2009年07月23日

7月18日(土)に平和学習を実施しました。

8時40分から本河内教会で、争いのない平和な世界への願いを込めて平和祈願ミサを捧げました。その後、本校の講堂で、被爆体験談を聞きました。
講師は本校の卒業生で、当時、平戸小屋町(現大鳥町)で被爆した峰徹さんです。
自らの被爆体験を描いたパネルを用いて、そのときの様子を生々しく話していただきました。

最後にギリシャ神話の故事「ダモクレスの剣」にたとえて、「地球の上には原子爆弾がつるしてあるような危険な状況にあります。
核兵器根絶を目指して、永遠の平和を築きましょう」と呼びかけられました。
peace

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ