news_20180614174422-thumb-645xauto-139207

 「NEWS」の手越祐也さん(30)と「嵐」、同じジャニーズ事務所に所属するアイドル(グループ)を愛するファン同士が内輪もめを繰り広げている。

 嵐のファンは、東京ドームで「口パク」を聞いている――。「週刊文春」最新号で、手越さんがそんな内容の替え歌を熱唱していたことが明らかになったのだ。

■「言っていいことと悪いことの区別くらい付けろよ」

 2018年6月14日発売の「週刊文春」(21日号)では、手越さんが17年12月に参加したとあるパーティーの動画を入手したと報道。東京・六本木の会員制バーで複数の若い男女と興じる動画には、シャンパンのボトルや大量のグラスが映っていた。同席していた女性の2人は未成年者(当時)だったと、取材で判明したという。


文春誌面の記事によると、手越さんはその動画でカラオケを楽しんでいた。男性ユニット「CHEMISTRY」の曲「Wings of Words」の替え歌で、

  「いちばーん嵐のファンが多いけど~♪ 東京ドームで口パク聞いてる~♪」

と熱唱したそうだ。ウェブ版の予告動画でも、男性の声で「嵐のファンが多いけど~」と伸びやかに歌い上げる様子が記録されていた。

 しかし、この替え歌が「嵐」ファンの間で物議を醸すことに。素直にこの歌詞を解釈すれば、手越さんが先輩グループの「口パク」を揶揄しているように聞こえるため、一部の嵐ファンが先輩にそのクチの利き方は何だ、などと激怒したのだ。

  「生歌で頑張っても売上ドラマ映画CM契約ファン会員数、嵐の足元にも及ばないってどんな気持ち?いい年して若い女の子とお酒飲んではしゃいで先輩ディス(笑)まあご立派ですこと(笑)」
  「例えどんなに歌下手でも飲みの場で先輩てディスってるお前より遥かに嵐の方が魅力的 いくら酔っててもいい大人なら言っていいことと悪いことの区別くらい付けろよ」
  「まず先輩をバカにした歌をある程度の人数の前で歌うのが人としてありえないし、そういう風に思ってたことがアイドルとしてありえない 全部ない。もう君もさんもつけたくない。手越、ありえない」

嵐、NEWSファンの「大戦争」勃発か...!?

 こうした手越さんへの批判的な声を受けて、手越さん単独で「推している」ファンをはじめ、「パーナ」と呼ばれるNEWSファンの多くは、ツイッターで「今回は手越が本当悪いです」などと謝罪していた。

 だが一部のパーナは、「アラシック」と呼ばれる嵐ファンに

  「ちょっとディスっただけで荒れるとか心狭いな」
  「アラシックのみんながそんなに同じジャニーズの、人をアンチする人だと思わなかった」

とチクリ。これを受けてアラシックも再びやり返す――というように、今回の騒動はパーナ対アラシックの内紛に発展しつつある。

 ジャニーズファンの中ではもはや、「未成年飲酒」どうこうの報道レベルにとどまる問題でなくなったようだ。ツイッターなどネット上では、

  「嵐ファンとNEWSファンの争いは見たくない~」
  「アラシックVSパーナさんの大戦争」
  「アラシックとパーナさん仲良くしようよ。誰も喧嘩望んでないよ」
  「嵐とNEWS掛け持ちで、手越担の人が1番かわいそう」

など、双方にアツくなりすぎないよう呼びかける声も上がっている。