2018101107

2016年にセクシー女優デビューし、現在は性的サービスをする店で働いている元タレント・坂口杏里さん(さかぐち・あんり 別名=ANRI 27歳)が、芸能界引退発表からわずか1年で芸能界への未練を明かし、復帰したいという思いを告白したことで物議を醸しており、ネット上では否定的な声が多く上がっています。

そうした中で坂口杏里さんは11日にツイッター、インスタグラムを更新し、世間の批判に対して怒りを爆発させ、それに対してさらに批判が寄せられて炎上状態になっています。

坂口杏里さんは昨年9月までにセクシー女優として8本の作品に出演し、その後はキャバクラ店、デリバリー型の大人のお店などで働いており、自身のインスタグラムでは、「私ANRI芸能界引退しました。色々ありましたが普通の女の子に戻りたくて決めた答えです。15、16歳から26歳まで芸能界にいて、もうやりきりました。未練はありません。」「今は、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます。」と綴っていました。

しかし、たった1年で心変わりした様子の坂口杏里さんは、5日に東京・下北沢で行われた平成ノブシコブシ・徳井健太さんのトークライブに出演し、その後に更新のインスタグラムで、「徳井さんとのフリートークでもお話したんですが、私はやっぱり芸能活動をちゃんとしてた、自分の中でキラキラしていた頃の自分に戻りたい。って素直に感じました。もう一度、復帰が出来るならしたい。と、強く思いました!」「あの頃の坂口杏里にもう一度、チャンスがあるなら戻りたい。本当に本気で、フリーじゃなく、芸能界に戻りたい、と強く思いました。」と、芸能界復帰への思いを綴っていました。

この話題を様々なメディアが取り上げ話題になったのですが、ネット上で寄せられたコメントは否定的なものばかりで、

  • 需要無しなので無理
  • 世の中を舐めるな
  • 芸能界でもセクシー女優の仕事してても全てが中途半端
  • タレント時代にキラキラしてた時期なんてあんのかよ
  • 無理やろ まだ色々問題分かる前からやべー奴やったもん 親の七光りの中でも特別無能

などといった声が相次いでおり、肯定的な声は極わずかとなっています。
そうした世間の反応に坂口杏里さんは怒りをあらわにしており、批判殺到後の11日にインスタグラム、ツイッターを更新し、「自分のやりたい事、目標を書いて何がいけないのかな?みなさんは私の何がわかるんですか?会ってちゃんとしっかり目を見てお話したことあるんですか?会って目を見てちゃんと話しをしたこともないくだらない人間に、人のこと馬鹿にしてもらいたくない。夢や目標を持ったら、夢や目標を見る事はいけないことなんですか?」と、自身の目標や夢を見ず知らずの人に批判されたくないと激怒しています。
2018101107-1


ですが、この投稿に対してもネット上では、

  • 夢や目標を語るのは自由だけど、あなた今まで努力した?
  • そういうところが受け入れられない理由じゃない?
  • うん、夢を持つことはいいことだ。でも甘い夢を諭してあげる人も必要だ
  • これだけメンタルが不安定だと何をやっても長続きしない。前向きなことやいいことを言っても継続される保証が全くない。
  • 自分が批判されている理由を理解しない限り、芸能界はおろかいかなる業界でも受け入れられないと思うけどね。
  • 不特定多数に夢を語るのは自由。ただし同様に、不特定多数の人がどんな批判するのも自由。目を見て話してないのになぜ批判するの?とありますが、では、なぜ目を見て話せないSNSに投稿したのでしょうか?やはり自分自身に都合のいいことしか受け入れない方はSNSはやめていた方が良いと思います。

  • 本気で復帰したいならいきなりマスコミ批判なんてしない方がいいのでは?夢や目標もつのはいいことだし、自由ですけど、自分の置かれた立場や状況を理解していないと夢の実現や目標の達成なんて無理でしょうね。
  • 努力も目標もなく中途半端な人間がくだらないと反論するところがすごい。未だに自分自身がどこまでの人間か理解していない。受け入れて欲しいなら一つの事全力でやってみたら良い。いつまでも親不孝な事ばかりしてたら亡くなられたお母さんが浮かばれない。

  • 本気で復帰したいならいきなりマスコミ批判なんてしない方がいいのでは?夢や目標もつのはいいことだし、自由ですけど、自分の置かれた立場や状況を理解していないと夢の実現や目標の達成なんて無理でしょうね。
  • 努力も目標もなく中途半端な人間がくだらないと反論するところがすごい。未だに自分自身がどこまでの人間か理解していない。受け入れて欲しいなら一つの事全力でやってみたら良い。いつまでも親不孝な事ばかりしてたら亡くなられたお母さんが浮かばれない。


また、世間やマスコミに噛み付くのも1つの芸としていいのですが、今の状態で世間の批判に噛み付き、アンチを増やせば増やすほど芸能界復帰は遠のくとみられ、特にテレビの世界はイメージや好感度が全てなので、不満はあってもそれを飲み込み、反省している姿などを見せた方が良い効果を得られるのではと思います。


そもそも坂口杏里さんは芸能界に復帰して何をしたいのかが不明で、ただ単に芸能界へ戻り、以前のようなポジションで活動したいと考えているだけにしか見えないことによって、批判している方も多くいるように感じられるため、今後また芸能界復帰した場合には具体的に何をしたいのかなどを明らかにした方がいいのかもしれないですね。