GPD37
PSO2でミラージュエスケープ(Fo)をし易くするために
今回はGPD WINのL/Rボタンを押しやすくするためグリップを改造してみました。

freyja03sこんにちは フレイヤです。

早いモノでGPD WIN記事は第4回目です。
当ブログの記事をみてPSO2プレイの為にGPD WINの購入を決めたというお話を数件聞き嬉しくおもいます。


GPD07
GPD WINを持っていない方には分かりづらいかもしれませんがこのPC、R1/R2/L1/L2の配置がとても押しづらいのです。(VitaはLRの2個しかないのでそれよりはいいのですが)


なので今回は去年から購入済みだったけど手つかずだった3DSのグリップをGPD WIN用に改造してみました。
使用したグリップはこれです。

【New 3DS LL対応】モンスターハンタークロス ハンティングギア for Newニンテンドー3DS LL


GPD53
ボタンのアシスト機能付きグリップの種類は多くはないのですがこれを選択した理由は、いつも使っているXBoxのコントローラーにシルエットが似ていた為です




GPD35
前回のモノ比べると一目瞭然です、ぴったりはまってます。

GPD58
加工前は3DS用なので高さがまるで合っていません。


GPD23
こちらが前回のものですただ上に置いただけではまっていませんでした
もちろんこの状態ではLRボタンは機能していませんでした。


GPD34
このグリップを使用することによりR1/R2/L1/L2すべてのボタンが大きく押しやすくなっただけでなく
位置もXBOX基準の上下2段の理想的な位置になります。

押した感触も上段のR1/L1などはXBOX ONEコントローラーなどとくらべても大差ない押し心地です。これは予想外でした。
ボタンの緩衝材に使用したゴム素材がほどよいストロークを作り出したものとおもわれます。


GPD20
ボタンも大きく押しやすくなって押しやすくなりました。
これならエネミーをロックしたままチャージするとき指をつらずにすみそうですw



GPD45
後ろのI/Oポート類はふさがない様に加工してあります。
この加工をする為にすごい苦労をすることになりました。

どういう事かというと削らなければいけない箇所の内部に削ってはいけない
ボタンのアシスト機能の軸が入っていたためです。
そのためボタンのアシスト機能を含む上部パーツは大分加工しています
GPD57
こちらが改造前

アシスト機能自体も調整加工しないとGPD WINでは機能しません
(3DS用なので当たり前ですが)

GPD50
もちろんグリップをつけたまま全てのケーブル類を指すことが可能です。
まぁ しないと思いますがw


GPD38
正面から

GPD56
こちらが改造前
加工後と比べるとかなり削ったのが分かるとおもいます。
前面のフック機構も機能を生かしつつ短く詰めました。


GPD36
閉じるとグリップのアールと天板のアールがうまく合わさって凄い一体感です。

GPD46
樹脂の色も近いのでまるで専用品のような佇まいですw

GPD48
もちろん簡単に外れるので今回も本体は無加工、無改造です。
内部は少しスペースがあるので色々試す予定です。


GPD44
おなかの中央部分とかもう「SSDを入れてくれ」といわんばかりの形状ですw
もうSSDは入手済みなんですけどね。

SSD追加は次回の記事で書こうと思います。
ファンとスピーカーの穴はこれから位置をみながら開ける予定です。



今回の改造でおもいのほか苦労したのはただ削っただけではうまくフィットしなかったからです。

いったん完成させて使用していたのですが左右のすき間がどうも気になってしまったのでコレをどうするか苦心しました。

GPD39
普通にグリップを削っただけだと左右3mmずつ、すき間ができます。
これは 3DS LL New3DS LL の幅サイズの違いによるものです。


3DS LLは156mm
New3DS LLは160mm

そしてGPD WINの横幅は155mmです。

ケースやグリップ類を流用するなら3DS LLの方が横幅が近いのですが上部にボタンが4個(R/ZR/L/ZL)がついているのは New3DS LLのみで3DS LLには2個(R/L)しかないためあえてNew3DS LL用グリップを使用しました。


GPD40
そのためこのようにすき間が空きます。


GPD41
なので中央部分は6mmカットして取り除き、再度溶着しました。


GPD42
一度完成させたものを真っ二つにする勇気w


GPD43
これでぴったりはまります。カーブの部分は少し削りました。


GPD54
表面の梨地を生かしたいのでやすり等は一切つかってません。
接着には強力溶着剤を使用しました。
今回初めて使用しましたが強力でショックに強く瞬間接着剤のように白くもならなくてグッドです。
強度的には全く問題ありませんでした。(要所に補強もしています)
真ん中の細いラインが接着跡です。


GPD47
さきほども書きましたがM.2サイズのSSDを入手済みですので
次回グリップに内蔵して見ようと思います。

このSSDは本体ストレージより遙かに早いのでたのしみですw

GPD_2コマ

とブログ記事をかきながらこんなネタがうかんでしまったので
購入したばかりのコミPOで作ってみました。

元ネタは有名なコレですね。


それではまた。


バナーをクリックして頂くと励みになります!  
         ↓

感謝です!

ありがとー

SEGAスキなのねー


また来てね!


幸せがありますよーに


GPD52
次回は制作過程やSSD内蔵などをを紹介しようと思います。
お楽しみにー

↓↓↓良かったら過去記事もどうぞ