偽善と良心の限界

人のために何かしたい・・そう思いながらたどり着いたのがフェアートレードという仕組みです。しかし私はボランティアと言う言葉がどうしても好きになれないんです。フェアートレードはこのボランティアと流通・貿易システムの間にあって、「ボランティアをやっています!」と胸を張るわけではなく、消費者の立場で人のために生きることのできる新しい仕組みだと考えています。そして、その可能性を追求するブログになり、多くの方にフェアトレードを知っていただくお手伝いが出来ればいいなと思って言います。

ファッションショーがあるとは全く知らず、思わぬ展開に少々戸惑いましたが、なかなかのもんでした。
ラオスや韓国からの留学生がモデルとして参加し、【ピープルツリー】のコットンウェアーが中心でした。

最近はメンズ商品も増えて来たという事でした。
明石さんの話によれば、この ピープルツリーの代表の方ととても懇意にされているとのこと。

 20150329_145335_resized

20150329_144818_resized


20150329_145428_resized


以下peopletree販売サイトより


pt







にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

日本初(唯一)のフェアトレードシティとして躍進している熊本市で【2015フェアトレード国際フェア くまもと】が開かれることを娘の友人から知り、一昨日のフェア最終日に参加してきました。

 主催はフェアトレードシティくまもと推進委員会
フェアトレードフェアくまもと

以前OXFAMのワークショップに参加したとき、熊本に明石さんと言う方が熊本でフェアトレード普及のために頑張っていると言う話を聞いていたので、今回会えることを楽しみにしていました。
簡単挨拶をさせていただき、今後が楽しみです。


明石祥子さん
留学生たちがファッションショーをやったのですが、それを見て感激の涙
明石さんのこのような人柄に皆ついて来るんだなと思いました。

フェアトレードに取り組んで30年とおっしゃってました。
そのきっかけがフィリピンに行ったことだとも・・・
私との共通点もあり、いろいろ勉強させていただきたいと思います。




にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

学校卒業後、通信関係の小さな会社に就職しました。

そこの社長がとてもユニークで、2人で起業した会社だったのですが、一人は台湾人の奥さん、
もう一人は私が会社に入ったころからフィリピンの 人と付き合いはじめ、その後結婚することになりました。
結婚式をマニラでやるというう事で社員たちみんなフィリピンに招待され、私は初めて海外旅行をすることになりました。

「暑さ」「スコール」「臭い」「押しがけするタクシー」「ジプニー」・・・

jipuni-

すべてが、わくわくする体験でした。

初めての海外、フィリピンは海外に目を向け「世界」と言う視点で世の中を見つめられるようになった原体験の場所です。

物質的な豊かさは日本にはあるけれど、精神的豊かさはどうなの???と疑問を持つようになったきっかけの国でもあります。また家族・親戚間の絆の強さ仲の良さは、日本よりはるかに豊かであると感じました。日本では、兄弟は他人の始まりなどと言う言葉がありますが、物質的な豊かさとフィリピンのような情の豊かさは同居できないのだろうかとそれから考えるようになりました。

昔の人、私の親の世代は戦中生まれですが、そのころの日本人の人間関係はとても家族的な雰囲気が漂っています。昔の日本とフィリピンと共通するのは「貧しさ」なんですが、物質的な豊かさを手に入れる反面、家族の絆が希薄になっていくという現象は体験的にも分かりますし、アメリカ映画などをみても60年代の映画はとてもいいものが多いで。

現在の途上国には日本のような失敗をしてほしく無いという気持ちで、今後フェアトレードの取り組みをしていきたいと思います。


サラマッポ!





  にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

このページのトップヘ