エレベーター事故

2011年11月15日

エレベーター急停止、女性けが…国交省が調査

奈良県香芝市のマンションで今年9月、エレベーターが急停止し、乗っていた女性がけがを負う事故が起きていたことがわかった。
国土交通省は14日、昇降機等事故調査部会のメンバーを現地に派遣し、事故原因について調べている。

このエレベーターを製造・点検していたのは大阪府吹田市の会社。4階から1階に降りる際、何らかの不具合で1階付近で急停止、女性が転倒して腰にけがを負ったという。同省や同県は今月11日に女性からの通報で事故を把握した。

日本エレベータ協会では、エレベーターの扉が開いたまま動くなど構造の重大な欠陥による事故が起きた場合、製造業者は同協会や同省に報告することをルール化している。同社は今回の事故について報告しなかったが、同省は「報告の必要性があったかについても調査する」としている。


読売新聞 11月14日


security_taisaku at 06:30|この記事のURL
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: