みなさんこんばんは。黒山羊です。

pso20180706_000908_007

本格的に夏っぽくなってきました。
水分&塩分を補給して脱水症状にならないように注意しましょう。

期間限定はFoでやっていますが…Foが楽しい!
「範囲攻撃したければランチャーでいいし、法撃系なら犬飛ばしてればいいからなあ」などと思っていました。すみませんでした。
レ・ザンディアの吸引が強力です。
複合テクがじゃんじゃん撃てるし、今までとはかなり違った立ち回りになっています。
PP消費は重いので、久しぶりにクィーンヴィエラを引っ張り出して使っています。


という事でこれを聴いて今日も元気出しましょう。



「きみのためなら死ねる」
バレンタイン2016でしたっけ、BGMがこれだったのですがその後使われなくなって残念。
中毒性の高い曲ですね!ラヴィ!


えっ!イヴリダユニットのアップグレードないの?!

先日のアークスライブの発表にて「イヴリダユニットのアップグレードはない」と明言されました。
うーむ。イヴリダユニットはいくつか作っておいて期待していたのですが…
バスターをやってシュベルブースターやクリシスブースターを集めたのは一体何だったのか。

おぼかた

こうか。こういう事か。


利根川

後になって「やっぱりアプグレ対応します」とか言わないんだろうか。
無理か。無理ですね。


que-13180169263




Razer Wildcat

そして本題。
ゲームパッドをいくつか買っては分解したりして遊んでいたのですが、結局のところ低品質なものをいくつも買うよりも、まともなものを1つ買った方が良いという事が、良いではないか!

simurayoidehanaika

良いではないか!ぬはは!


ゲーミングデバイスのメーカー、Razerの製品Wildcatを購入しました。
箱コン系のXBOX360、Windows対応の有線ゲームパッドです。無線機能はないです。

IMG_5048

おお…倉庫にしまいっぱなしだったのか、ホコリが積もっている!
箱もへこんでいるけど気にしない。

もともとの価格は¥22000くらいするビックリドッキリ価格なのですが、型落ち品のためかAmazonの平行輸入品で送料税込みで¥8000でした。
それでもごっつ盛りの80倍くらいする。高い。


いざ開封。


IMG_5049

取説、ゲームパッド本体を収納するキャリングケース、創業者のおめでとうメッセージが入っています。
本体だけあれば良いのですが…本来はこの辺りに付加価値を見出す人向けの製品なのでしょう。いらんけど。


IMG_5050

キャリングケースの中には、本体、アクセサリー、USBケーブル。


IMG_5051

アクセサリーはグリップ部に貼るシートと、スティックにはめるラバー、本体背面のトリガーを外すためのドライバー。


IMG_5052

本体は箱コンと同等のサイズ。
上面手前側にコンフィギュレーション用のボタンなどがあります。


IMG_5053

LT,RTの間に追加ボタンのM1,M2があります。
M1,M2は他のボタンの機能を持ってこれるのですが、独立した機能(13番以降のボタンなど)ではないので、入力の多いパッドではないです。
とは言え普通の箱コンでは押せないような同時押しや操作が可能なので、ここは大きなメリットです。

M1,M2はやや指を伸ばさないと押しにくいので、使用頻度は低めかと思います。
PSO2では十字キー上下(武器パレ変更)に割り当てました。


IMG_5054

背面には追加ボタンのM3,M4があります。
これもM1,M2同様に他のボタン機能を持ってくるだけなので独立した機能ではないです。
これは位置・形状ともに押しやすいです。
PSO2では十字キー左右(サブパレカーソル移動)に割り当てました。


IMG_5057

グリップのシートを貼りつけました。貼り付けは両面テープになっています。
パッドのグリップは3次元的な形状ですが、シートが伸縮性があるのでちゃんと貼れます。
でも両面テープなので、使っているとだんだん浮いてきますね。
あとうちは犬を飼っているので犬の毛だらけになります。


IMG_5058

スティックの上部はゴム等ではなく普通のプラスチックで、好みでアクセサリーのキャップを被せることができます。


IMG_5059

M1~M4の割り当てはパッド本体に記憶でき、プロファイルは2つまで。(写真の緑色のランプで表示)
多くのゲームで切り替えて使う人には少ないかもしれません。
プロファイル設定はパッド本体のみで行えるので、PC側でRazerのソフトウェアなどは必要ありません。


IMG_5060

左からプロファイル設定開始、プロファイル切り替え、マイクミュート、ボリューム変更。
マイクミュートは使っていないのでよくわかりません。
PCだとボリューム変更は効きませんでした。
オーディオ用のピンジャックがありますが、PCだと爆音100%で鳴ってボリュームが下げられないので、機器側でボリュームを操作できるものでないと使いにくいでしょう。


IMG_5062

USBケーブルは付属していますが、ハウジング形状が専用なので一般的なmicro-USBケーブルは使えないです。(形が合えば使えるものもあるかも?)
ケーブルは硬めで3m。


使用感

〇アナログスティック
安物のパッドはスティックのリニアリティ、デッドゾーンの精度がいい加減なものが多いですが、これはそんな事はないです。良かった。

デッドゾーン

少し倒したところから思い通りにコントロールできると感じます。
デッドゾーンがほとんどないためか、センターの少しの傾きで出力の数値が出ます。
傾けた時の値のブレも小さく、安物のパッドとの違いは一目瞭然。

またスティックのバネは軽く、プレイするほど疲れにくさを感じます。


〇十字キー
上下左右独立したボタンになっていて、あんまり意味はないですが左右同時とかも押せます。
これで昇竜拳とかやる人はいないと思いますが、たぶんアクション系はやりにくいでしょう。
押した感じは一般的なパッドに比べると硬め。

〇ABXYボタン
一般的なパッドと感触が違うところですが、スイッチがエラストマー(ゴム)でなくマイクロスイッチです。
マウスみたいにカチカチ鳴るやつ。
ストロークが短くて反応が速いのでしょうか?設計の意図はよくわかりませんが、特に不便なところもなく支障なく使えます。

〇追加ボタンM1~M4
各々マイクロスイッチでカチカチ言う感触の良いものです。
箱コンに比べて高価なパッドですが、ここが一番のメリットでしょう。
両アナログスティックを操作しながら他の十字キーやABXYボタンの操作ができるのは便利です。
これに慣れると普通のパッドは物足りないかも。

〇その他 調整など
調整用のソフトなどは付属していないので、PC側でXinputPlusか何かでやると良いです。


☆☆☆☆まとめ☆☆☆☆

セール価格とは言えゲームパッドとしては高価ですが、その分の機能・価値はある製品だと思います。

スティックは良いですね。PSO2ではあまり機会がないですが、微調整がやりやすくて安物のパッドとは全く別次元です。
でも定価だとエリコンより高いので、そこまでの物か?っていうと…個人的にはセールで買ってちょうど良いくらいだと思います。
かなり使いやすいと思うので、ぶっ壊れない限りは他のパッドは要らなさそうです。

実は箱コンは使った事がないので、箱コンとの細かい比較はわかりません。
無線はいらないから、一度Razerの追加ボタンのある製品を試したいという人にはおすすめします。
キーボードやマウス等に比べて、パッドは純正品が良いものであるためか社外製は安物ばかりなので、貴重な選択肢だと思います。


本日はこれにて。
ではまた。




Trustの代理店は親切だった

trust
この前までTrustのゲームパッドを使っていて故障したのですが、ツイッターで壊れた!って書いたら代理店のアカウントさんからサポートの案内を頂きました。
自分で分解したりいろいろやったから絶対保証外なんですけどね!
次にTrust勢のパッドが発売されたら期待したいですね~。




観て頂きありがとうございました
一日一回クリックして頂くと励みになります!
感謝です!
ありがとー
SEGAスキなのねー

また来てね!

幸せがありますよーに



観てね!

応援よろしくな!


で!01

応援しないと減給よ!