もう8月も後半、

セミの鳴き声も減ってきて

ツクツクボウシの声が聞けるようになってきました。


それでも、昼間はまだまだ暑いです。

1日仕事をしていると夕方には、もう

「しんど~~!」

て感じです。


そんな最近の楽しみは、お風呂です。

少し熱めのお湯に入浴剤を入れ2030分テレビを見ながら浸かります。


体が温まり血行が良くなるので、

腰や肩のコリがなくなり体がリセットされ

疲れが取れたような気になります。


夏はシャワーだけの人が多いようですが夏こそ湯船に浸かることをお勧めしたいと思います。


若い頃は夏が大好きだったのに最近はこの暑さについていけません。

「早く終わってくれ~~!」


もうすぐ9月、秋が待ちどうしいです。


Y

暑中お見舞い申し上げます

今年しくまさに「うだる」ようなさですね

( 「うだる」とは(だる→ユダル→さのためがだるく、ぐったりする)の意味だそうです )

さんもできるだけ水分睡眠をとって体調管理にはをつけてください!

といいつつ、はこの時期 くとちょっとワクワクとしてきます

小学生まで清荒神とゆうんでおりました

そこは当時40年前)、本当自然かなでした

ばれていた)ではウシガエルやザリガニを手作りのしかけでったり、

では素手で シマヘビをとったり へびいちごとゆうをおやつわりにべたり

またゼニガメやカナヘビがたくさんいる秘密場所友達つけたりしく、

えるとちょっと危険なこと 色々記憶くとってきます

さんのはいかがですか?



写真
会社てている朝顔です

IMG_6792
image1

 いているのをているとやかな気持ちになります
風物ですね
そうそう といえばはアブラゼミがほとんどで クマゼミのなっかたのですが、反対になっていますね
小林
 

こんにちは。

4月から入社したKMと申します。

 

前職は耳鼻咽喉科のクリニックで働いていました。

院長先生は12ヶ月の闘病の末、がんで亡くなってしまいました。

 

がんが発覚し病名と余命を告げられたその日病院に戻ってきた時の

院長室の椅子に座った後ろ姿が今でも忘れられません。

 

開業し、やっと落ち着いてこれからという時に。

それから闘病が始まりました。

クリニックスタッフみんなで助け合い、こういうときだからこそ

生まれてくる結束力、そのときは大変で気づきにくいですが

みんなでかけがえのない時間を過ごしていたんだなと思いました。

 

先生はやはり診察をしている時は顔つきが、がらりと変わり

生き生きとしていました。

手をつなぎながら奥さんと帰っていく夫婦の愛や娘さん達との絆

最期の時に娘さんたちが「パパの子供に生まれてきて良かったよ」

と声をかけ。

 

同じ頃小林麻央さんの病気も発覚しブログを拝見していました。

やはり、守るべきものを持っている心の強さや愛は院長先生や麻央さんから

とても強く感じました。

 

早期発見、早期治療を心がけ自分をあまり過信せず

自分からは抵抗がありなかなか受診せずにいた女性特有の検診など、

麻央さんのブログをきっかけに受診してみよう!

数多くの女性が感じたことと思います。

わたしもその中のひとりでした。

 

みなさんは、健康診断を受けましたか?

このページのトップヘ

見出し画像
×