img_0aadf92f4c29b0c3f8e5595742a3612b602151
身長170cmのスラリとした美しいシルエットに、読者を射貫くような強い眼差し。5月28日発売の女性ファッション誌『エル・ジャポン』7月号で、木村拓哉工藤静香の次女・Koki,が表紙を飾った。

 5月24日にインスタグラムを開設すると、6月8日現在でフォロワーが73万5000人を突破するほどの注目を集めている

静香が“お手本”にしたリリー・ローズ・デップ

 父親似のルックスは大いに話題となったが、同じく驚かされたのが同誌の中面で見せたファッションだった。

「フェザーのドレスにバッグ、キャスケットをかぶった全身シャネル姿。総額は1050万円以上でした。まだ15歳の彼女が堂々とそれを着こなしていることは衝撃的でしたね」(ファッションライター)

 ハイブランドであることもあり、日本では30代以上の女性に好まれるシャネル。しかし、静香はKoki,にあえてシャネルというブランドを選ばせたのかもしれない。

「父親も母親も国民的アイドル。普通にデビューしたのでは親の七光になってしまいます。そこで静香さんがお手本にしたのがリリー・ローズ・デップ。彼女は関係者によく“Koki,にはローズのようになってほしい”と話しているんです」


 ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディという世界的スターを両親に持つリリー・ローズ・デップ。Koki,と同じ15歳でオーストラリアの雑誌『オイスター』でモデルデビューを果たし、シャネルのアンバサダーを務めた。

「ローズは母親の影響で幼少期からシャネルを身につけ、いまやシャネルのシンボルとして、世界的なモデルになりました。それを意識して、静香さんが全身シャネルのスタイリングを取り入れたんだと思います。またローズも『エル・ジャポン』の表紙を飾ったことがあり、Koki,のデビューがこの雑誌になった理由もうなずけます」

ローズの最大の魅力は、親の力ではなく、自らの個性で活躍していることだという。

「ローズはモデルだけでなく、ナタリー・ポートマンに“天才!”と言わしめるほど、女優としての個性的な演技が絶賛されています。今回は、“ローズが持つ唯一無二の個性をKoki,にも身につけてほしい”という静香さんからのメッセージが込められた鮮烈デビューだったのでしょう。もしかしてローズ同様、彼女も個性派女優の道を歩んでいくかもしれませんね」

 両親の影響を受けないよう、そして世界で活躍できるよう“Koki,”という名でデビューした彼女。

 次なる一手は、やはり鮮烈のスクリーンデビュー!?モデル界に彗星のごとく現れた新人から目が離せない!