2007年06月16日

2007春の瓢箪池

 毎年、金魚の繁殖シーズン前(3月、4月)には、池の大掃除と改修を計画するが、今年もやり損ねた。ワキンが舞い踊る池に体力と銭と貴重な休日を投資する気になれないのが原因。そんなこんなで5月初旬にはワキンの稚魚が泳ぐ様になり、今年も池の様子は現状維持で瓢箪池は、なんの進展もない(愛読者の方々へは、すまん気持ちで一杯・・)。
 今年は例年より稚魚の数が少ない。池の縁を覗いてやっと数匹が確認できる程度。親魚の多い年は産卵数に対して稚魚の生育率が低い・・という『瓢箪池の法則』があるので想定内。金魚は昼間の殆どを食料探しに費やすので親魚が卵や稚魚を食ってしまった・・と、いうのが管理人の推測。5月からマツモムシという吸血水生昆虫が大発生。この虫の餌食になった稚魚も沢山いただろうと思う。トノサマガエルも既に数匹。今後も続々とやって来るので、「果たして稚魚達は、どーなってしまうのかっ?」という危機的状態。瓢箪池の野生化が進む。

 道端で路頭に迷っていたイモリを保護して池に放したが、現在でも生存してるかどうかは不明。

sk070611ike

2007春のナンキン荘

 5月になるとオスナンキンがメスナンキンを追いかけ始めた。数匹のナンキンが水面でバシャバシャと絡みながら、アクロバット泳法のパフォーマンスを見せたので既に数回は産卵が行なわれた模様。卵は魚の栄養となり、水槽内で稚魚が孵化することはない。近所の田んぼにはミジンコがわんさか。ほんの少しの気力があればナンキン生産に取りかかれるのだが、普段の換水さえ面倒な今日この頃・・。サブタイトル『出雲ナンキンが舞い踊る庭池構築に燃える管理人と・・・』を『・・・に燃えた・・・』に、すべきか?と悩むが、このまま放置(また燃える日が来るかも知れんし)。
 転覆病のナンキンはその後も変化無し。善くも悪くもならない。もう半年近く逆立ち状態で泳ぐ。

sk070614nankin

マツモムシ

ims070616mathumomushi 体長1センチから2センチ程。胸部には臭腺があり、強く押さえたりすると臭気を発する(カメムシ目)。光りを感じる方向に腹側を向ける習性があり、いつも背泳ぎのような恰好をしているが、飛ぶときはひっくりかえってから飛び立つ。すばやい動きで小魚や昆虫、オタマジャクシなどを捕らえ、針のような口吻で体液を吸う。不用意につかむと口吻で刺されることがあり、とても痛い。成虫で越冬をする。(以上は参考文献より)

 添付写真は、アメンボの子供の死骸に近づくマツモムシ。田んぼで泳ぐ姿は、見かけたことがあるが、これまで我家の池では見た記憶がない。が、今年(2007年)は、ウヨウヨしている。成虫で越冬するとのことなので、池の掃除をしない限り、来年も大発生することになろう。管理人にとって迷惑な存在か?そうでもないのか?は、判定が難しい(ワキンの稚魚にとっては大迷惑間違いなし)。元はボウフラ(蚊の幼虫)退治にワキンを池に放したのが瓢箪池物語の始まり(カテゴリー/03年飼育観察記/始まりは2003年夏/を参照くだされ)。この虫もせっせとボウフラを退治してくれてると考えると、少しは可愛く見えるのが不思議。

修羅の道・・金魚の繁殖

z070614hansyoku ただいま金魚の繁殖の季節。ナンキン増産のビッグチャンスだというのにウキウキした気分になれない。管理人がナンキンの繁殖に躊躇するのは面倒なだけが理由でないことを語るのは、ただの怠け者ではない証になるのでは?と考えた・・(ただの怠け者でもいいけどね)。

 金魚は子沢山である。一度の産卵で数百、数千の稚魚が生まれる。本気で育てれれば、無限に増やすことが出来る。出来るが、同じく無限の池や水槽と無限の気力・体力が必要となる。現在、この世に生存している多くの金魚が人の手によって行なわれる優良魚(生き残る魚)、不良魚(生き残らない魚)の選別から勝ち残った魚達である。我家のナンキンも愛好家からは「ナンキンに似た金魚」と呼ばれるかも知れんが、勝ち組には違いない。負け組の魚は処分(抹殺)される。実は管理人は金魚だけでなく、幾らかの植物も育てている。花が咲かない、実が成らない、姿が悪い、邪魔、以上のいずれかに該当すれば容赦無く胴体真っ二つ、或はバラバラ、日干し、火あぶり、生き埋めなど、今ではどんな非道な国家でも採用されない残虐な刑に処すことがある。世間では金魚は、植物よりは、高級?な生命を持っていると評価されているらしいが、人間からは、かなり格下の下等動物として扱われる生物であるので、上記の刑に処しても、評判が落ちたり、後ろ指を差されることがあっても、犯罪者として拘束されることはない。ブツクサと金魚ウンチクをたれる管理人が、飼い切れない稚魚の処分にビビってるうちは、まだまだ修羅の金魚道の入り口にも達っしてない証。

 一つだけ、これをやらずには瓢箪池物語は完にはできん・・という想いを持っている事がある。ホテマクリ繁殖・出雲ナンキンバージョンである(ホテマクリ繁殖については、カテゴリー/魚や飼育のことなど/2004年ワキン族による単池完結型繁殖(ホテマクリ繁殖)/を御参照くだされ)。我家には現在、2つのトロ箱水槽に4歳になるナンキンが13匹いる。受精卵を採取し、別の水槽で孵化させ、孵化した稚魚を順次、池に放せば、幾らかの稚魚は育つと考えている。作業行程の合理化のため、受精卵だけを池に沈めて孵化を待ってもよい。今年も昨年も一昨年もチャンスはあったが、玄関先で家族に邪魔扱いされる小汚い水槽でせっせと3年間育てたナンキンの子孫が、飢えたワキン(ワキンの稚魚を含む)の餌食になったり、ワキンの稚魚との壮絶な生存競争に負ける姿を想像すると、ただでさえ疎ましいワキンに憎悪の刃を向ける可能性があり断念。『ホテマクリ繁殖・出雲ナンキン・バージョン』の挑戦は、現在の池の先住魚であるワキン達が、不慮の事故で全滅するか(不慮の事故を装う故意だったりして・・)、瓢箪池よりも快適な引っ越し先が見つかる事が条件。それまで瓢箪池物語は半冬眠状態になりまするので池の様子が気になる方は、年に一度、春先にでもポチッとアクセスしていただければ十分かと思うしだい(無駄なアクセスは人生の無駄遣い)。いつの日か・・出雲ナンキンの子孫が舞い踊る池を見ることができたら・・自分の金魚道楽は、成就した・・と、思いたい。

追記
ホテマクリ繁殖を採用した場合、生き残る魚(ナンキンの子孫)は、鮒尾のナンキンだったり、背鰭のあるナンキンだったり、あるいはワキンと瓜二つだったりと、いろいろ楽し気な想像が湧いてしまう(ワクワク)。「そんなん出雲ナンキンじゃねー。」とおっしゃる方々が、いるはずだが管理人も賛成。もしも、その中に磨けば光る魚がおれば、新名称を付ける予定(瓢箪金とか・・)。

seebee at 11:13|PermalinkComments(0)clip!雑記