セグメントゲームズ

元・ゲームプランナーという しがない肩書きだけが取り柄の ゲーム関連ブログ。
週末更新でしたが、2018年7月より毎日更新に復帰しました!
ツイッターも引き続き更新していますよ。




== 『プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ』PS4での発売が決定 ==


まずは、付いてくる特典の違う3種類のダウンロード版が発売。そして、年明けにパッケージ版も発売されます。
パッケージ版はこれといった特典がないですが、比較的リーズナブルな価格での提供となるようです。

日本ではこれまで、XboxOne・Steam・スマホで提供されてきましたが、PS4版の発売により、さらにプレイヤー人口が拡大していくことでしょう。
このタイプのサバイバルゲームの立役者ですが、『フォートナイト』を始めとしたライバル的なタイトルも増えてきている今、こういう形でどんどんプレイ環境が広がっていくことは、とても重要なことだと思います。
欲をいえば、もう少し早い展開が望ましかったでしょうけど、ま、過ぎたことは仕方ありません。

年末年始は、サバイバルな日々に明け暮れてみてはいかがでしょうか?興味がありましたら、是非どうぞ。

ダウンロード版は2018年12月7日に発売予定で、価格は以下の通りです。(全て8%税込)
 └→ チャレンジャーズ・エディション = 3,300円
 └→ サバイバーズ・エディション = 5,500円
 └→ チャンピオンズ・エディション = 6,600円
パッケージ版は2019年1月17日に発売予定で、価格は3,056円(税別)です。


『プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ(PUBG)』公式サイト







== Switch向けの完全新作RPG『ニンジャボックス』 ==


自分だけの秘密基地を作って楽しむ「ヒミツキチづくりRPG」。
現時点では、RPG要素がどこらへんにあるのか分かりませんが…基地を建てるための素材を、外に探しにいくとかがあるのかもしれません。
あと、オンライン要素で、他の秘密基地にも入れたりとかしそうですよね。


面白そうだとは思いますが、今や『マインクラフト』をはじめとしたサンドボックス型のタイトルが増えてきて、そういうのも結局「秘密基地を作って楽しむ」という感覚が強いと思いますので。
このタイミングでの発売となると、既存のタイトルには無い魅力的な個性が必要になってきそうですね。
今後、公式サイトや公式ツイッターではもちろん、コロコロコミックのほうでも続報をお知らせしていくとのことで。これはもう、マンガ化する気マンマンですね(苦笑)


発売日・価格は、今のところ不明。続報をお待ちください!

Switch『ニンジャボックス』公式サイト




== 『十三機兵防衛圏』PS4版は発売延期・PS Vita版は開発中止 ==


2015年に発表され、ワクワクしながら待っている人も多いであろう『十三機兵防衛圏』ですが、ここにきてのPS Vita版開発中止。
しかも、PS4版も発売延期となると、それこそPS4版に特化した作りにするために、けっこう作り直さなければいけない…なんて話になっている可能性もありそうです。

発売からもうすぐ7年となり、新作の展開が衰え、それこそ”ギャルゲー”ばかりが増えつつあるPS Vita。
2019年で生産終了との発表があった一方で、「発売未定」の欄には、まだまだ大量にタイトルが並んでいたりもするのですけど…もう、望みは薄いんでしょうね。きっと。

ま、PS Vitaのことも心配ですが、発表からだいぶ時が経っているのに明確なゲーム内容が見えてこない『十三機兵防衛圏』も心配です。


PS4『十三機兵防衛圏』公式サイト




== 前週発売のゲーム売上ランキング ==


3DSで発売された、初代『ルイージマンション』。
『2』には遠く及ばないスタートとなりましたけど、まあ、リメイクなんでね。これから年末商戦が近いので、そこで少しでも売り上げが伸びていくといいですね。

評判はというと…懐かしく楽しんでいる人が多い一方で、期待外れだという感想もわりと多い模様です。
というのも。今作は基本”移植”なので、『ルイージマンション2』をプレイした人からすると、操作まわりでの難点が気になってしまうようです。『2』の前の作品ですから、操作まわりで劣るのは当然といえば当然なのですが、それを改善もせずベタ移植している点が、指摘されていました。
グラフィックにしても、そのまま流用しているので『2』より劣っているみたいですし。話を聞く限りでは、もうちょっとこう、やる気のあるリメイクにして欲しかったですね。


3DS『ルイージマンション』公式サイト







== 『ファミコン Nintendo Switch Online』新たなサプライズ配信 ==


※クリックorタッチで大きなサイズに※

本日から、『ツインビー』『マイティボンジャック』『メトロイド』の3タイトルが配信開始しましたが…ここに、またしてもサプライズ配信が。
『グラディウス』と『マリオオープンゴルフ』のSP版が追加されています。


軽く触れた限りで分かった違いですけど、『グラディウス』SP版は「最強状態」でステージ5からの開始となります。
また、本来は、ゲームオーバーになるまでの間一度しか使えないパワーアップ裏技「コナミコマンド」ですが、SP版は無限に使用可能。
残機とかも関係なく無限に使用できるので、例えばバリアがなくなった時に再びコナミコマンドで復活させる、なんてことも出来てしまいます。
これならきっと、誰でもクリアできる…と言いたいところですが、コナミコマンドでのパワーアップって、「レーザー」は含まれていないので。火力不足で進めない場面については結局、ある程度の腕前が必要になります。あしからず。

『マリオオープンゴルフ』は、全5つのコース+エクストラコースが解禁された状態で楽しめます。
オンライン通信で、フレンドと一緒に楽しみたい時には嬉しいですね。
なお、エクストラコースは、全5つのコースからランダムに18ホールが選ばれるそうです。


今後も、SP版のサプライズ配信は続きそうですね。これはこれで嬉しい試みですけど、同じタイトルばかり並びすぎるのも、ちょっとね…。
今後、例えばワンボタンで通常版とSP版を切り替えられる、みたいな要素があると、よりスッキリまとまっていいと思うのですが、どうでしょうかね?


Switch『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』公式サイト




== 「ブログを読んでゲット!ゲーム用ポイントプレゼントキャンペーン リターンズ」キーワード発表 ==

今回は、第2回・2つ目のキーワードになります。

これを、2018年12月1日~12月15日に公開する応募用メールフォールに入力して、応募してください。
キーワードは全部で3つ。1つからでも応募可能ですが、2つ3つあれば、当選確率が2倍3倍になります。


今回のキーワード:「ひょっこりはん」


プレゼントキャンペーンの詳細は、こちらから





== 「NEOGEO mini」クリスマス限定版が発売決定 ==


収録タイトルは48。本体が、クリスマス仕様の華やかなデザインに。
また、品薄な専用コントローラ「ネオジオミニパッド」が2つ付いてくるうえに、オリジナルステッカーや、本体の滑り止めパットなどが付いてくる豪華版です。

ただし、収録タイトルは全て英語版だそうなので、ご注意を。

まあ、ほとんどのタイトルは、英語が分からなくてもなんとかなりそうな気がしますけど…日本人ユーザーからしたら、熱意を感じないお話ではあります。
それと、クリスマス仕様の本体デザインを、どう感じますかね?個人的には本来の筐体らしさが薄れちゃいますし、赤一色が目に優しくないようは気もしちゃいます。
しかし、「専用コントローラさえあれば楽しめる」って意見が多かったので。それが最初から付いてくるのは、大きいかもしれませんね。

発売日・価格は、今のところ不明。
なかなかの争奪戦になるかもしれませんが、興味がありましたら、予約のタイミングをお見逃しなく!


「NEOGEO mini」公式サイト




== 来月『キングダムハーツ』の一番くじが初登場! ==


「一番くじ」に興味を持ち始めたのは、ほんの数か月前からですけど、こうしてみると、けっこう次々と出てきますね。
先週に、発売開始から1ヶ月も経ったタイミングで『ゼルダの伝説』の一番くじを発見するなんてことがあるのですから、けっこうな「順番待ち」になっているんだろうな~ということが伺えます。
現在発売中の『星のカービィ』の新たな一番くじも、今のところ見つかっていないですし。
ま、とはいえ、全てに食いついていたら、なかなかの出費になるのでね。私としては、あくまで”程よく楽しむ”という程度でいきたいと思います。

2018年12月1日より、全国のセブンイレブンで順次発売開始。価格は、1回680円(8%税込)です。
※取り扱いが遅れる店舗や、取り扱いのない店舗もあります。


「キングダムハーツ 一番くじ」公式サイト




== 今週発売の注目タイトル ==


PS4とXboxOneでは、核戦争で荒廃した世界を冒険するRPGの最新作『フォールアウト76』が。
ニンテンドースイッチでは、シリーズの原点をリメイクした『ポケットモンスター Let's GO!』が発売されます。

どちらも、世界的に期待されている大型タイトルといっていいでしょうね。


私は、『ポケットモンスター Let's GO! ピカチュウ』を購入予定です。
原作となる『ポケットモンスター ピカチュウ』は、かつてプレイした経験がありますが、それが最新機種で大幅進化し、しかもポケモンがあえて初代とほぼ同じってところに惹かれました。もう、今となっては800種類以上ものポケモンを覚えられないですから…(苦笑)
懐かしさも新しさも織り交ざった大冒険を、まったり楽しみたいと思います。可能なら、フレンドとのオンライン対戦もやってみたいですな。


Switch『ポケットモンスター Let's GO! ピカチュウ/イーブイ』公式サイト





一方の『Fallout 76』ですけど、発売日の購入は見送ることにしました。
正直、かなり悩みました。『Fallout 3』でこの作品の魅力にどっぷりと漬かり、それ以降のシリーズも楽しんできました。私が「付き合い続けてもいい」と思っている、唯一の洋ゲーです。

ただ、私が魅力に感じていた「1人プレイに特化している」という点と「コマンド戦闘みたいに戦えるV.A.T.S.モード」という点が、今作では、ちょっと違う方向になりました。
シリーズで初めてオンライン要素を取り入れていますし、それに基づき「V.A.T.S.モード」も、スローや停止をすることなくリアルタイムで操作する形に。「それでも新たな世界を冒険してみたい」という気持ちはありましたが、プレイ動画を見たりなどして色々考えた結果、いったん置いておくことにしたのです。
RPGを同じ週に2つ買うっていうのも、正直キツいものがありますしね…。

発売後の評判などを見て、もしかしたら購入するかもしれませんけど、それこそオンライン要素を取り入れている以上、購入を決意するなら早いほうがいいでしょうね。
こういうところが、オンライン対応ソフトの難しいところなのです。正直、自分の好きなタイミングで買って、好きなペースで楽しみたいものですよ。ホント。


PS4/XboxOne/PC『Fallout 76』公式サイト(注意!Z指定)

Fallout 76 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ベセスダ・ソフトワークス
2018-11-15







== 「ブログを読んでゲット!ゲーム用ポイントプレゼントキャンペーン リターンズ」まもなく第1回目の応募締め切りです ==



第1回の応募締め切りは、2018年11月15日(木)までです。

今回、久々の実施ということもありましたし、この前まで週末更新にしていた影響で、ブログのアクセスは減少していますので。正直言っちゃうと、当選確率はけっこう高いですよ。

今なら、まだ間に合います。
「今日のゲーム日記」のカテゴリーで最新からバーッと見ていけば、キーワードは見つかると思いますので。よろしければ、応募してみてください。そのキーワードを探すついでに、ブログの記事も楽しんでいただけたら、なお嬉しいです。

なお、第1回の応募に使うのは、2018年10月に公開したキーワードですからね。
間違えて11月のキーワードを入力しないよう、ご注意ください。


プレゼントキャンペーン第1回目の応募は、コチラからどうぞ!




== PS4『ディシディア ファイナルファンタジー NT』の基本無料版が配信決定 ==


無料で使用できるキャラクターは、一定期間で入れ替わりますが、各キャラごとに用意された「基本セット」などの有料コンテンツを購入することで、そのキャラクターを常時使用できるようになります。
バトル特化なので、ストーリーモードは未収録。他のモードも、製品版とは異なる可能性があるとのことです。
また、基本無料版から、製品版にセーブデータを引き継ぐことができます。


例えば『真・三國無双』シリーズとかでも、「共闘版」とかいって無料で提供するバージョンがあったりしますね。こういう手法が増えてきているということは、効果があるということなのかもしれません。
とはいえ、製品版の発売から約10ヶ月が経過しており、もう上手い人ばかりであろう中に、使用キャラが制限されている状態で参戦って…普通なら、数回プレイしてみてボコボコにされて「や~めたっ」って流れになりそうですよね。
せめて、製品版と同時展開とかなら、まだ救いがあるんですけど…。

とはいえ、バトルの感覚をしっかり楽しむことはできるわけですからね。
気になる人は、一種の体験版みたいなものだと思って、まずはプレイしてみるのもいいかもしれませんね。是非どうぞ。

基本無料版『ディシディア ファイナルファンタジー NT Free Edition』は、2018年11月22日より配信開始。
基本プレイ無料。キャラ常時使用権などで課金が必要です。


PS4『ディシディア ファイナルファンタジー NT』公式サイト







== Switch『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』予約購入 ==


※クリックorタッチで大きなサイズに※

「ニンテンドーeショップ」にて、製品版+ダウンロードコンテンツの「ファイターパス」が一緒になったバージョンを購入しました。
価格は10,476円(8%税込)ですが、もらえるマイニンテンドーの「ゴールドポイント」が2倍になるので、実質10%還元となります。だから9,429円(8%税込)ってことになるのかな。


amazonでダウンロード版を買うという手段も考えましたが、結果的に、eショップで買ったほうがお得という結論になったので。ニンテンドープリペイド番号を10,000円分買ってきて登録し、今日予約購入したわけです。
たぶん、今回もずっと付き合い続けると思いますのでね。そういう場合は、やっぱりダウンロード版がいいです。

発売は、2018年12月7日。本当に、もうすぐです。
最大規模のスマブラを、心待ちにしましょう!


Switch『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』公式サイト









それと、ついででお知らせ。
来週あたりに公開する新たな「セグメントゲームズ レイディオ」で、発売直前の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』を改めてピックアップする予定でいます。
全貌が明らかになった今だからこそ、お話できることもあると思いますので。どうぞお楽しみに!

※やむを得ない事情で、公開日や放送内容を変更する場合があります。あしからずご了承ください。



※クリックで大きなサイズに(以後も同様)※

Switch『スプラトゥーン2』公式サイト

『スプラトゥーン2』で実施されていた第18回目のフェスが、終了しました。
お題と2つの選択肢があり、どちらかを選択。選択したほうのチームとして参加し、得票率と期間内のバトル成績からはじき出される最終結果で、勝敗を決しようというものです。


◆= お題のおさらい =◆

開催日 ―→ 2018年11月10日(土)午後3時~11月11日(日)午後3時
お題 ―→ アナタはどっち派? ポッキーチョコレート vs ポッキー極細

私は「ポッキー極細」チームに参加しました。詳しくは、先日の記事で。


◆= 結果発表 =◆
投票の数で競う「得票率」と、「レギュラー」での貢献度。そして、「チャレンジ」での貢献度。
この3つの項目で勝負し、勝利した回数が最終結果になります。


それでは。結果発表です!




得票率 ―→ ポッキーチョコレート = 42.73%/ ポッキー極細 = 57.27%




貢献度(レギュラー) ―→ ポッキーチョコレート = 49.64%/ポッキー極細 = 50.36%
貢献度(チャレンジ) ―→ ポッキーチョコレート = 50.89%/ポッキー極細 = 49.11%




ということで。勝利は・・・、




「ポッキー極細」チーム!
まさに接戦でしたが、細い体でも折れることなく見事勝利を収めました!やったね!




◆= 今回のフェスを振り返る =◆
今回は、「チャレンジ」で14戦プレイし、うち13戦で「ポッキーチョコレート」チームと対決。
戦績は5勝8敗で、どうも振るわなかったです。

全体的に、そんな大差で勝ったり負けたりすることは無かったので、いい勝負だったとは思うのですが…結果、負け越しちゃったのは残念でした。




そして今回は、最近追加された「ホクサイベッチュー」を使ってみました。いつも「ヒッセン」系ばかりじゃ、脳が無いですからね。
サブウェポンは「キューバンボム」。スペシャルウェポンは、新たに追加された「ウルトラハンコ」です。




「ウルトラハンコ」は、巨大ハンマーみたいなハンコを、バンバン振り下ろして攻撃します。
勝手に振り続けるのではなく、ちゃんと操作できます。ZRボタン押しっぱなしで振り続けながら前進も出来ますし、1回1回、方向転換しながら攻撃も可能です。
攻撃範囲がなかなか広く、また、ハンコのおかげで正面からの攻撃をある程度防いでくれます。しかし、横や後ろは全くの無防備です。さらに、振り続けながらの前進では、方向転換が遅いです。
しっかり方向転換したいなら、一旦攻撃をやめたほうがいいですけど…最初の1回は攻撃が遅いので、これはこれでスキが生まれちゃうのです。ちょっとクセがありますね。

個人的には、少し細いルートとかを、ガーッと塗りつぶしていくっていう使い方がいいのかな?って印象でした。
広いエリアで使うと、回り込まれて背後からバシュン!ってなりそうですからね。
今回「ホテルニューオートロ」をプレイすることが多かったのですが、端から攻めるルートであれば、このハンコがなかなかいい感じに活躍してくれたように思います。




そして、今回の「ミステリーゾーン」です。
各所に、攻撃を当てると下からインクが吹き上げてくる「カンケツセン」が配置されています。赤い点のところですね。

もちろん、攻撃を当てたチームの色のインクが吹き上げてくるので、カンケツセンを起動させておけば、しばらく相手チームが近づけません。逆も然りです。

特それぞれの陣地の中腹にある2個並んだカンケツセンは、利用すれば簡単に相手陣地へ攻め込めるので、ここを守れるかどうかは、けっこう重要になってきます。
それと、エリア中央には、くぐらないといけないポイントがあり、そこには横向きのカンケツセンが。発動させると、基本、通り抜けることができなくなります。自分チームが起動させれば自分チームだけ自由に通れる…かと思いきや、水圧で進めないというね(苦笑)
となると、その脇に一か所だけ通れるところがあるのですが、そこしかルートがないので。敵の逆襲を受けること必死なのです。

個人的に、今回のミステリーゾーンは結構楽しめました。
カンケツセンはできるだけ発動させておきたいのですけど、発動させようと思って攻撃していたら、たまたま運悪く、向こうから攻撃してきた相手のタイミングで発動することもあるんですよね~。
白いインクが吹き出るつもりで前進しながら攻撃していたら、いきなりオレンジのインクが吹き上げて、自分から突っ込んでいってしまうというね(苦笑)
また、カンケツセンの吹き上げている状況を見て、「どこまで攻め込めているか?」あるいは「攻め込まれているか?」も、目視で分かりやすかったりしたので。単なる仕掛けだけでなく、目印として活用できる点でも、なかなか面白いと思えました。
これからも、ミステリーゾーンではこういう仕掛けを期待したいです。


結果発表は以上になります。
次回のフェスも、どうぞお楽しみに!



※『スプラトゥーン2』これまでのフェスの結果
前夜祭(ロック vs ポップ)――開催告知結果発表
第1回(マヨネーズ vs ケチャップ)――開催告知結果発表
第2回(マックフライポテト vs チキンマックナゲット)――開催告知結果発表
第3回(瞬発力 vs 持久力)――開催告知結果発表
第4回(からあげにレモンかける vs かけない)――開催告知結果発表
第5回(あたたかいインナー vs あたたかいアウター)――開催告知結果発表
第6回(映画やドラマのジャンル アクション vs コメディ)――開催告知結果発表
第7回(応援したいのは? 王者 vs 挑戦者)――開催告知結果発表
第8回(花 vs 団子)――開催告知結果発表
第9回(スニーカー 最新モデル vs 人気モデル)――開催告知結果発表
第10回(未知の生物 vs 先進の技術)――開催告知結果発表
第11回(ハローキティ vs シナモロール)――開催告知結果発表
第12回(マイメロディ vs ポムポムプリン)――開催告知結果発表
第13回(ハローキティ vs マイメロディ)――開催告知結果発表
第14回(イカ vs タコ)――開催告知結果発表
第15回(きのこの山 vs たけのこの里)――開催告知結果発表
第16回(つぶあん vs こしあん)――開催告知結果発表
第17回(トリック vs トリート)――開催告知結果発表



↓↓ 興味をお持ちいただけたようでしたら、是非どうぞ ↓↓





※クリックorタッチで大きなサイズに(以後も同様)※

Switch『スプラトゥーン2』公式サイト


『スプラトゥーン2』にて本日から、第18回目のフェスが開催中です!!

お題と2つの選択肢があり、どちらかを選択。
選択したほうのチームとして参加し、得票率と期間内のバトル内容からはじき出される最終結果で、勝敗を決しようというものです。


フェスのルールは、いつもの「ナワバリバトル」。制限時間いっぱい戦って、より多くステージを塗りつぶしたチームが勝利です。
また、同じほうを選択しているフレンドと一緒にチームを作成して、バトルに挑むことかできます。
フェス開催中は、「レギュラーバトル」と「ガチマッチ」はお楽しみいただけません。

また、フェス専用バトルでは「レギュラー」と「チャレンジ」の2つを用意。
「レギュラー」では、フレンドおよび野良のプレイヤーと4人でチームを作って、他のチームと戦うルールです。装備のスタイルが揃うなどで「おそろいボーナス」が発生します。
「チャレンジ」は、これまでの「ソロ」とほぼ同じ。1人で小細工なく黙々と挑戦するルールです。フェスで成績の良いプレイヤー上位100人が選ばれる「100ケツ」は、「チャレンジ」での成績のみ反映されるようです。
お好きなほうほうで、お楽しみください。





第18回目の開催期間は、2018年11月10日(土)午後3時 ~ 11月11日(日)午後3時までの、24時間。
お題は「アナタはどっち派? ポッキーチョコレート vs ポッキー極細」。

定番のチョコお菓子で、対決です!





私は今回、「ポッキー極細」を選択しました。

いや~、実はそれなりに悩んだんですよ。
直感では「ポッキー極細」だったんですけど、ポッキー自体をしばらく口にしていなかったので、イマイチ自分の直感が信用できませんでした。



※クリックorタッチで大きなサイズに※

そこで。
実際に買って比較して、どっちにするかを決めたのです。




※クリックorタッチで大きなサイズに※

細さを比較すると、こんな感じ。長さは同じです。

そして、両方を食べ比べてみます。
ボリボリボリボリ…








ボリボリボリボリ…









う~ん…ボリボリボリボリ…










ボリボリボリボリ…










どっちも美味しいですね(笑)


でもやっぱり、「ポッキー極細」かな。

1本の食べごたえは、普通の「ポッキーチョコレート」のほうが上ですけど、極細だからこその”パキッと感”が、なんか好きなんですよね。
それに、食べごたえを増やしたいなら、2本3本を同時に食べるという手段もありますし、そのほうが、より”パキッと感”が楽しめます。
ま、こればかりは好みの問題ですからね。


ということで。どちらが多いか?そして、どちらが勝つか?
正々堂々、勝負といきましょう!



※『スプラトゥーン2』これまでのフェスの結果
前夜祭(ロック vs ポップ)――開催告知結果発表
第1回(マヨネーズ vs ケチャップ)――開催告知結果発表
第2回(マックフライポテト vs チキンマックナゲット)――開催告知結果発表
第3回(瞬発力 vs 持久力)――開催告知結果発表
第4回(からあげにレモンかける vs かけない)――開催告知結果発表
第5回(あたたかいインナー vs あたたかいアウター)――開催告知結果発表
第6回(映画やドラマのジャンル アクション vs コメディ)――開催告知結果発表
第7回(応援したいのは? 王者 vs 挑戦者)――開催告知結果発表
第8回(花 vs 団子)――開催告知結果発表
第9回(スニーカー 最新モデル vs 人気モデル)――開催告知結果発表
第10回(未知の生物 vs 先進の技術)――開催告知結果発表
第11回(ハローキティ vs シナモロール)――開催告知結果発表
第12回(マイメロディ vs ポムポムプリン)――開催告知結果発表
第13回(ハローキティ vs マイメロディ)――開催告知結果発表
第14回(イカ vs タコ)――開催告知結果発表
第15回(きのこの山 vs たけのこの里)――開催告知結果発表
第16回(つぶあん vs こしあん)――開催告知結果発表
第17回(トリック vs トリート)――開催告知結果発表



↓↓ 興味がありましたら、是非どうぞ ↓↓




↑このページのトップヘ