2018年03月26日

ワンセグ携帯「受信契約は義務」=NHK側が逆転勝訴―東京高裁

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話を持っている男性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は26日、「契約の義務がある」と判断し、男性の請求を認めた一審さいたま地裁判決を取り消し、訴えを退けた。
ワンセグ携帯の受信料が争われた訴訟では、東京高裁の別の裁判長も22日、受信契約の義務があると判断している。

裁判長は、受信設備の設置者はNHKと契約しなければならないとする放送法の規定について、施行当時から携帯型ラジオが存在したことなどから「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と指摘した。
一審判決は、同法の別の規定を根拠に「『携帯』の意味は含まない」としていた。 

2018/3/26 時事通信


security_taisaku at 14:11│裁判 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: