2012年11月

2012年11月22日

大学合格しました!

センター試験も近付いてきましたが、3年生から早くも合格が出ました。どちらもAO入試での合格です。AO入試は「自分がいかにこの大学で学びたいか」という意欲や、「自分はこれまで何をしてきたか」という自己PRを、面接や志望理由書の形で求められます。 また学力も、筆記試験以外にも数学や物理の口頭試問、小論文などで発揮しなければなりません。これらの難関を乗り越えて見事合格した2人のコメントです。



上智大学 理工学部 合格 T.M君(聖マリア中出身)


 T大に合格した人の合格体験記を読んでみたが、その勉強法や精神力の強さに
驚く。しかし私は要領が悪いところもあるし、三日坊主で終わってしまうような
精神的に弱い部分もある。そんな私が合格できたことは奇跡に近いというべきか
も知れないが、私は聖母の騎士高校に入学したから合格できたと確信している。
受験前の私は何度も挫折しそうになった。悩みや不安が溜まりに溜まって、それ
を打ち明ける私に、先生は懸命に話を聴いてくださった。このような精神的な支
援があったからこそ、合格できたと思うし、他の学校だったらできなかっただろう。
 また、要領が悪いと自分で思っている私は、人より努力することでそれを埋め
合わせてきた。T大生のような効率の良い勉強法でなくても、人より努力すれば
合格できる、私はこのことを、自らの合格で証明できたと思う。




長崎大学 工学部 合格 K.S君(滑石中出身)


 私は小学校4年生の8月から中学校3年生の10月までの約5年間を海外で
生活していました。日本に戻ってきた時は中学3年生の2学期、いきなりの高校
入試でとまどっていたところ、中学校の先生から勧められて聖母の騎士高校を受
験しました。日本で中学の勉強をあまりしていなかったのですが、基礎から教え
てもらえる上に、少人数制であるということも選んだ理由です。入学した当時は
卒業後のことを考えていなかったけれど、長崎大学の公開講座に参加して工学の
面白さに触れ、長崎大学を目指すようになりました。それからは毎日6時まで図
書室に残り、ほとんどマンツーマンで指導していただきました。また弾みがつき、
家でも3〜5時間は勉強するようになりました。この積み重ねで合格をつかむこ
とができたと思います。


担任より…

 コメントにもあるように、二人とも毎日必ず図書室に残って勉強していました。理系の学部を目指す生徒が少ないため、マンツーマンに近い状態で授業を受けることもありました。ものすごい勢いで勉強して受験を迎えたM君と、常に自分のペースで努力するS君、対照的な二人ですが、二人が切磋琢磨しながら頑張ってきました。
 合格発表の時は、職員室で先生方に合格の報告とお礼を言っていましたが、まだ実感がわかないのか、ちょっとぼーっとした様子でした。その後じわじわ喜びがこみ上げてきたようでした。

合格おめでとう!



2012年11月13日

しおかぜ総文祭プレ大会に参加しました!

 11月4日(日)県立総合体育館で「2013長崎しおかぜ総文祭 プレ大会」が開催され、本校も参加しました。この大会は来年7月31日〜8月4日に県内15市町村を会場に行われる文化部のインターハイ「2013長崎しおかぜ総文祭」のプレイベントとして開催されたものです。

 第1部の式典では、本校の代表が校旗を掲げて「加盟校紹介」を行いました。第3部では、バグパイプ部が登場し、「融合」をテーマに北陽台高校吹奏楽部・北高校オーケストラ部と「でんでらりゅうば」等を演奏しました。バグパイプ部は来年の総合開会式や器楽管弦楽部門のステージでも演奏する予定です。

 また、総合開会式のスタッフとして、1・2年生の8名が参加し、南山高校と協力してポスター掲示や幟の設置を行いました。雨の中の作業は大変でしたが、手際よく行うことが出来ました。

 来年の「2013長崎しおかぜ総文祭」には2万人の高校生を始め、10万人のお客様が来県されます。「高校生最大の文化の祭典」を無事に成功させることができるよう、残り8ヶ月余り、準備を進めていきたいと思います。


PB4W0020PB4W0277
PB4W0129meiron


記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ