2011年11月14日

まもなく開演! 〜演劇練習風景〜

 今回で13回目を数える、本校の学園劇も1週間後に迫ってきました。放課後、練習に励んでいる生徒の様子を、ブログでお伝えします。

 第1回目は、主役の聖フランシスコ役 森田君にインタビューしました。

Q1.自分が主役と聞いたときの感想は?
A1.(これまで何回か演劇を見てきて)主役は台詞が圧倒的に多いので、うれしい反面大変なことになったなと思いました。

Q2.実際に練習してみてどうだった?
A2.確かに台詞は大変でした。ほとんど暗記しましたので、大丈夫かと思いますが、感情を入れて演技するというのが苦手なので、それが課題です。

Q3.主役というプレッシャーはある?
A3.正直、きついです。
   ただ、台本を完璧に覚えて演じるのではなく、キャスト・スタッフ全員で、この物語を「創っていく」という気持ちで、頑張っています。

Q4.この劇の見所は?
A4.今回は「小さな子どもたちにも見て欲しい」ということで、これまでの演劇とはひと味違った劇になると思います。前半はコミカルな部分も多いので、楽しみにしてください。

 また、今日は衣装合わせをしました。スタッフの生徒と確認しながら、初めて袖を通しました。徐々に緊張が高まってきます。

blog_20111114


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ