2018年03月26日

学生演劇SEDET"新入生歓迎公演"概要


新入生の皆さん合格おめでとうございます🌸
2018年初公演こと、新入生歓迎公演のお知らせです!

【学生演劇SEDET第51回公演】


訪れた新世界公演一日目
作:松田 颯歩
潤色:学生演劇SEDET

一生に一度の公演二日目
作:松田 颯歩
潤色:学生演劇SEDET

【入場料】
無料

【日時】
4月18日(水) 18:30開場 19:00開演
4月20日(金) 18:30開場 19:00開演


【会場】
釧路公立大学構内 123中講義室


🌸演出陣🌸
【演出】松田 颯歩
【演出助手】渡部 貴広

🌸出演🌸
和泉 ももこ、大場 琴絵、岡田 文太

🌸スタッフ🌸

【舞台監督】伊藤 勇也 和泉ももこ
【音響】納谷 武尊 松田 颯歩
【照明】和泉 ももこ 松田 颯歩
【衣裳メイク】大場 琴絵 和泉 ももこ
【小道具】岡田 文太 松田 颯歩
【制作】大場 琴絵


お問い合わせ:sedet01@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

18日と20日では戯曲が異なります。
両日でも、一日だけでも、気軽にお越しください♪
公演後には、新入生を交えたミニ交流会を開きます。
初心者も経験者も是非是非お越しください〜〜!

sedet01 at 20:23|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月10日

学生演劇SEDET第50回公演概要


今年最後の公演情報をお知らせします!


【学生演劇SEDET第50回公演】


『果実』
脚本:弦巻 啓太
脚色:学生演劇SEDET


【入場料】
無料

【日時】
12月9日(土) 16:30開場 17:00開演
12月10日(日) 14:30開場 15:00開演


【会場】
釧路公立大学構内 123中講義室


◎演出陣◎
【演出】島影 佳季
【演出助手】渡部 貴広、松田 颯歩

◎出演◎
熊木 脩也、阿部 和、石持 慶祐、西根 朋美
和泉 ももこ、伊藤 勇弥、大場 琴絵、島影 佳季

◎スタッフ◎

【舞台監督】阿部 和、伊藤 勇弥
【舞台監督助手】石持 慶祐
【音響】納谷 武尊、高野 俊一
【照明】阿部 克己、和泉 ももこ
【舞台美術】渡部 貴広、熊木 脩也
【衣裳メイク】阿部 和、松田 颯歩、村岡 海虹
【小道具】西根 朋美、和泉 ももこ、村岡 海虹
【制作】西根 朋美、大場 琴絵


お問い合わせ:sedet01@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おかげさまで、学生演劇SEDETも公演50回目となりました。
これまで私どもを支えてくださった方々
そして観に来てくださる皆様への感謝も込めて
光る演出のもと(物理)鋭意活動中です!

IMG_8599

ブログの右欄にリンクがありますツイッターでは日々の
稽古写真も公開していきますのでどうぞそちらもご覧下さい♪

sedet01 at 23:30|PermalinkComments(1)clip!

2017年12月08日

【果実】ただ、ただただただ見に来てほしい。

ご無沙汰しております。

色々と書こうと思っていたのですが、公演前日の更新になってしまいました。

物語の奥深くを読み取ろうと、スタッフもキャストも必死です。必死に頑張っています。

今回公演「果実」は明日初日を迎えます。

といっても2回公演なのですが。

この2回、たった2回のだけの劇です。



いきなりですが、私は無料公演という言葉が嫌いです。

稽古をしながら、私は「この劇にいくら払えるか」という目線を常に持っていました。

それは僕がお金に執着している男。というだけではありません。(もちろんそれもありますが)


なぜ無料公演が嫌いかと言うと、作り手側が創作中壁に当たった時に言い訳にしてしまいそうになるからです。

「まあ、無料公演だから。大目に見てくれるだろう」などと。


しかし、冷静に考えてみると。
ゆっくりしたいだろう週末の昼下がりに。
現在釧路は路面状況が最悪で極寒で、
在校生以外は入りづらく構内が分かりづらい大学に、
そのような場所へわざわざ1時間半以上拘束されに来るのです。

これが本当に無料公演でしょうか。

もちろん無料公演です。お金は取りません。

私達SEDETだってほとんど毎日集まって、
暖房が壊れても集まって、
舞台装置を作って、稽古して、

それでも少ない少ないと言いながらも部費内でものを買い、暗幕は湖陵高校さんから、照明機材等は東風さんから貸していただき公演ができています。

素晴らしいことです。

タダだからって、手を抜くことはできません。

なので手を抜かずやってきました。
そりゃダラケたり、ちょっとふざけたりもしましたが。
手を抜いてはいません。

だから僕は明日本番を迎えるために頑張ってきたみんなのために、「無料ですよ!」「安っぽいですよ!」と言いたくもないし思われたくもないのです。


まとまりが無くなってしまいました。

ただ、見てほしいのです。足を運んで欲しいのです。

それに見合う価値は、あります。

それだけわかってほしいのです。

sedet01 at 14:53|PermalinkComments(0)clip!
最新コメント
QRコード
QRコード