とうとうはじめました。こぎん刺し。
青森は弘前あたりの伝統工芸。
というか、ほんと民芸です。
昔は、木綿なんて普通の民は着られず、冬でも麻(しかも粗い!)の着物。
貴重な木綿の古布をほどいて、糸にして、
麻の着物に刺繍を施して目を詰めて、寒さをしのいだ…という代物です。
前々からすごく気にはなっていたのだけれども、数ヶ月前に日本民藝館でみたこぎん刺しがあまりにもきれいで、すてきで、どうしてもしたくなって、とうとう手を出してしまいました。
仲間がいるから、ちゃんと始められた、とも言える。
まずは小さいモチーフから。
いろいろ試したいです。

写真は、またそのうちに撮って、アップします。
すぐ手元にあるのにめんどくさがりでごめんなさい。