2013年04月

2013年04月24日

よろしくです!!

はじめまして一年生の水村由希乃(みずむらゆきの)です。気軽に呼んで下さい!
演劇は高校一年からです。演劇まっしぐら!!

演劇ばかです。そうです。それに尽きます。私から演劇をとったらそこにいるのはただのばかです。アスパラガスとラスベガスの違いもきっと解りません。

みなさんの記事がとても参考になります。sedetに入ってから真剣に演劇について語り合えることが増え、非常に楽しい毎日を過ごさせて戴いておりますが私自身もっと演劇について学ばなくてはと切に思う次第です。

ソフビを与えておけば黙ります。それかフエラムネ。さう云へば最近食品添加物についての本を読んでしまい、売っているお菓子類が恐ろしくて食べられなくなりました。だいたいのお菓子は食べ続けると死ぬそうです。公開することに何の意味があったのでしょうか。「非表示」という優しさがあってもいいではないですか…内申もあのタレントの素顔もプライベートも耐震強度も非通知でいいじゃあありませんか。私は知りたくないんです。虫の知らせが何だ!知らせてくれるな虫よ…ああ…疲れているのでしょうか。蜂蜜入りの紅茶でも飲みませう‥

釧路の気候がとても好きです。日蔭だらけで。日向なんて厭です。私はあまりにも明るく天真爛漫な人を目の前にすると体が溶け出します。ナメクジに塩です。自己嫌悪に陥るのです。太宰治の「二十世紀旗手」などを読みたくなります。

‥はっ!…暗い…!あまりにも…。タイトルに大いに反してしまいました。読んでくれた方、申し訳ありません。このやうな日記で‥(苦笑

あっき君稚内にも居た事があったんですね!私も奇遇にも小学三年生まで稚内におりましたよ。海のある街はいいですよね。
先輩方からこれからも沢山のことを学ばせて戴くことと思います。宜しくお願いします!

色々と書きましたがいつもははじける元気!でがんばります!仮面ライダーとお仕事のできるその日まで!
へんし〜んっ!
ではっ!



sedet01 at 22:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

はじめまして!

ども!この度演劇部に入部しました1年生の穐山興侑です^^

初めての書き込みとなるので今回は自己紹介とか意気込み?とかを書いていきます。
まず、名前についてですが、「あきやま きょうすけ」と読みます。読みづらい漢字が多いので、初対面の人から正しい名前で呼ばれることはありません^^;だいたい「かめやま」とかって呼ばれちゃいます><

そして出身地は函館。だけど函館育ちではないです。
函館→釧路→稚内→函館→釧路(今ここ)
こんな感じで道内を転々としてきました。トータル的に函館で暮らしてた期間が10年以上なので函館人を名乗ってます。
演劇に関しては、幼稚園、小学校の学芸会?などでで主役を務めたり、小、中学校で生徒会長を務めていました。また、バンドを組んでいてライブをしたりしてました。なので、人前で何かをしたり、舞台に立つことが好きで、高校で演劇部に入部しました。その流れで大学でも演劇を続けたいと考えて、入部を決めました。
これから演劇の活動を通じて、演劇でしか味わえない感動や喜びを先輩や同期の仲間、そしてお客さんと共有したいです!


次回の更新からはもう少しかたくない感じで更新します^^
では皆さんよろしくお願いします!^^

sedet01 at 15:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2013年04月19日

ここから


こんばんんわ。一平です(*^^)v

最近、「サークル」というものを、よく考えます。
自分がどういうことを考えてるのか、それをサークルの仲間たちに伝えようとすると、
言葉が次から次へと、溢れてきます。
それが熱弁になるようです。
 少し、長くなるかもしれません。
考えすぎだろ。そんなことわかってるよ。考え甘くない?  
と思われる方、いらっしゃるかもしれません。でも、書きます。漠然とだけど、何を考えてるかを。

 ここ10日間ほど、サークル活動のメニューを考えてました。
考えたといっても、エチュードをやるってことなんですけども。

問題は、エチュードが「サークル活動」の中で、どういう位置にあるのか。どういう役割があるのか。ということです。

公式には、僕たちのサークルは、年に2回、公演をします。夏の校内無料公演。冬の校外有料公演。2回公演します。
 毎度、最初ながらに最重要問題が頭を悩ませます。
それは、「脚本選考」です。
脚本が決まらないことには、何も始まりません。
役者も決まらないし、装置も、衣装も、音響も、照明も、ポスターやチラシを作ることもできません。セリフを覚えたり、役者、裏方人のイメージと演出のイメージをすり合わせるのにも時間がかかります。

 近頃は、オリジナルのものを作りたいという気持ちが、自分も含めて、サークル内にあるという印象がございます。
そこで、公演に向けた脚本作りをする場として、エチュードメインの練習にしたいという気持ちが生まれました。

エチュード・・・場面や人物設定に合わせて即興で演じる

インプロ(インプロビゼーション)・・・台本や打ち合わせが全くなく、その瞬間に起こったことを受け入れ合いながら演じる。即興ということもあり、確実性に欠ける点や、コント的な要素が強くなるといった点で軽視されていた時代もあったが、近年再び、目の前で物語が創られていく面白さ等が、支持されている。
インプロの出演者たちは本番でのさまざまなコンディションを高めるため、想像力や、ボキャブラリーを鍛錬する、ゲーム性に富んだ稽古を日々重ねている。

ちょっと、引用させていただきました
この説明だと、今僕らがやってるエチュードは、インプロに近いです。

今は、単発型と称しまして、断片的な場面を5分以内に展開させるというものを繰り返しておりますが、段階的に断片的なエチュードから、全体的、流動的なエチュードへと形を変えながら、より、脚本作りを念頭に置いた練習へと進めることを提案しています。
 そして、西内の記事に技術向上のためという表現がありましたが、僕の気持ちとしては、それよりも、想像力、発想力を磨く。ということに重きを置いています。
 さらには、毎回のエチュードを繰り返すことで、毎日目にする、TV、新聞、あるいは授業など、日常得られる知識からも何か、使えるネタはないだろうかという意識が働いてくれればという期待もございます。

なぜ、こうまで、エチュードにこだわり、メニューを作っていこうとしているのかというと、それは、毎日の練習を、実践的かつ建設的に行うことで、充実感のある活動にしたいと考えたからです。
つまり、エチュードは劇づくりにおけるベースであり、僕が考えるサークル活動における位置でいえば、足場になります。

第一に、僕は、「舞台は想像力の集合体」だと考えます。

プロの脚本家の方、演出家の方は、一人で想像力を働かせて、さまざまなイメージを作ってしまうのかもしれません。
しかし、僕はこう考えます。
そういう方々は、たくさん経験している、見てきている、感化されている。
イメージを生み出すための出会いをたくさんされている。
その度、新たな発想が生まれる。
影響を、感銘を受けるごとに、新たな発想が生まれる。
そういう発想が生まれる経験をたくさんされているから、イメージが湧く。
さらに、その経験をベースに、時間をかけて、あるいは何かの拍子に数々の想像を結合させることで、新たなイメージをふくらましている。

何を言いたいのかといいますと、そういう方々は、異常なほどの引き出しをお持ちだということです。
経験値の高さによる自分の中にある数ある引き出しから飛び出す想像を集合させることで、一つのイメージを作り出しているのだと、僕は考えます。

僕にもできるでしょう。想像を集合させることは。
しかし、その集合体=一つのイメージが「おもしろいもの」であるのかどうかは、やってみないとわかりません。
確信を持てる経験もありませんし、実際にやってみて、「客受け」がよければ「よし」ということにもなるのでしょうが、一人で想像してみても、何が面白いものなのか、さっぱりわかりません。

僕が考えるエチュードの役割はそこにありまして、要は、「実験室」です。

プロの演出家、脚本家の方々が頭の中で、膨大な引き出しの中から「想像」を取り出して、想像の集合作業をしているのであれば、
僕らはエチュードを行う空間の中で、一人一人がもっている小さな引き出しの中から「想像」を取り出しあって、想像の集合作業をすればいいのではないか、と考えます。


僕たちのサークルは、伝統的に冬に有料公演を行います。
そこで考えてしまうのが、お金をお客からとるということです。
有料そのものに反対をする気ではありません。
ただ、僕らが提供する舞台と、お客が支払う代金とが釣り合っているのかということです。
単純な話、自分が客なら、つまらないものには金は払いたくないということです。
舞台は、電化製品のように、一定の有用性を保障するものではありません。
掃除機や、冷蔵庫、あるいは舞台と同じく「娯楽」を提供するゲーム機のように、安定した有用性を約束できないのです。
 しかし、お金を取るのです。
伝統だからやる。例年通りやる。そういう惰性的な理由ではやるべきではないと考えます。

演劇は、果てしなく面白いものだと思います。反面、果てしなく難しいものだと思います。

ただ、僕らが活動する上で、お金をお客からとるということを考えた時、僕たちがサークル活動で費やす時間と労力は、最低でもお客に払ってもらう代金に釣り合う作品をつくることに向けられなければならないのではないでしょうか

 もちろん、皆と楽しく、仲よく活動したい。
でも、目的意識をもって活動することで、それが達成された時の喜びを感じる瞬間、
その時こそ、本当に楽しい「サークル」になるのではないでしょうか。



sedet01 at 00:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年04月18日

整理整頓

皆様おはようございます。演劇部2年男子の昨日1年間溜まっていたチラシ類を一斉に出した方、ニシタツでございます。

4月の下旬に差し掛かっているのに釧路ではなかなか寒い日が続いています。
まぁ北海道じゃよくある事って言えばよくあることですよね。
僕の弟が生まれた1996年5月12日は地元十勝で雪降っていたとのこと…この手の話は出していたらキリがありませんね。控えましょう。((+_+))

最近は専ら、新年度時期ですね。
入学式に始まり、新入生の入部、釧路演劇協議会総会・懇親会、履修科目の決定・・・
結構怒涛の日々が続いているところです。先日また懲りず唐突な帯広帰省も行ったところ。履修届も先日提出しましたが、教科数実に35教科、合計単位72単位!!・・・来年僕って生きてますかね?←

13日(土)には釧路演劇協会の総会と懇親会がありました。
何度かこのブログでも話題にあがったと思いますが、釧路演劇協議会というのは演劇を通して、釧路の文化活動を高揚・発達させることが目的とした組織です。このページの右側に位置するリンク先の各劇団も参加している組織となります。上は79歳、下は19歳。実に最大60年の差がある年代で出来た組織です。(よく考えれば貴重な経験でございます、感謝感謝)
皆さん、演劇大好きの方々。自然と様々な方向へ話が広がります。飲酒まで1年足りない自分がちょっと残念でした・・・本音をぶつける手段の一つにお酒って使われるんですね。僕はあと10か月の我慢です(p_-)

はてさて、最近のSEDET活動についてですが・・・
技術向上のために横山一平が主体になり、最新の練習メニューを試行錯誤しています。
彼はとにかく普段の練習であっても公演につながるような練習にしたいと自らの思いを熱弁するのです。
あの熱弁をされては僕も動かざるを得ませんよ(*^_^*)
そしてそれはエチュードという形をベースに構成されていきます。

DSCN3348


くじを引いてエチュード内のテーマを決め4~5分までの間に即興劇。
なかなか毎回練習する度に手応えや課題が見つかるのでやりがいがあります・・・昨日は練習終了間際に3人1組に挑戦しました!さぁ、夏公演までにどこまで発展させられますでしょうか?誠心誠意、皆の感性を磨いていければいいなと思いますね。

そうそう、演劇活動と言えば”くしろ演劇みたい会”と学生として連携し、釧路の演劇人口を増やそうと計画しているところでございます。

DSCN3361


くしろ演劇みたい会とは、釧路で演劇を継続的に観ることが出来るように企画・運営していく組織です。会費を払えば2~4か月おきくらいに観劇できるのです。現在その運営委員からの依頼もあり、公立大学・教育大学・短期大学など各々の学内という策を飛び越えて協力し合い、いろいろ計画中なのです・・・予定なども含めて上手く行くといいのですが・・・興味を持った方はぜひ公立大学演劇部代表へと声をおかけくださいね(笑)

さぁあとは近日中にある公演でも提示して終わりましょうか。


●演劇集団ウポポさん
日時:4月20日(土)・21日(日)13:30〜14:30
場所:北海道教育大学釧路校 小ホール(開場は公演の30分前です)
料金:無料

●劇団東風さん
日時:5月3日(金)・4日(土)。隠院В娃亜銑■隠:00〜
場所:釧路市動物園 サル山前野外ステージ
料金:観覧無料(高校生以上は入園料がかかります)

●おびひろ市民ミュージカルさん
日時:5月6日(月・祝)18:30〜
場所:帯広市民文化ホール 大ホール(開場は公演の30分前です)
料金:当日前売り同額 1000円


SEDETも近日中に公演出来ると良いんですがね・・・個々人の予定も含めて部内も整理整頓しなければ・・・
では、長々とすみませんでした。
次回はSEDET名俳優一平!!よろしく~!!!(>_<)

sedet01 at 02:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2013年04月15日

味噌汁うまー(゚д゚)ウマー


はい、みなさんおはこんばんちゃ(・ω・)
最近自炊頑張ってる盒兇任后

眦鳥瓩砲咾靴辰鳩茲瓩蹐噺世錣譴泙靴燭、
私びしっと決めたことなんてあったっけ?(´・ω・`)
そもそもびしっと決めるってどうするの??(;^ω^)
うーん…(・_・;)こんな部長で申し訳ないなぁ。
私が部長をのほほんとやっていられるのも
部員のみなさんの協力のおかげです。
いつもありがとうm(__)m


さて、たまにはちゃんと活動報告したいと思います。
あまり西内にだけさせると文句言われちゃうので…。

今日の部活には入部する(予定)新入生2名が来てくれました♪
名前なりなんなりは
後々本人たちがブログ更新したら言ってくれると思うので割愛。
内容は
軽く説明を交えながら基礎練習ヽ(・∀・)ノコウスルノダヨ
そしてかるーくエチュード。
そして恒例の部費徴収(^q^)

うん。たしかそんな感じです。
本当はもう少し
1年生と交流を図る時間を設けたかったのですが、
バイト民が多すぎました。
2年生半分だったもんね(;´д`)

17日は人数これるならもう少し交流持とうか。

さて、味噌汁の美味さに感動しつつ
(自画自賛というツッコミは要らない(^ ^))
履修のことに頭を痛めながら
西内にまわそうかな。

たっつーブログ更新(新入生の可愛さ(*´д`*))と
今度の夕飯よろしく!!!
次は春巻きがいいなぁ…
と、言うか春巻きで( *`ω´)
春巻き決定だよ(*゚∀゚*)



(ということで、
西内家で一緒に春巻き食べる人募集中♡)

sedet01 at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!


みなさんどうもこんにちは

高田です。


あれ、小山の記事は?と思われた先輩も中には

いるかもしれませんのでここで説明しましょう。


さて、この度我々SEDETには

「一週間記事更新をサボったら自動的に次の順の人が更新をするルール」

というのが設けられました


てなわけで前回の更新より一週間以上が経ち

今回私がこうして記事をアップロードしたのです。はい。



小山(言いだしっぺ)しっかりしてくれよー(^言^)




話は変わりますが、

ここ最近SEDETは「怒涛」の日々を過ごしていました

少しいざこざみたいのもありましたが

結果丸く収まって万々歳です


部長のなめらかなサークル紹介と

代表のすばやいクリックと

小山の素敵なパワポのおかげか

念願の新入生もゲットし

なんだか以前よりももっと前向きに

活動していけそうな気がします



新入部員の女の子に早く会いたいなぁ

と思っている高田がお送りしました

未だに面識なくて悲しい



では部長、次の記事でびしっと決めてください


sedet01 at 02:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年04月04日

スミマセン!更新を長く止めてました…

最近、何故かいろんなことを忘れがちになってしまい、遂にはこのブログにも影響が!!
本当にスミマセン


えーっと、
今日の活動では、結婚式場にみんなで行きました!いや、すごくすごかったです。
機材も空間も、演劇の場とは全く違っていてとても新鮮でいい刺激になりました。

けれど、式場を出たら雨が降っていてショック…!!!!!


その後は少し時間を置いて、話し合いやちょっとした稽古を学校で行いました!
もう、クタクタになりながら頑張りました。


てことで、もうそろそろ寝る準備に入ります!
おやすみなさい!!!!!!


sedet01 at 20:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
最新コメント
QRコード
QRコード