ひだまり絵本教室

2児の母で、絵本講師してます。 絵本の選び方や読み聞かせのコツとともに、 毎日4歳&1歳の息子たちと一緒に楽しんでいる絵本の 記録と感想です。 あなたが絵本選びに迷ったときの、道しるべになりますように・・・。 ★現在、こちらは更新を停止しています★

今月のオススメ絵本
毎月テーマを変えて、シーアのオススメ絵本を紹介します☆ 今回は「お正月の絵本」と、2010年の干支「トラの絵本」です。
14ひきのもちつき おもちのきもち とらはえらい
14ひきもお正月! 家族で力を合わせてついたお持ちは格別♪ おもちができる過程を知ることもできますね。 大好きなかがくいひろしさん♪ おもちのきもちなんて・・・考えたことありますか? お正月に、一緒に考えてみましょう★ 五味太郎さんの干支シリーズ★ 寅ベタ誉めです! 実は五味さんは、野球のタイガースファンだとか(笑)
その他オススメ☆
注目の新刊絵本、人気作家さんの新作など・・・
十二支のはじまり おちゃのじかんにきたとら
十二支のことが分かる絵本も、いろいろありますが・・・こちらが一番オーソドックスかな★ とっても礼儀正しいトラが、「お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」なんてやってきたら・・・あなたはどうしますか? 私の大好きな絵本♪
きつねやぶのまんけはん 絵本を読んであげましょう
絵本のエキスパート、中川正文さん×「けんかのきもち」の伊藤秀男さん。絵本で子育てセンター発行の絵本です☆ 絵本で子育てセンター理事長、森ゆり子氏の講演録。優しい声がよみがえってくるようです♪

ブログ統合のお知らせ。

ご無沙汰していて申し訳ありません

長らく更新できずにいた
「ひだまり絵本教室」ですが
その間も、我が家では
日々、二人の息子たちと絵本を楽しみ、
仕事に家事に、忙しいながらも充実した日々を過ごしています

そこで、お知らせですが・・・
こちらのブログは、更新停止させていただこうと思います。

これまでの記事は、そのまま残しておくつもりですので
絵本の検索などに、活用してください

なぜ、こういうことになったかと言いますと、
これまで、お料理のことを綴るのは
「シーア亭 *日々のごはんと、お菓子とパン」にして
絵本のことはこのブログ・・・と
使い分けていたのですが
私自身、両方のブログの更新がままならないことが多くありました。

そこで、お料理のブログとして使っていた
「ひだまり絵本cafe★シーア亭」
として
再出発することにしました

絵本のことも含め、お料理、趣味など
私、やりたいこと・好きなことがいっぱいありすぎるんですよね♪

その全てを、どっちのブログで書くか・・・とか考えるのではなく
ひとつにぎゅっと詰め込んでしまおう、って思っています★

「ひだまり絵本cafe★シーア亭」

好きなことを諦めないための、前向きな決断なので
応援していただけたら、嬉しいです
よろしくお願いします。

ミニ絵本講座 at 城東子育て支援センター

お久しぶりです。

先日16日、春都の通う保育園の隣にある、城東区の子育て支援センターで
ミニ絵本講座をさせていただきました!

図書館からたくさんの絵本を持ってきてもらって、支援センターがプチ図書館になるという、
「城東図書館がやってきた!」というイベントを企画されていた中で、
たまたま大智を連れて遊びに訪れた私に
「絵本のお話をしていただけませんか」とお声がかかりました。

「絵本の選び方」というテーマでした。
いざ、わが子に絵本を読んであげようと思ったとき、一番迷いどころになる部分ですよね。

絵本には、「主食の絵本」と「おやつの絵本」があります。
ご飯でも、なるべく主食をたくさん、おやつはちょっぴりのお楽しみ、というようにしたいですよね。
絵本は子どもの心の栄養です。
だから、なるべくなら、主食となる、
質のいい絵本をたくさん読んであげてほしいのです。
さて、主食の絵本ってどんなもの?
それを見極める目を養うために、どうすればいいか?

・・・ということをお話したのですが、どうだったかなぁ。
分かっていただけたかなぁ。
反応が分からないので、ちょっとドキドキです。
アンケートをセンターの先生にとっていただいたので、また見せていただくつもりです。

家の近所なので、お友達も見に来てくれたりして、緊張したけど、とっても楽しかったです★
また・・・第2弾、なんてことも・・・どうかしら?

4月から、大智の保育園入園の希望を出しています。
春都と同じ保育園に入園できれば、5月には職場復帰。
それまでに、絵本講座をやるのが、目標だったので、一応は達成・・・かな?
でも、まだまだ頑張りたいです。
働きながらじゃあ難しいけど(>_<)

とべ! とのさまバッタ

DSCF6681
とべ!とのさまバッタ

初めて、自宅で紙芝居をしました

主人公は、小さなとのさまバッタのピョン。

大きくなるたびに、かまきりに狙われますが、
少しずつ高く飛べるようになって、間一髪のところで逃げながら、
また大きくなっていきます。

かまきりも少しずつ大きくなっているのがポイントですね

中には、捕まってしまった仲間も出てきます・・・
でも、それが自然の厳しさ。

春都も一緒に「頑張れ!」と言って応援していました。

******

さて、紙芝居のこと。

絵本講師としては、絵本と紙芝居とは、根本的に違うなぁ、と感じざるをえません。

絵本は、大人と子どもが、
基本的には1対1、または多くても3人くらいまでの、
ごく少数の子どもたちを相手に、
肩を寄せ合ったり、一緒に横になったりして、同じ目線で楽しむもの。

紙芝居は、完全に大人が演者、
子どもが観客として楽しむものですよね。
(例外もあるだろうけど・・・)

だから、まったく別々のものとしてとらえたほうがいいのだと思います。
紙芝居は、あくまで、「主食」ではなく「おやつ」。
「本」ではなく「おもちゃ」。

とはいえ。

子どもが、真正面で笑顔で拍手してくれて、
読んでいるときの反応もまっすぐ見られて、
パパと春都が一緒に「うわぁ〜」「頑張れ〜」と言っている様子は、
絵本を読んでいるときにはなかった姿。

紙芝居ならではの楽しみもいいなぁ

「主食」の絵本がメインだけど、
上手に「おやつ」も取り入れながら、子どもの心を豊かに育てていきたいですね

1/9 図書館で借りた本

DSCF6680

「マウイ たいようをつかまえる」
 ピーター ゴセージ 作  浜島 代志子 訳
 MOE出版
こちら、借りるの2回目です。
 絵本講師養成講座で講義をしてくださった、浜島代志子さんが訳された絵本です。
 ニュージーランド マオリ族の神話を基にしています。
 名作なのですが・・・もう絶版なんです。
 買いたくても手に入れることができず、図書館で借りています
 
おたすけこびとのクリスマス
クリスマスはとっくに過ぎてしまったけど、
私は読んだことがあるのに、春都にはまだ読んであげていなかったから、借りてきました

とべ!とのさまバッタ
紙芝居です!
今まで、図書館に行っても、紙芝居でヒットするものってなかなかなくて、借りずじまいだったのですが・・・
これは春都が自分で持ってきて、喜んで聞いていたので

紙芝居については、長くなりそうなので・・・
また明日にでも、ちゃんと書きたいと思います

ぐりとぐらかるた

皆さん、あけましておめでとうございます

こちらのブログとか
この記事にも書きましたが、

子ども二人とも熱を出したバタバタの年末を越え、
初の春都とパパ二人きりの帰省を越え、
無事2010年を迎えています★

帰省のとき、この前買ったこれを
持って行ってもらいました


ぐりとぐらかるた

パパの話では・・・
6歳のいとこのお姉ちゃんが読み手をしてくれたんだけど
「あ」だったら「あ」しか読まなかったりして、
春都はまだひらがなが読めないので、全然分からず

文章と絵がぴったりくれば、楽しくなると思うんだけど・・・
毎日絵本を読んでるにもかかわらず、
ひらがなに全然興味がないので
これをきっかけに「ひらがなって面白いかも〜」と思ってもらいたいんだけどなぁ

家でも何回もやれば、
もっと楽しめるようになるかな

ママ抜きで帰省。

もう2009年も残すところあとわずかですね。

こんな年の瀬になって、我が家はちょっとしたパニックに見舞われていました

28日の夜から、春都も大智も発熱・・・
春都は、38度台でそんなにひどくなかったけれど、
大智・・・まだ7ヶ月で小さいのに、40度の高熱でぐったりしていました

30日(今日)から、旦那のほうの実家へ帰省の予定で、
春都も「"おしょーがつ"に、特急"らいちょー"乗って行くねん!!」と
会う人ごとに言ってまわるくらい、
とっても楽しみにしていたんです。
いとこも来るしね・・・。

無理かなぁ、キャンセルするか・・・と思ってたのですが、
昨晩、そんなに熱が高くなかったので
(37度ちょい)
初めて、パパと二人で帰省することとなりました。

私の分の切符だけキャンセルしてもらって、大智とお留守番です。

まだ、熱が下がりきってないし、私は正直心配だったんですが、
やっぱり旦那は、自分の親に顔を見せたいみたいですね

まぁ、うちのパパは普段からきちんと子どもの世話をしてくれる人なので、
大丈夫だろう、と信頼してます★

「持っていく絵本を選んでね」と言ったら、こんなの持ってきました。
春都のチョイスです。
DSCF6418

そらとぶパン
クリスマスの三つのおくりもの
ボビーとそらいろのヨット
いいこってどんなこ?
↑これだけ、私が選んで持たせました。

普段あまり選ばないのを持ってきたなぁ・・という感じです。

帰省先で「あの絵本がいい!」と、
持ってこなかった絵本のことを言い出さないか、
ちょっと心配ではあります

最初は、「春都がいないほうが大掃除がはかどっていいわ〜〜」とか思ってた
薄情母の私ですが(汗)
ちょっと、寂しくなってきました

でもでも、昨日まで病院へ行ったりしてバタバタしてた分、
掃除、頑張らなくっちゃ!
普段掃除してない分、やるトコいっぱいあるぞ〜

ちのはなし


ちのはなし
作: 堀内誠一
出版社: 福音館書店

春都が最近ハマっている絵本です。

なぜ、「ち」が出てくるのか?

どんな子でも経験したことがある、
「ころんで ひざを すりむいた」という体験から、
体中のすみずみまで流れている血の仕組みや、
人間の体の不思議を描いた絵本です。

最初の血管の説明あたりは、まだついていけるのですが
「赤血球」「白血球」なんて出てきて(驚)
昔、理科の授業で習ったような・・・
記憶が遠すぎますw
大人でもかなり難しい内容です。

でも、春都は「面白い」と言うんです。

春都だけじゃなく、この絵本はかなり人気で
(っていう言い方は変だけど
お気に入りになる子が多いんだそうですよ。

この絵本の魅力は、子どもの「なんで?」「どうして?」に
ちゃんと真っ向から向き合っていること。

ちょうど、3歳というと、何に対してもそういう時期ですよね☆
そんな子どもを、オブラートに包んで騙すことはしない。
ちゃんと、理屈で説明する。

そういうところに、「一人前扱いされている」と
春都も感じているのだと思います。

知らないことを、「知る」ということは、
子どもにとって、新しい世界の扉を開くことです。

「知る」喜びを、上質な絵本を通じて、
教えてあげたいですね。

さて・・・そんな春都は、
保育園で、
「春都くん、"しんぞー"が、どきんどきんしてるねん!
 だって、"ちー"が、ながれてるから!」
と、ほかのお母さんたちに言ってまわっては、
「え??」という顔をされてます(笑)

人気brogランキング
↑ブログランキングに登録しています!
「参考になったわ☆」と思っていただけたら、
応援クリックよろしくお願いします♪

ぐりとぐらのおきゃくさま と、 ぐりとぐらかるた

DSCF6164
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらかるた

絵本ナビで購入しました☆

「ぐりとぐらのおきゃくさま」は
クリスマスにぴったりの絵本♪
みんなが待っている、ホラ、あの人が、
「おきゃくさま」ですよ〜(*^_^*)

「ぐりとぐらのおきゃくさま」がなんで2冊あるのか
というと・・・

1冊は、春都のために。
あと、「ぐりとぐらかるた」も春都へ☆
お正月にいとこたちと遊んだら、楽しいかなって

もう1冊は、今度ママ友達とクリスマス会をするので、
そのときのプレゼント交換のために

『子どもだけでなく、ママにもプレゼントを!』
ということで
親子合計で1000円のプレゼント交換。

私は、絶対絵本をプレゼントしようって決めてたんだけど、
絵本だけでも840円・・・
ママのためのプレゼントを選ぶの、かなり迷いました〜

がっかりさせてしまったら悲しいし、
かといって、あんまりにも予算オーバーして不公平になるのも、
みんな望んでいないことだし

まぁ、迷うのも楽しいんだけど☆

結局、ママには、かわいいシュシュを見つけて、それに決定

みんな、喜んでくれるかなぁ

あっ
お料理の持ち寄りで、私はスイーツ担当になったんです。
お菓子を作らなくっちゃ〜♪

その話は、またこちらのブログでご紹介します☆


人気brogランキング
↑ブログランキングに登録しています!
「参考になったわ☆」と思っていただけたら、
応援クリックよろしくお願いします♪

クリスマスの絵本いろいろ

もうすぐクリスマスですね

ママ友さんたちと、クリスマス会の計画をするなど、
私もこの季節を楽しんでいます♪

春都に、欲しいものを聞くと、
日によって答えが全然違うので・・・
どうしようかなぁと困っています(笑)

「赤い車」がいいと言ったり・・・
戦隊モノの「光るパジャマ」がいいと言ったり・・・
(シンケンジャーとか見せたことないんですが、
 TVのCMや、お友達の影響のようです)

今日は、クリスマスをもっと楽しめる、素敵な絵本をご紹介します


ぐりとぐらのおきゃくさま
みんな知ってる、ぐりとぐらのシリーズです☆
「おきゃくさま」とは・・・そう、クリスマスの・・・
答えは、読んでからのお楽しみに〜


おたすけこびとのクリスマス
今年の新刊です☆
うちの子も大好きな「おたすけこびと」
今度は何をやってくれるかな〜?


子うさぎましろのお話
これぞ、正統派クリスマスの絵本、かな☆
優しい色使いの絵が印象的です。
キリスト教的なお話ですが、年長さんくらいから、身にしみて分かってくるんじゃないかな・・・。


サンタクロースっているんでしょうか?
こちらは、サンタクロースの存在を、ちょっと疑いはじめた・・・そんな小学校高学年〜のお子様にオススメ!
ん、今は、もっと早くからサンタさんって信じてないのかしら??


ビロードのうさぎ
これは、大人の方にこそプレゼントしたい〜。
っていうか私が欲しい(笑)
持ってないんですよ〜。
不朽の名作を、酒井駒子さんの愛らしい絵でリメイクした絵本です。

まだまだたくさんありますが・・・

クリスマスこそ、プレゼントに絵本を!
おもちゃもいいけど、絵本は、親子が触れ合える素敵な力があります。
読んであげることで、大人も笑顔をもらえますよ☆

そのほかに、以前ご紹介したクリスマスの絵本はこちら・・・♪
(過去の記事にリンクしています)


ノンタン!サンタクロースだよ
紹介記事はこちら★


まどから・おくりもの
紹介記事はこちら★


メリークリスマス、ペネロペ!
春都が1歳の頃、クリスマスプレゼントに選んだ思い出の1冊です。
今でも楽しんでいますよ☆
紹介記事はこちら★

クリスマスの三つのおくりもの

昨日、春都が保育園に行っている間に、
大智を連れてお出かけしていたので、
春都へのお土産でこんな絵本を買いました


クリスマスの三つのおくりもの

この写真だと分かりにくいですが、
なんとこの絵本・・・

DSCF6046

こんなに小さいんです

えっ、りんごと並べても分かりにくいって??

じゃあこれならどう

DSCF6047

「はらぺこあおむし」1冊の中に、全部が納まっちゃう大きさなんです★

やっぱり分かりにくいか・・・
比較の定番のタバコなどがウチにはなかったのでw

しかも、3冊とも、きちんとストーリーのあるお話になっているんです。

しっかりもののお姉ちゃんのかすみちゃん、
甘えん坊の妹のれいちゃん、
お調子者で憎めないもっくん、

3人の兄弟が、ひとつひとつのお話の中で
主役になっているんです

ふたつのいちご
サンタクロースとれいちゃん
ズボンのクリスマス

↑単品でも購入できますよ

でも、でも、やっぱりセットでプレゼントしてあげて欲しいなぁ〜。
だって・・・この3冊、ちゃーんと関連のあるお話なんですもの

「クリスマス」を意識し始めた、3〜4歳のお子さんに
ぴったりの贈り物だと思います

春都(現在3歳9ヶ月)は・・・
「クリスマス」「サンタクロース」ひとつずつは理解してて
すごく楽しみにしているんだけど、
クリスマスが何日で、いつ来るのかは分かってないんです(^_^;)

だから、街でイルミネーションを見たり、
スーパーの店頭でサンタさんの置物があったりすると
「今日クリスマス?」「違うよ〜」「じゃあ明日?」というやりとりが
毎日くり返されています

まぁ、こんなかわいいのも今のうちだけですけどね〜★


人気brogランキング
↑ブログランキングに登録しています!
「参考になったわ☆」と思っていただけたら、
応援クリックよろしくお願いします♪
プロフィール
ここから絵本が買えます☆
Archives
  • ライブドアブログ