第25回WEB

61677124-s
今日はどんなゲームのBGMにしようかな…と悩んだ結果、朝からしんみりしちゃいそうですけど、これにしました!



「BUSIN ウィザードリィ オルタナティブ」より
西尾由美子さんの「smile again」です!

この曲、上に貼った日本語版の歌詞と別バージョンの英語版の歌詞があるんですけど、英語版の歌詞はストーリーのネタバレ的な要素を含んでいるので今回は日本語版をチョイスしてみました。

BUSINは有名なウィザードリィ系のRPGの1つです。
ウィザードリィの権利関係って裁判沙汰になったり何だりで大分ゴチャゴチャとしていて、現在ではそれこそ開発者当人にしか分からないような状況になっているんですけど、この当時はOntarioという会社がゲーム制作の権利を有していまして、そのOntario社が日本のあちこちのゲーム会社にウィザードリィ系のゲームを作らないか?と話を持ち掛け(ようはライセンス料で荒稼ぎしようとしていたのでしょう。)、その話に乗ったのが女神転生やペルソナのプロデューサーで有名なアトラスの岡田耕始さんでした。

正直ウィザードリィというタイトル自体、大分手垢が付いたタイトルで、この頃にはマンネリ化が進み人気も下火な状態になっていたんですけど、そこはさすが岡田耕始さん。
ウィザードリィシリーズでは重要視されていなかったストーリーの部分を敢えて分厚く作り直し、映像も最新の3Dで綺麗にし、戦闘に幅を持たせるアレイド等の斬新なシステムを導入してと、これ以上ないような完璧な作り込みをして、再び人気タイトルに押し上げたのでした。

サブタイトルに「ウィザードリィ オルタナティブ」と付いてますけど、Alternativeには代替物、代案、既存のものに代わる新しいもの、という意味がありまして、その意味通りウィザードリィというゲームを新時代に導いた、まさにそんなゲームだったのかなと思います。

ちなみにこの曲が入ったCD、発売当初から出荷数が少なく、後にマニアの間で物凄い人気が出たせいで中古品にとんでもない価格が付くようになりまして、今ちょっと見てきたところアマゾンでは45228円という値段が付いていました…
ひえっ!
2000年代のシングルCD1枚にその値段とか……恐ろしいですねw



・今週のPSO2

pso20180705_225340_004
じ~(このお姉ちゃん可愛いな)

今週も先週と特に変わりなく、フレンドやチムメンとぼちぼちクエストを回っていました。

pso20180704_212305_000
おもち魔王様に遭遇して一緒に新しい緊急クエストに行ったり


pso20180707_151353_003
初心者に優しいトンちゃん(イケメン形態)・リプルさんと一緒にアークマランドに遊びに行ったり。

周回系のクエストは1人でやってると2周で眠りにつくので、誰かに誘ってもらえるのは凄くありがたいですねw
ロビアクなど欲しいものは一通り取ったので、あとはシエン武器を確保したいところです。
現在バッチが1000個くらいなので、後半戦を合わせれば1つくらいは確保できるかな?
何の武器を取るか考えておかないとですね。

21-2
あと今週は懲りずにウルスラレプカを撮影していました。
オードリーで「玄」を

22-2
リンで「雪」を

23-2
カタリナで「茜」を撮影。


25
3人合わせるとこんな感じ。
あ~ピッチリとしたパンツスタイルの服が好きなんじゃぁ(´_ゝ`)

と露骨にノンケアピールをしたところで今週の話は終わりですw



・次回予告
第26回予告
WEB連動パネルのマスコットキャラクターレースで一波乱!?
次回もお楽しみに!



応援お願いします!!



感謝です!
ありがとー
SEGAスキなのねー

また来てね!

幸せがありますよーに

15



・オマケ
7
昨年くらいから珍獣食にはまりつつありますが、あまりにもザリガニが食べた過ぎて、とうとう注文してしまいました。
阿寒湖漁協さんは日本で唯一ボイルザリガニの通販をしている漁協さんです。
元々はマリモの天敵であるウチダザリガニの駆除を目的として始めた販売なのですが、色々な料理を試作しているうちに「あれ?これエビやカニよりも美味しくない?」と気づき、今ではレイクロブスターというブランド名を付けて全国に通販しているようです。

とりあえず1キロ注文したので、1尾は解凍してそのまま食べて味を調べて、残りの部分は何か料理にして食べてみようかなと思います。
その様子は別の日の記事で紹介していきますのでお楽しみに!(そこそこ長くなりそうなので)

それではまた~