ちゃおっす黒山羊です。

pso20190808_215209_000

いつものトンテキさんです。
この人は、パンツを見ないと死ぬ病気か何かなのでしょう。


おうちで名刺作成

前回神戸感謝際に行った時に感じたのは
名刺が要る!
というこれですね。
せっかく会ったなら覚えてもらいたいし。
というのと、こちらがもらうのに返せばないというのは、すごく残念な気になるんですよ!

本格的に名刺を作る人は、自分でデザインして業者に発注するみたいですか、今回はそこまでしませんでした。
(実際は単にイベント直前まで何もしていないという理由でありざんぬ)


6c53ed56bcbafbeca50a8e0044de5770

名刺用紙を買ってきて、自宅のインクジェットプリンタで印刷に挑戦してみました。
使用したのはA-oneマルチカードという用紙。
ホームセンターの事務用品売り場にたまたまありました。

(今回の記事では使いこなせてないかもしれませんので不備があればご容赦いただきィィイーッ)

名刺の用紙というのは使った事がなかったのですが、かなり種類があるのですね。
クリアエッジ・白無地・厚手のタイプをチョイスしました。上の画像の51861という品番です。
A4でシートが10枚入り、1シートには名刺サイズで10枚なので、1パックで名刺を100枚印刷できます。
名前シールのように予めカットが入っているので、剥離紙からはがすだけきれいに切り取れます。


689-l3

実際に印刷する時に名刺のデザインと用紙をどうやって合わせるかと言うと、A-oneのサイトにエディターがあるので、それを使うと10枚分を適切な位置に配置できます。


689-l2

エディター画面はこんなの。
元からデザインもいろいろ用意されていて選べますが、やはりここは自分でデザイン。
テキストを打ったり、ユーザーが用意した画像を貼ったりできます。
一般的なWordなどのWindowsアプリと同じように、テキストボックスや図形を並べたり。
テキストはフォントがあまりないのと、レスポンスがすごく遅いので、他のドローツール等で作成したpng画像を貼った方が良いと思います。

文字はinkscapeで作成、キャラ絵はゲームのスクショからポスタライズ加工とかそんなの。
ちなみに背負っているのはファーレンケイオン。
黒山羊って書くと黒羊さんと間違われるのでカタカナにしました。
pngはちゃんと透過できました。


そして印刷!

IMG_6473

キッチリ10枚分印刷できました。
この画像のを印刷する前に一枚テスト印刷したら少し横線が入ったので、用紙種類をはがき・品質をきれいに設定したらうまくできました。


IMG_6477

1枚剥がした状態。剥離紙は裏側の縁5mmだけなので、縁にかからなければ裏面も印刷できます。
表面は名刺サイズいっぱいまで使えます。


IMG_6469

並んでいる各名刺の間は余白がなく、エディターでマスクもしてくれないので、印刷範囲いっぱいまで使うと隣に少しはみ出しました。これは配らない事にしよう。
名刺の縁いっぱいまで描画したい場合は、向いていないと思います。


IMG_6474

裏面。
印刷はできますが、縁の剥離紙部分は避けてデザインする必要があります。


IMG_6478

カットが元から入っているので、手で簡単に剥がせます。
やはり実物でチェックするのは重要ですな。
うーん。ロの字を小さく、ギの字の大きくすれば良かったかな。毛筆体だけど1本の筆で書いてるように見えない。
ツイ垢名に@入れてないな。まあいいか。
あとキャラ画像の余白部分が微妙に色が違うので何かなあと思ったら、255/255/253だった…どうせみんなそんなに見ないでしょ。ぶひー

…っていうようないい加減な人間だというのが、名刺からわかってしまいますね!


IMG_6479

8シート分、80枚印刷しました。
MTGのデッキより幾分多いくらいですな。
けっこう分量あるなあ。絶対こんなに要らないぞ。

用紙が余ったのでSEGA至上主義チーム分、その他も作成。

IMG_6481

家庭用のインクジェットプリンタ、10年以上も前のものなのでこんなもんかな?
各名刺は1シートに別のものを混載できます。


FullSizeRender

吐き気を催す邪悪。
赤系は発色がイマイチだなあ。黒山羊個人用の名刺はカラフルにしなかったのはこれが理由でもあります。

作成時間は、素材用のSS撮影から印刷まで半日あればできました。
テスト印刷に1シート使っただけなので、そんなに大変なトライ&エラーもありませんでした。余白とプリンタの印刷品質・用紙種類設定くらいかな。
この記事をアップするのが8/14なので、今から8/17の東京感謝祭に名刺を作って持っていきたい人でも十分間に合うと思います。

思ったのは、こうやって自分がデザインしたものを印刷するのって楽しいですね。
ブログやツイッターで投稿するのはよくやっているので慣れていますが、紙で実物で出力するのも面白いです。
デジタルが発展してもコミケが盛り上がるのも、なんとなくわかる気がします。

家庭用のインクジェットで作成できるのでお手軽ではありますが、退色はしますから業者に依頼するよりは長期保存には向いてないと思います。
プラモデルの自作デカールもやった事はありますが、時間が経つと退色したり滲んだりでやるもんじゃないと思いました。
あと水で溶けるから飲食の時に出すときは注意です。

という事で本日はこれにて。
あでぃおすぐらっしあ~。



観て頂きありがとうございました

一日一回クリックして頂くと励みになります!

感謝です!

SEGAスキなのねー


また来てね!


幸せがありますよーに





観てね!

応援よろしくな!


で!01

応援しないと減給よ!