2019年07月19日

ホアン君 ビブリオバトル 県大会出場決定!

 本校1年 ホアン ドゥ ミンディン君が紹介した「グリム童話」が、「長崎県高等学校総合文化祭 図書専門部 第15回 ライブラリーフェスティバル」で行われた「ビブリオバトル 県南地区予選」で「チャンプ本」になりました! 

 ビブリオバトルとは、発表者それぞれが5分間で本を紹介し、参加者全員で「どの本が一番読みたくなったか?」を投票し、最多票を集めた本を「チャンプ本」とする「知的書評合戦」です。
 本校でも昨年夏から、校内の大会を行ってきましたが、今回は古典研究同好会の中野凜星君とホアン君が出場しました。中野君はビブリオバトル初参戦ながら、堂々と「今昔物語」の魅力を紹介しました。ホアン君は残酷で奥の深い「グリム童話」の魅力を語り、参加者を魅了しました。

 ホアン君は11月15日に行われる県大会に出場し、さらに「チャンプ本」を目指します。皆様もご声援をお願いいたします。

 DSCN1346IMG_20190717_143255


IMG_20190717_142629 IMG_20190717_143305

seibonokishi at 17:39コメント(1)

コメント一覧

1. Posted by 外山祈   2019年09月03日 22:26
ビブリオバトルなる催しがあるとは、寡聞にして知りませんでした。

優秀な成績を収められたとの事、おめでとうございます。

デカルトは「すべて良書を読むことは、著者である過去の世紀の一流の人びとと親しく語り合うようなもの」(『方法序説』第1部)と述べています。良書との出会いには、face to face での出会いとはまた違った善き出会いが秘められているのでしょうね。

お二人がこれからも、良書を通して様々な善き出会いを体験されるよう祈っています。

外山祈

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ