2019年10月04日

第16回 演劇定期公演「ゴルゴタの丘」

 本学園では特色ある教育の一環として、キリスト教にちなんだ演劇を定期公演しておりますが、本年度はキリスト受難劇「ゴルゴタの丘」を公演することにいたしました。
 キリストの受難は、キリスト教徒にとって特別な意味を持つ出来事です。過去2000年余り前の出来事とはいえ、今日でも世界中のカトリック教会で毎日行われているミサは、キリストの受難とご復活の記念であり、信仰の中心をなすものです。信徒たちはミサを通して、日々の生きる力と人生の意義を見つけだし、苦しみや様々な困難を乗り越える力を得ています。
 現代社会では経済的に豊かになり、安楽な生活を築くことに関心が向きがちですが、イエス・キリストの「人はパンだけで生きるものではない」との言葉からも理解できるように、希望や生きがい、信仰や友情などの精神的な価値をみつけることこそ、最も重要なことではないでしょうか。
 出演する生徒たちは、演劇に関しては全くの素人ですが、若さと新鮮さでアピールしたいと思っております。
 ぜひ足をお運びくださいますようご案内申し上げます。
校 長  陝々美


  ・日時
    令和元年11月26日(火)
     開場 午後5時30分
     開演 午後6時30分

  ・開場
     チトセピアホール(長崎市千歳町)

  ・チケット
    全席指定1,000円(高校生以下は500円)
    取扱店
     典礼センターピエタ  095−844−1551
     マルチネス中町    095−824−1580

ホームページ用-A4-学園劇2019

seibonokishi at 13:21コメント(1)

コメント一覧

1. Posted by 外山祈   2019年10月17日 08:26
自分が高校生時代であった時の学演劇を懐かしく思い出します。もっとも演技がからっきしダメな私には裏方からのサポートが精一杯でしたが。

定期公演に関わる生徒の皆さんが、それぞれの仕方でキリストの愛に触れる事が出来るよう、お祈り申し上げます。

よき定期公演となりますように。

外山祈

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ