ad78afc7cbcfdfe1ea46becc06ee3fa520180510140407916

リーダーの城島茂(47才)は福島を訪れ、米作りを手伝う農家の人々に涙ながらに謝罪。国分太一(43才)はロケを継続するかどうかの打ち合わせで苦渋の表情を見せた。長瀬智也(39才)は「(ロケ企画が)終わったら一緒に泣くぞ」と意気消沈するスタッフに呼びかけた──。

 5月13日、事件後、初めて放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。松岡昌宏(41才)の姿は過去の収録映像でしか流れなかったが、「4人」体制に変わったTOKIOがロケに臨む様子が放送された。

 視聴率は20.8%。直近4回の平均視聴率が15.2%だっただけに、いかに世間の注目度が高かったかがわかる。メンバーが苦悩し一歩一歩前に進もうとしている姿が映された中、元メンバーの山口達也(46才)も闘病を続けている。


視聴率は20.8%。直近4回の平均視聴率が15.2%だっただけに、いかに世間の注目度が高かったかがわかる。メンバーが苦悩し一歩一歩前に進もうとしている姿が映された中、元メンバーの山口達也(46才)も闘病を続けている。

 現在、山口は関東にある病院に入院している。この入院は少なくとも1~2か月ほどかかると見られている。

 事件発覚直後、山口はある隠れ家的なVIP病院に緊急入院していた。100平方メートル近くある病室は、応接セットや冷蔵庫、ミニキッチンまでつき、まるで五つ星ホテルのスイートルームのよう。しかしつい最近、本格的な治療のため転院したという。

「転院先はメンタルクリニックに力を入れる病院で、豊かな自然環境のなかで最新の専門医療を受けられます。今は両親や兄弟が病室に通って山口さんの治療をサポートしているようです」(山口の知人)

 自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、強引にキスを迫ったことを発端とするこの騒動。アルコール依存症を疑う声もあがったが、山口は長く躁鬱病と闘ってきたという。

「山口さんは5年以上前から躁鬱に苦しみ、入院したこともありました。今回の事件も、躁鬱病で山口さんの精神が不安定だったことが要因です」(前出・山口の知人)

 躁鬱病の正式名は「双極性障害」。気分がコロコロと変わる人を指したり、「鬱病の一種」といわれたりするが、誤解の多い病気だ。精神科医の和田秀樹さんは、「躁鬱病は、鬱病とは明確に区別する必要があります」と指摘する。

「もともと2つは同じ病気とみなされていました。しかし、2013年にできた診断基準で、鬱病と躁鬱病は違う病気と分類されることになりました。躁鬱病は、憂鬱で無気力な『鬱状態』と、気分が晴れてハイテンションな『躁状態』を繰り返すことは知られていますが、単にアップダウンの激しい人を指すわけではなく、明確に病的な状態なんです」

 両極端な“病状”の中でも、より深刻なのは「躁状態」だと語るのは精神科医の片田珠美さんだ。

「躁状態になると衝動や感情を抑えにくくなる『脱抑制』の状態になり、暴力的になったり、性欲が高まったりします。山口さんは躁状態に加え、アルコールによる“ダブル脱抑制”でブレーキのきかない状態だったと考えられます。躁鬱病は、通常の鬱病と比べても、自殺率や再発率の高さも大きな問題です」