さあ、釣りをやってみよう!

海釣り初心者のための手引き

Index

1.はじめに
2.釣りに行って感じたこと
3.海釣りか、川釣りか?
4.おすすめの釣り方
5.必要な道具
6.釣り場に持参するべきその他の道具
7.あると便利な道具
8.「ちょい投げ釣り」の仕掛けの作り方
9.釣りで使う結び方は2種類覚えておけばOK?
10.釣り餌
11.動画で釣りのイメージを確認しよう
12.ある程度の下調べが終わったら釣具屋さんに行ってみよう
13.釣り場の候補が決まったら下見に出かけよう
14.釣りの予定の立て方
15.釣り予定日の前日
16.釣り当日
17.釣りに関する情報の集め方
18.釣りに役立つアプリ(android)
19.この魚は何?

はじめに

 ある日、息子が 「釣りをやってみたい」と言ったのが、私が釣りを再開したきっかけです。この時私は、釣りなんて、道具の手入れは面倒くさいし、釣り餌や魚を触れば手は生臭くなるし、第一、魚なんて買ってきたほうが食べるのも楽だしと思ったのですが、「息子が魚釣りを経験せずに大人になるのもどうか!」と思い、思い切って釣りを再開してみることにしました。私も昔は、道具を一式そろえて釣りを楽しんでいた時期があるのですが、社会人となり、幾度かの引っ越しを経ることで、釣り道具もすべて処分してしまっていたので、ゼロからの再開です。
 再開するにあたっては、まずネットで検索して、現在の釣りがどのようになっているのか、近所に子供と行けるような釣り場があるのかを調査しました。その結果、幸いにも近所に子供連れでも行ける釣り場があり、さらに今は、昔と違って、道具も便利になり、あまりお金をかけないでも釣りを始められることがわかりました。しかし、ネットを検索しても、初心者向けの釣り情報はばらばらになっており、釣りを再開するための調査に時間がかかったのも事実です。そこで、釣りを初めてみようかと思ったときに役立つサイトを作ってみようと思い作ったのがこのサイトです。皆様の初めての釣りに役立てば幸いです。

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 


釣りに行って感じたこと

 はじめはあまり乗り気ではなく再開した釣りですが、再開してみると意外な効用を感じました。釣りに行くと、非常にすがすがしい気持ちになるのです。釣りは釣れる時間よりも、釣れるまでの待ち時間の方が圧倒的に長いのですが、待っている間に椅子に腰かけ、コーヒーを飲み、波の音を聞きながら、遠くを眺めていると日頃の疲れやストレスがスーと抜けていくような感じがします。これが、自然に癒されるというものなのでしょうか?うちの息子も、この釣れるまでの待ち時間に椅子にゆったり座り、お茶を飲みながら本を読んでいますが、この時間が最も楽しいと言っています。
 あと私たちは、釣れた魚は必ず持ち帰り、塩焼きにして食べるようにしています。ここで驚いたのは、釣った魚の味の濃さです。この味を覚えると、買ってきた魚は味が抜けているような感じがして旨くありません。皆さんにも是非一度このすばらしい感触を体験してもらいたいと思います。

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 



海釣りか、川釣りか?

 私は、海釣りをお勧めします。海釣りをお勧めする1番の理由は、手軽に食べられる魚を釣ることができるという点です。川釣りでも食べられる魚は釣ることができるのですが、寄生虫を持つ魚や、鮒や鯉といった食べるために一手間必要な魚が多く、また、食べられる魚が釣れる場所の多くは、管理されており、その場合、釣るためには遊漁券を購入する必要があります。
 このようなことから、気軽に釣りを楽しむには、海釣りから始めるのがよいと思います。このサイトでも海釣りについて紹介をします。

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 



おすすめの釣り方

 初心者に薦められている釣り方を調べてみると、サビキ釣りが一番に挙げられていることが多いのですが、私がおすすめするのは「ちょい投げ釣り」です。この方法は本格的な投げ釣りではなく、ちょっと仕掛けを岸から投げ入れて魚が釣れるまで待っている方法です。この方法は、仕掛けも単純ですし、仕掛けを投げ入れて、竿先に鈴を付けて待っていればよいので、あたりがあるまでの時間は比較的自由に過ごせます。私は釣りでは、魚を釣ることだけでなく、あたりがあるまでの自由な時間を楽しむことも重要視していますので、「ちょい投げ釣り」をお勧めします。

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 



必要な道具

1) まずは釣り竿とリール
 釣具店に行くと様々な釣り竿やリールを販売していますが、初めての釣りでそれほど高級なものは必要ありません。店頭で販売している釣り竿とリールがセットになっているもので十分です。私も、この手のセットで購入したものをずっと使用していますが、それほど不満を感じたことはありません。確かに、高級な道具を使用すれば、使い心地もよいのでしょうが、高級な道具を使用すればよく釣れるというものでもありません。実際、セットで購入した釣り竿とリールでそれなりに釣れているのに、高級な道具を使用している人がまったく釣れていないという光景はしばしばみられます。
 ただ、あまりにも安いものは釣り竿の糸を通すガイドが割れたり、リールがすぐにダメになったりするようなので、セットで3,000~5,000円で釣り竿の長さが2~3メートルのものを選択するとよいでしょう。あまりにもコンパクトで短い釣り竿のものを購入すると釣る方法が限られてきます。2~3メートルのものであれば投げ釣りでもウキ釣りでもそれなりにすることができると思います。

プロマリン(PRO MARINE) ロッド プロフィットチョイ投げセット

新品価格
¥3,537から
(2018/6/8 21:56時点)



2) クーラーボックスと保冷剤
  釣りにお勧めのクーラーボックスをネットで検索すると、結構なお値段の品物が推薦されています。確かに、保冷力や機能性を重視するのであれば、数万円のクーラーボックスが必要になるのかもしれませんが、近場の釣り場で数時間の釣りを楽しむのであればそれほど高いものは必要ないと思います。私は、発泡スチロールタイプのもので十分だと考えています。たしかに保冷力は劣るのですが、最大の利点は軽いことです。荷物を軽くするというのは、釣りに行く敷居を下げるための重要な点の一つだと思います。
 クーラーボックスの大きさですが、私は、釣りに行くときにはクーラーボックスの中に、水汲みバケツ、保冷剤、釣り餌を入れていきますので、それがちょうど入る大きさのものにしています。人によってはこの中にペットボトルのお茶や、ジュースを入れたい方もいるでしょうから、入れるものに合わせて大きさを選べばよいと思います。釣った魚は、帰るときにはペットボトルや釣り餌に使用していたスペースが空くでしょうからその部分に入れてしまえばよいと思います。私の場合これまでに、このスペースに入りきらないほど魚が釣れたことはまだありません。
 あと保冷剤ですが、これは、ホームセンター等で売っているあまりに安い製品だとすぐに溶けてしますので、ある程度の値段(1,000円程度)のものを購入するほうがよいでしょう。保冷材には、ハードタイプとソフトタイプがありますが、クーラーボックスの中で保冷剤が破損したりすると厄介なのでハードタイプのものがよいです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クーラーボックス 発泡クーラーボックス8L M-8169 容量8L 発泡スチロール製

新品価格
¥555から
(2018/6/10 21:53時点)

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックM

新品価格
¥998から
(2018/6/10 21:57時点)



3) 水汲みバケツ
 水汲みバケツは、水をくむ、手を洗う、釣った魚を入れておくといった用途に使います。さまざまなタイプのものがありますが、折りたためるもの、ロープがついているもの、重りがついているものを条件にさがします。
 釣り場で水を汲むときはロープをつけたバケツを海面に落として水を入れ、ロープをたぐって引き寄せます。この時にバケツの縁に重りがついているものなら、重りでバケツがひっくり返ってバケツに水を満たすことができます。また、折りたたむことができれば、荷物をコンパクトにすることも可能です。したがって、先に挙げた条件のものを選びます。値段は、高いものでなくてかまいません。運が良ければ、セールのワゴンに積まれて販売されており、数百円で購入が可能でしょう。

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept 水くみ丸バケツ 錘付 グリーン 21cm

新品価格
¥694から
(2018/6/10 21:59時点)

4) はさみ
 リールの糸を切ったり、結び目の余分な糸を切ったりするために必要になります。釣り専用の製品でなくても構わないのですが、使用環境を考えると、すぐに錆びて使えなくなることもあります。やはり、釣具店で購入する方が良いでしょう。数百円で購入できると思います。

スミス(SMITH LTD) ハサミ PE シザース 92mm

新品価格
¥330から
(2018/6/10 22:06時点)

5) プライヤー
 魚の口にかかった針を外したり、糸にはさみつけるタイプのおもりを付けたりするときに使います。百円ショップで購入した物を使用するのでも構いませんが、これもはさみと同様、すぐに錆びて使えなくなることもありますので、釣具店で購入する方が良いでしょう。これも数百円で購入できると思います。

プロックス(PROX) 針はずしプライヤー PX752A

新品価格
¥627から
(2018/6/10 22:09時点)

 
6) 仕掛け
 釣り場ですぐに釣りに取り掛かれるように、市販の仕掛けを積極的に利用しましょう。市販の仕掛けには重りと針部分の仕掛けがセットになったものもありますが、重りと針部分の仕掛けは別々に購入したほうが、経済的です。別々に購入しても2か所ぐらいを接続すれば完成なので、5分もあればできてしまいます。
 重りでお勧めなのはジェット天秤です。ジェット天秤には重りの部分に翼が施されており、仕掛けを巻き上げるときに浮きあがるので、根掛かりがしにくいという利点があります。私は昔からある第一精工のキング天秤を使用しています。3本パックで購入できるので8号と10号の2種類をいつも持ち歩いています。
 針部分の仕掛けは、ささめのちょい投げ2本鈎の8号と10号をいつも使用しています。大体200円程度で購入できますので、8号と10号を2セットずつ持っていきます。

第一精工 キング天秤3P 8号

新品価格
¥354から
(2018/6/10 22:11時点)

第一精工 キング天秤3P 10号

新品価格
¥375から
(2018/6/10 22:11時点)

ささめ針(SASAME) K-001 チョイ投2本針 8号1.5

新品価格
¥155から
(2018/6/10 22:12時点)

ささめ針(SASAME) K-001 チョイ投2本針 フック 10号2 釣り針

新品価格
¥162から
(2018/6/10 22:15時点)


以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 



釣り場に持参するべきその他の道具

1) タオル
 手を拭く、魚をつかむといったときに使います。魚つかみ(フィッシュグリップ)を持っていない場合は、釣った魚は海水で濡らしたタオルでつかんで釣り針を外します。こうすることで、魚のとげ等で手がけがをするといったことも予防できます。使用するタオルは新しいモノでなくて構いません。家で捨てる一歩手前の状態のタオルを数枚持って行けば十分です。
 
2) ゴミ袋
 ゴミや、釣った魚、使用したタオル等を入れるのに使用します。1回の釣りで大体3~4枚使用しますので、私は予備も含めて5枚ほど常備するようにしています。私は、保冷剤もゴミ袋で包んで使用し、魚や釣り餌もゴミ袋に入れてからクーラーボックスに入れるようにしています。こうすることで、帰宅後にクーラーボックスや保冷剤はさっと水洗いをするだけで片付けが終わります。使用する袋はコンビニやスーパーでもらうレジ袋で十分です。
釣り場で出たゴミは釣り場に来る前か捨てられていたものも含めて必ず持ち帰るようにしましょう。ゴミの放置は釣り禁止にされるきっかけとなります。禁止にされたら、そこではもう二度と釣りができなくなります。

3) 傷薬
 釣りでは、針や刃物を使用するため、思わぬけがをすることもあります。大きなけがをすることは滅多にありませんが、小傷の処置ができるように、消毒液、ガーゼ、絆創膏を持参すると良いと思います。

4) 瞬間接着剤
 これも滅多に使うことはないのですが、一度だけ、竿の先端の糸を通すガイドが釣り竿から外れたことがあったので、それ以来、釣りの道具箱に入れています。釣り専用の商品もあるようですが、ホームセンター等で売っている一般のもので良いと思います。瞬間接着剤といえばアロンアルファが有名ですが、私は、スコッチの「強力瞬間接着剤 ホビー・クラフト用 7055S」を使用しています。この製品は、液だれしにくく、接着面に塗布しやすいのでお奨めです。釣りだけでなく、多用途に使用できるので、家に一つ持っておくと便利が良いと思います。

スコッチ 強力瞬間接着剤 耐衝撃 ホビー・クラフト用 5g

新品価格
¥497から
(2018/6/11 10:20時点)

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 


あると便利な道具

 これがないと釣りができないわけではないけど、あれば便利で、釣りが快適になる道具を紹介します。

1) 魚つかみ(フィッシュグリップ)
 タオルで魚をつかむことで代用は可能ですが、これを使用するとより安全です。特にひれ等に毒を持つ魚が釣れた場合は、魚つかみを使用することをお奨めします。安いステンレス製のものであれば数百円で購入可能なので一つ持っておくと良いと思います。

ベルモント(Belmont) MC-075 メゴチバサミ (L)

新品価格
¥325から
(2018/6/12 10:24時点)

2) 針外し
 魚にかかった針は、大抵プライヤーで外すことが可能ですが、魚に針を飲み込まれてしまった場合には、針の取り外しに難渋することも多々あります。使うには少し慣れが必要ですが、あれば便利なものの一つです。

魚が飲み込んだ針はずしの使い方説明 魚釣り初心者基礎テクニック入門 和歌山県 釣太郎より

第一精工 針ハズシ中

新品価格
¥151から
(2018/6/12 10:36時点)


3) フィッシングナイフ
  魚を絞めたり、捌いたり、ものを切ったりするのに使いますが、私はもっぱら釣れた魚を絞めるために使用しています。刃を折りたたむことができるフォールディングタイプがコンパクトで安全なのでお奨めです。

DAITOU(ダイトウブク) 折リタタミナイフ

新品価格
¥488から
(2018/6/13 10:43時点)


4) 竿受け・竿置き
 高い釣り竿やリールを使うのでなければ、地面に直に置いてもそれほど問題にはならないとは思いますが、直置きは竿やリールの不具合の原因になりますので、竿受けもあった方が良いと思います。コンパクトな三脚タイプのものであれば、ロッドケースに入れて一緒に持ち運ぶことも可能です。三脚タイプの竿受けを使う場合は海水が入った水汲みバケツを吊して、安定度を増して使用します。

ノースイーグル アルミ三脚ミニ

新品価格
¥1,382から
(2018/6/13 10:51時点)

5) タックルボックス
 道具の少ないうちは、100円ショップのプラスチックケースに釣り道具を入れて、リュックサック等で持ち歩くので問題ないですが、釣が気に入って、釣りを継続するようになると間違いなく道具は増えてきます。このときに必要になってくるのが、仕掛けの収納、整理をするためのタックルボックスです。多機能なタックルボックスでは、仕掛けの収納だけでなくロッドスタンド、ドリンクホルダーの機能が付加された商品もあります。タックルボックスには、機能性と堅牢性が求められるので、ある程度の値段のもの(4000円程度)を購入した方が良いと思います。

メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055

新品価格
¥2,956から
(2018/6/13 10:58時点)

6) ロッドケース
 釣り竿が2本以上ある場合は、ロッドケースがあった方が、持ち運びにも便利ですし、竿を保護にもなります。ケースも数千円で購入できる数千円のもので十分です。竿にリールをつけたままで収納できるものを選ぶと良いと思います。

FINE JAPAN(ファインジャパン) ソフトロッドケース RC-4051 ブラック

新品価格
¥1,280から
(2018/6/14 09:59時点)


7) フィッシングベル
 釣りの間、ずっと竿先を見つめることができる方には必要ないですが、私は、釣れるまでの待ち時間はできるだけリラックスして過ごしたいので、私にとっては、竿先につけるフィッシングベルは必需品です。元々は夜釣りで竿先が見えにくい場合に使用するものだったようです。そのため、最近ではライト付きのフィッシングベルなどもあるようなのですが、昔からあるシンプルなもので十分です。2個セット200円程度で購入できると思います。

SANNA(サンナー) クリップスズ 2ヶヘッター W・中 070353

新品価格
¥190から
(2018/6/14 10:05時点)


8) 椅子
 椅子は持参すると、荷物となってしまうのですが、あれば釣り場で快適に過ごせます。快適性を求めると椅子は大きなものとなりますので、快適性と可搬性の折り合いのつくところで選択するしかありません。私はホームセンターで購入したコンパクトなアウトドア用の椅子を使用しています。

キャプテンスタッグ チェア パレット コンパクト チェア ミニ ライトグリーン M-3917

新品価格
¥858から
(2018/6/14 10:10時点)


9) キャリーカート
ク ーラーボックスやタックルボックス等荷物が増えてきたら購入を検討すると良いでしょう。これがあれば、駐車場と釣り場が離れていても、荷物を減らすことなく運ぶことが可能です。高いものを買っても、潮風にさらされるので、私はホームセンターで購入した1,000円ぐらいの物を使用しています。

BUNDOK(バンドック) キャリー カート Mサイズ BD-335K 折りたたみ式 ゴムひも付属 耐荷重40kg

新品価格
¥1,290から
(2018/6/14 10:16時点)


10) 魚の臭い対策グッズ
 釣りをすると、どうしても魚やエサの臭いが手につきます。釣り場近くに水道があれば、石けんで洗ってから帰宅することもできるのですが、そんなことがいつもできるわけがありません。そこで私は、釣具屋に売っている魚の臭い対策用の抗菌・消臭ウエットティッシュを車に積んでおいて、車に乗る前に手を拭くようにしています。これで完全に臭いが消えるわけではありませんが、それほど気にならない程度にはなります。

【大成薬品】抗菌・消臭ウェットシート 806819 シート 消臭シート 除菌シート ウエットシート 釣小物

新品価格
¥216から
(2018/6/14 10:20時点)


11)仕掛け巻
 使用した仕掛けが、次回も使用できる状況であれば、仕掛け巻に巻いて保存しておけば次回も使用することができます。ただ、あまり長期間保存しておくと、糸が切れやすくなったり、金属部分が錆びたりしますので注意が必要です。

第一精工 スプールシート 中

新品価格
¥363から
(2018/6/14 10:22時点)


以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。

 



「ちょい投げ釣り」の仕掛けの作り方

「ちょい投げ釣り」の仕掛けの作り方を見せているわかりやすい動画がありますので紹介します。


投げ釣り仕掛セット作り方・エサの刺し方 【キス(シロギス)釣り初心者入門編】 和歌山釣太郎より
以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 


釣りで使う結び方は2種類覚えておけばOK?

 釣りの仕掛け接続のためにで使用する結び方をネットで検索すると、とてつもない数の結び方が紹介されています。はたして、これらの結び方をすべて覚えて使い分けている方がいるのかどうかはわかりませんが、私の場合2種類の結び方のみを覚えています。普通にちょっと釣りを楽しむ程度であれば、ここで紹介する2種類の結び方を覚えておけばそんなに困ることはないと思います。

下の結び方の名前をクリックすると、結び方が説明してあるサイトにリンクします。

クリンチノット:サルカン等の接続金具や仕掛けのちわわにラインを結ぶときに用いられます。

8の字結び:糸にループを作る結び方です。

どうしても2種類も覚えるのは嫌だという方はクリンチノットのみ覚えておけば何とかなると思います。

以下のバナーをクリックしていただけると、記事を充実させる励みになります。
 



免責事項
当ブログで紹介した見解、商品等で被った損害については、一切責任を負えませんのでご了承ください。商品等に関する最終決定はご自身の判断でお願いします。

当ブログは、アフィリエイトプログラムによる商品並びにサービスを紹介しております。アフィリエイトプログラムで得た利益は、サイトの運営資金およびサイトの品質向上のために使用させていただいております。
  • ライブドアブログ