セグメントゲームズ

元・ゲームプランナーという しがない肩書きだけが取り柄の ゲーム関連ブログ。
週末更新でしたが、2018年7月より毎日更新に復帰しました!
ツイッターも引き続き更新していますよ。




==『ファンタジーライフ オンライン』来週からサービス開始 ==

元々は『ファンタジーライフ2』の名前で発表され、2015年夏に配信開始予定でしたが…延期に延期を重ねること3年。延期発表は、実に5回にものぼります。
もはや「延期グセ」の治らないレベルファイブとはいえ、さすがにこの回数はどうなんでしょうね?(苦笑)

とはいえ、3DSでの前作『ファンタジーライフ』(公式サイト)は好評で、続編を待ち望んでいた人も多いことと思います。
3年も引っ張って、そんな期待に応えられるクオリティになったのかどうか?ちょっと不安もありますけど…まずは、サービス開始を楽しみに待ちたいと思います。

2018年7月23日に配信開始予定。基本プレイ無料で、一部アイテムに課金が必要です。


スマホ『ファンタジーライフ オンライン』公式サイト




== 前週のゲーム売上ランキング ==

スクウェア・エニックスのニンテンドースイッチ向けRPG『オクトパストラベラー』は、初週で10万本超え。
今どき、完全新作の正統派RPGで10万本超えって、なかなか無いと思います。注目を集めただけのことは、ありましたね。

プレイした人からの感想も、上々の模様。
「1人1人のストーリーが思ったより短かった」など一部指摘もありますが、戦闘システムや「HD-2D」と呼んでいる独自のグラフィックは、多くの人に魅力を感じていただけたようです。
現在、けっこう品薄ということなので、供給が安定してくるまでは、まだじわじわと売れ続けるかもしれませんね。


Nスイッチ『オクトパストラベラー』公式サイト

オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス
2018-07-13




3DSとニンテンドースイッチで発売された『進め!キノピオ隊長』も、上々の滑り出し。スイッチ版に関しては、Wii U版の初週(約3万本)を上回るスタートとなっています。
まだ去年に発売とかだったら、3DS版のほうが売れていた可能性もあるかもしれませんが、昨今は、3DSとスイッチでマルチ展開すれば、だいたいスイッチ版の圧勝になるんですよね。まさに勢いを感じるデータです。

もちろん評判のほうは上々。
Wii U版の頃から絶賛されていたタイトルですからね。今回、新ステージが入ったことで、さらに魅力が高まったことでしょう。
ただ1つ、Wii U版と比べて難点があるとしたら、「テレビモードの時は、タッチ操作で反応していたギミックが操作しづらい」という指摘くらいでしょうか。ま、それが気になるなら、携帯モードかテーブルモードでお楽しみください。

3DS&Nスイッチ版『進め!キノピオ隊長』公式サイト








== 先日はブログをお休みしてしまい、失礼いたしました ==

まあ、「ほぼ毎日更新」って言っているので、そんなに謝ることでもないのでしょうけど、できれば毎日続けたかったんでね…。
毎日更新に戻して、まだ半月だというのに、先行き不安です(苦笑)

とりあえず1つ思ったのは、「自分の生活リズムのなかで、ブログを更新するタイミングを逃さないこと」ですね。
仕事して疲れて帰ってきて、お風呂と夕食。そこまではいいんですよ。
その後に、布団にバッタリ倒れこんでゲームとか動画とか楽しみ始めたら、もうダメですね。なかなか、パソコンに向かいづらくなります。
だから、マイゲームライフに入る前に更新するべきだな~と。そう思ったわけです。

ちなみに今日も、先ほどまで『nasne(ナスネ)』で録りだめした番組を見ていたりしました(苦笑)
このままでは先日の二の舞になっていましたが、さすがに2日連続休みはアカン!と。
それで何とか、こうやって更新できています。


ブログが面倒って話ではないのですけど、平日にしても休日にしても、1日の生活リズムのなかで、ブログの更新を「よし!やるぞ」と思える時と「今はちょっと後回し…」と思ってしまう時とが、あるんですよね。どうしても。
だからこそ、「よし!やるぞ」のタイミングを逃さないこと。ここが大事なのです。それを図れるようになるのも、大事だと思った今日この頃です。




== 集中豪雨による災害の続報 ==

集中豪雨から、今日で10日ほど経ちました。
私の地域では断水がほぼ解除され、私もようやく、普段通りの生活が送れるようになりました。

ちなみに、このたびの災害は「平成30年7月豪雨」と名付けらたようです。
死者数は現時点で120人以上にものぼり、しかも死者の最も多かった都道府県が、広島県。全体の3分の1以上にもなるとのことです。
地元でこれほどまでに、災害で亡くなっていると聞かされると、本当にゾッとします。


そして、JRの路線については、より明確な復旧見込みの期間が発表。(詳しくはこちら
これによると、呉⇔広島間のルートは2018年11月中に復旧見込みということだそうで。
元々は「数週間」とか言っていたのですが、そんなレベルじゃなくなりましたね。お盆休みの帰省とかに、大きく響きそうです。

呉⇔広島間を通る高速道路「クレアライン」も、未だ復旧の目処は立たず。
一応、崩れてしまったところよりも広島側のほう道路は利用できるので、途中からクレアラインに乗って広島に向かうことは可能です。
とはいっても、やっぱり毎日が大渋滞のようです。仕事仲間で、ちょうど広島市と呉市の間くらいにある「坂町」から来ている人がいるのですが、本来20分ほどで着きそうなルートが、1時間半くらいかかるそうです。これじゃ、ストレスも疲れも溜まっていきますよ…。

今もまだ、以前の生活を取り戻せていない人のために。
ただただ一刻も早い復旧を、願うばかりです。





== 『アクションゲームツクールMV』来週からアーリーアクセス版として販売開始 ==

「アーリーアクセス」とは、正式販売に先駆けてプレイ可能な権利のことを言います。
いち早く楽しむことが出来て、正式版が提供開始されれば無料でアップデート可能。しかしその反面、あくまで”完成品”ではないので、ゲームとしての磨きがまだまだだったり不具合が出たりすることも。
また、正式版の提供にかなりの期間がかかったり、あるいは正式版が出ることなく開発中止されるケースもあるので。言ってしまえば「早めに遊ばせてあげるから開発資金ちょうだい」という話なのです。
まあ、有名な「ツクールシリーズ」なら、開発中止なんてことにはならないと思いたいですけど…。

とはいえ、アクションゲームのツクールシリーズ作品は、久々。
これまで『RPGツクール』シリーズは触れてきた私ですが、アクションのほうは未体験。魅力的ではあるんですが、手を出してみようかどうかは…悩み中です。
なにせ、今週から3週連続で新作を購入予定なので(笑)


2018年7月24日より、「Steam」でアーリーアクセス開始 。
通常は9,800円(税別)ですが、アーリーアクセス期間中は8,500円(税別)。さらに、 アーリーアクセス開始から一週間以内だと、さらに20%OFFで購入できる予定とのことです。


PC『アクションゲームツクールMV』公式サイト




== スマホ向け『アークザラッド』新作の情報が間もなく解禁 ==

2016年末に、その存在が明らかになった『アークザラッド』新作。
かなり長いこと音沙汰がありませんでしたが、このたび公式サイトと公式ツイッターが開設され、7月30日に情報が解禁されるとのことです。


主にPS1やPS2の時代を支えてきたシリーズでしたが、2004年を最後にシリーズ展開がストップ。
PS1の時代は盛り上がったのですが、PS2の時代になってからは、上手く流れを作れず。挙句の果てに、オンライン対応タイトルを出してみたけど早々にサービス終了してしまい、完全に流れを止めてしまう形に。
一応、私はワンダースワンの『アークザラッド 機神復活』以外は全てプレイしてきたので、当時も「このまま消えちゃうのかな…」と思い、そしてその通りになってしまったことが哀しかったです。
今回、まさに久々の再始動ということで。どういった内容になるのかを、楽しみに待ちたいと思います。

…ちなみに。私はどちらかというと、『II』より『III』のほうが好みだったりします。
意外に思われるかもしれませんが。


スマホ版『アークザラッド』公式サイト





== 『どうぶつの森ポケットキャンプ』ついに大台の100人達成! ==


配信開始から8ヶ月にして、大台に到達しました。
最初は少なかった動物たちも、今ではこの数。そう考えると、けっこうハイペースで追加されてきたんだな~と思います。



…でも、私の一番のお気に入りの「サバンナ」さんが、まだなんですよ。
いつ来るんだろうな~。それまで遊び続けられていたらいいのですが。


スマホ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』公式サイト





== 『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』20周年記念動画が公開 ==

1998年7月16日に発売されたので、本当に今日でちょうど20周年です。
一流の剣技と子供らしい”やんちゃ”さを持つムサシが活躍する、3DアクションRPG。当時は好評を博し、65万本ほどの売上を記録したそうです。

もともとは「でっかいシリーズ」と言って発売されたため、シリーズ展開を期待していた人が多かったのですが、続編『武蔵伝II』が発売されたのは7年後で、しかも設定やらキャラクターデザインやら思いっきり変わっており、前作のファンは、ガッカリした人が多かったとか。
成果もイマイチだったそうなので、続編が出ないのは仕方がないのかもしれません。

『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』は現在、ゲームアーカイブス(PS3/PS Vita/PSP)で配信中です。
気になる人は、20年経った今、あえて挑戦してみるのもいいのではないでしょうか?


『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』ゲームアーカイブス版の公式サイト




== 今週発売の注目タイトル ==

とりあえず私も購入予定の『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』。
ジョイコンをバチに見立てて操作できますし、もちろんボタン操作も可能。ジョイコン横持ちの「おすそわけプレイ」にも対応しています。

私、携帯機向けの『太鼓の達人』は色々遊んできましたが、据え置き機向けの『太鼓の達人』は、今回が初めて。実際、ジョイコンで気持ちよくプレイできるのかどうかが、気になっています。


Nスイッチ『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』公式サイト



また、日本一ソフトウェアの完全新作『クローズド・ナイトメア』にも注目。
謎の不気味な館で目覚めた主人公が、館からの脱出を目指すホラーアドベンチャー。各所で実写のイラストや映像をふんだんに使用しているのが特徴です。
実写でアドベンチャーというと『街』や『428』を思い出しますが、こちらは主要人物がボイス付きで喋るので、また全然違う感じかな。
とはいえ、実写でのホラーアドベンチャー。演出とかが上手くないと、一気に冷めちゃいそうな危険もあるので。そこらへん、上手く雰囲気作りが出来ているかがポイントですね。


PS4/Nスイッチ『クローズド・ナイトメア』公式サイト

CLOSED NIGHTMARE - PS4
日本一ソフトウェア
2018-07-19

CLOSED NIGHTMARE - Switch
日本一ソフトウェア
2018-07-19






== 「ミニファミコン」で、懐かしの『バルーンファイト』 ==


※クリックorタッチで大きなサイズに※

故・岩田社長がプログラムしたことでも有名な、任天堂のアクションゲーム。
久々にプレイしたら、1回のプレイだけで思ったよりいいスコアをたたき出せました。
3つ目のボーナスステージの直後くらいまで、進めましたよ。




それと、「バルーントリップ」では、かつて岩田社長や有野課長が挑戦した「オレンジの風船」の出現(風船20個連続ゲットが条件)に挑戦!
結果、4回目で出現させることが出来て、なおもプレイが続いたので、そのまま「紫の風船」にも挑戦(さらに風船20個連続ゲットが条件)しましたが…失敗。さすがに甘くなかったです。

このゲームって、挙動がけっこう独特なんですよね。
Aボタンで浮上しますが、浮上する時にしか左右への移動調整が反映されないのです。ようは、右を押しただけでは右に行ってくれず、右を押しながらAボタンを押していくことで、初めて少しずつ右へ右へと加速していくのです。
この理屈が分かるだけでも、だいぶ思い通りに操作できるようになるハズです。ぜひ、お試しを。


「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」公式サイト
『バルーンファイト』3DSバーチャルコンソールのページ








== 『モンスターハンター:ワールド』同梱のPS4本体セットが発売決定 ==

500GBバージョンのPS4本体(ジェット・ブラック)に、パッケージ版の『モンスターハンター:ワールド』。さらに、攻略本の一部を抜粋して再構築した「攻略ハンドブック」が付いてきます。
また、「PlayStation Plus」1ヶ月無料体験コードも付いてくるので、加入していない人でもオンラインプレイがお試しいただけます。

アップデートにより大型モンスターの種類も増えましたし、細かなゲームバランスの調整や不具合の解消も繰り返され、より磨きがかかっていることと思います。
オンラインプレイに不安を感じる人もいるでしょうけど、マナーの悪いヤツがいたら追い出すなりブロックすればいいのです。それに、ハンターランクが低くても、協力してくれる優しいハンターはいるはず…と思いたいです。

2018年7月26日に発売予定で、価格は32,980円(税別)です。


なお、2018年8月2日には『モンスターハンター:ワ-ルド』の廉価版も発売予定となっています。
さらに、先ほど紹介した「攻略ハンドブック」が付いてくる、数量限定パッケージも発売するとのことです。

興味のある人は、ご自身のプレイ環境に合わせてご検討ください。


PS4『モンスターハンター:ワールド』公式サイト

PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-07-26






== 『スチームワールドディグ2』クリアしたので感想を ==



※クリックorタッチで大きなサイズに※

クリア成績はこんな感じでした。
じっくり探索し、鉱石や宝石はほぼゲットしましたが、そのぶんプレイ時間がかかっちゃいました。まあ、きっと1周目はみんな、こんな感じの成績になることでしょう。

さて。日記のなかでゲームの感想を書くのは初めてですが、感想は主に「良いと思ったこと」「残念だと思ったこと」「その他で思ったこと」の3つに分けて、書いてみようと思います。


〇〇〇〇〇 良いと思ったこと 〇〇〇〇〇
◆マップのボリュームは、前作を遥かに上回っています。これなら、前作より価格が高くなって当たり前。
◆自分だけの「採掘ルート」が残っていくことや、随所に隠しルートや危険な仕掛けがあったりなど、探索要素としての魅力が詰まっています。
◆余計な演出が少ないので、テンポ良く楽しめます。探索→換金→強化→探索…
◆強化できる内容が、けっこう豊富。装備強化で種類が増えていき、ギア付け替えで思い思いにパワーアップできます。なかには、わざとゲームを難しくする方法も…?

XXXXX 残念だと思ったこと XXXXX
◆相変わらずツルハシの攻撃範囲がシビア。慣れないうちは、敵に触れてミスとか多いでしょうね。
◆使い勝手の良い他の装備と比べると、「グレネードランチャー」が使いづらいです。せめて軌道とか表示してくれれば。
◆ザコ敵やボス敵の種類が、そこまで多くありません。この不満点は前作と一緒。

△△△△△ その他で思ったこと △△△△△
◆個人的には、前作より難易度が易しい気がしました。その理由は「主人公の豊富な強化要素」。特に、序盤で必ず手に入る「プレッシャーボム」は攻撃手段として使いやすいうえに攻撃力も高く、だいぶ戦いがラクになります。
◆物語的には、前作をプレイしていなくても全く問題ありません。ただ、ボリュームなどの理由で、『2』の後に『1』をプレイすると圧倒的に物足りなく感じると思いますので。2つともプレイするつもりでいるなら、まず『1』からのほうが良いでしょう。


ということで、前作が面白かったので購入した私でしたが、その期待に充分応えてくれる内容でした。
全体的にボリュームアップした以外は、そこまで大きな変化がなかったのも事実ですが、私としては、このシリーズには「変わらない魅力」を大事にして欲しいと思うわけです。
物語からすると、『3』を作ろうと思えば作れそうな終わり方でしたので。また遊べる時が来ると嬉しいな~。


Nスイッチ『スチームワールドディグ2』公式サイト








== 『妖怪ウォッチ4』発表 & 初代『イナズマイレブン』無料配信 ==

いよいよ出ますか~。『妖怪ウォッチ4』が。
ケータが主人公の「これまでの世界」。現在アニメ放送されている、ナツメが主人公の「30年後の世界」。そして、この冬の新作映画で登場する、シンという少年が主人公の「1960年代の世界」。
この3つの世界が、どう絡み合い、どう物語が進んでいくのか?気になるところです。

不安があるとしたら、主人公が3人いるってことかな。

それぞれの主人公ごとに物語があるとしたら、それぞれの視点で進めていくことになると思いますけど、私、主人公が2人3人いて、別々のストーリーを進めていかないといけないって形は、あんまり好きじゃないのです。1つに集中させて!ってなっちゃうので。
『妖怪ウォッチ3』のプレイが途中で止まっちゃったのも、そんな感じの理由だったりします。

初のニンテンドースイッチ向けタイトル。しかも年末商戦に発売。
『妖怪ウォッチ』が再び盛り上がってくれるかもしれませんね。期待しています。

2018年冬に発売予定です。


Nスイッチ『妖怪ウォッチ4』公式サイト


そして、もう1つ。
2018年7月20日午前10時より、ニンテンドー3DS向けに初代『イナズマイレブン』が無料配信を開始します。

秋に発売予定となっている『イナズマイレブン アレスの天秤』は、初代の後のお話になりますので。予習も兼ねて、プレイしてみるのもいいでしょう。
もちろん、今まで全く触れたことが無かった人も、是非どうぞ。


Nスイッチ/PS4/スマホ『イナズマイレブン アレスの天秤』公式サイト




== 『白猫プロジェクト』ニンテンドースイッチ向けの新作開発を発表 ==

2018年1月、任天堂が『白猫プロジェクト』開発のコロプラを提訴。1年に渡り真摯に交渉した挙句、結局は決裂してこういう事態に発展したとされています。
そして裁判は着々と進行しているらしく、「的確に攻めてくる任天堂に対してコロプラは逃げの一手」みたいな状況らしく、もはや結末は見えているようなものだったとか。

そんななか、シリーズ生誕4周年を記念した生放送で、ニンテンドースイッチ向けの新作発表。なんか、また余計なことが脳裏を駆け巡っちゃいますよね(苦笑)
発売がまだまだ先であることを考えると、開発プロジェクトは発足したばかりであると予想できます。だからこそ、このたびの提訴と関係あるんだろうな~って、考えちゃうんですよね。どうしても。

ま、そんな闇の部分を知ったって、ゲームが面白くなるわけではないので。これ以上は追及しません。
ともあれ発表したからには、魅力的な作品になることを期待しています。

2020年に発売予定です。


『白猫プロジェクト』公式サイト




== 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』ガーデニングイベント完了! ==


※クリックorタッチで大きなサイズに※

とりあえず、全ての報酬をゲットできました。協力してくれたフレンドの皆さんに、感謝です!
現在のガーデニングイベントは、7月16日午後3時まで実施されていますので。
まだの人は、最後まで諦めずに挑戦してみてください。



※クリックorタッチで大きなサイズに※

あと、相変わらずジョニーさんに、いらないアイテムの運搬をお願いしています。
なにせ「なかよし度」の上限が25に増えましたからね。これから、お菓子の必要な場面が増えてくるかもしれません。


 
※クリックorタッチで大きなサイズに※

預けるアイテムとして個人的にオススメなのが、この2つ。
どちらも「いいね!」が付く高評価のアイテムですし、そのわりには作成時間が短め。また、あっという間に満タンになりがちな「キーのもと」と「カチカチのもと」だけで作れますので。
これを、スキあらばバーッと作成して、ジョニーにバーッと渡してしまえば、お菓子がザックザック手に入ることと思います。

…なんか、最後の一文だけ見ると、すごく”あくどい”ことをしているように聞こえちゃうのですが(苦笑)


スマホ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』公式サイト




== 西日本集中豪雨による災害の続報 ==

今日は土曜日。
先日に開通した「国道31号線」を通って、広島市にある姉の家のもとを訪ねました。



※クリックorタッチで大きなサイズに※

その途中で、以前も紹介したこの場所を、通ったのです。
そうしたら…?



※クリックorタッチで大きなサイズに※

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、正面。ショベルカーの後ろに土砂の山が見えますよね?
ここが、「国道31号線だったところ」です。

そして地面を見てみると、道路は左に向かってカーブ。土砂の脇を通るような形で、数百メートルに渡り「新たな道路」が作られていました。
ちなみに、新たな道路が作られているところは、もともと、すぐ横にあるビーチエリアのための駐車場でした。

つまり、「開通」はしましたが、「復旧」はまだまだってことだったんですね。
とりあえず新しく道路作っちゃおう!ってポンと作っちゃう大胆さは、凄いと思いました。


横を見上げると、高速道路の陥没したところには、ガードレールだけがブラ~ンと垂れていて、なんとも奇妙な光景。
しかも、ここ以外にも何か所か、土砂崩れで線路が埋まっていましたので。現場を見てみると改めて、「これは時間かかるわ~」って思わされました。



※クリックorタッチで大きなサイズに※

そして姉の家に寄った後、銭湯に。
そうしたら「被災により、自宅で入浴が困難な人向けに、無料での入浴を実施しています」との看板が。

住所を証明できるもの(マイナンバーカード、運転免許証など)があれば、内風呂のみですが無料で入浴できました。

軽く調べたら、広島市の様々な銭湯で実施されているとのことで。本当に、ありがたい話です。
もちろん例外もありますし、「ここから先は別料金」ってケースもありますので、一応、事前に調べてからご利用ください。


↑このページのトップヘ