書類がないことに気付いた。調べたところ、同署刑事課員が継続捜査書類を保管対象と廃棄対象に選別した際に分類を誤ったことが判明。書類は委託業者が既に溶解処分していた。

400件のうち120件は被害届などのコピーを取っていた。被害者の連絡先や事件の概要などは別の資料にも記録しており、残る280件も作成しなおすとしている。

2018/1/30毎日新聞

security_taisaku at 21:46│警察 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: