2014年10月23日

読書感想文コンクールを行いました

 10月17日(金)「第15回 読書感想文コンクール」を行いました。
夏休みの課題として提出された読書感想文の中から、学年代表の7作品が全校生徒の前で発表されました。
 その中から、「最優秀賞」「優秀賞」「奨励賞」が先生方の審査により決定し、「最優秀賞」は3年 松下拓未君の「博士の愛した数式を読んで」が選ばれました。松下君は昨年度に引き続き、2度目の「最優秀賞」受賞です。「愛すべきものがあるならば、困難な状況でも希望を見いだすことができる」との発表でした。
 「朝の読書活動」を行っていますが、様々なジャンルの本を読み、自分の世界を広げる一助としてほしいと思います。

P1010010P1010015

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ