出張総括

11月18日(土)にニューヨークを昼過ぎに出発し、台北経由でタイの
バンコクまで移動。ホテルにチェックインできたのは、20日(月)の
午前1時前でした。実質20時間以上飛行機に乗っていた事になります。

2002年から始めた年二度世界一周の出張で、2回に一度はこのように
米国から東南アジアへの長距離移動をしていますが、正直毎年きつく
感じるようになってきています。これもやはり年齢のせいでしょうか...
今後はなるべく無理な移動は自粛したいと思います。

さてバンコクはちょうど一年ぶりでしたが、前国王の国葬も終わって、
街の様子も前回より少し活気付いているような印象でした。

IMG_1197 (1)

当社は今年7月から、市内の中心部にあるAsok駅近くのビルの
シェアオフィスの一室を借りて駐在員事務所を開設しています。
現在は日本からの駐在員であるTさんと、現地で雇用した日本語が
堪能なOさんの二名体制です。

s-17-08-03-15-42-30-844_deco

滞在中Sさんとミーティングを行い、また一緒に客先や取引先を数社
訪問しましたが、タイのみならずAEC(ASEAN経済共同体)や、
インドを中心とする南アジア、更に中近東やオセアニアまでの経済圏
全体をにらんで、やはり有望な成長市場であるとの共通認識を
持ちました。そして、できれば3年以内に本格的な事業拠点の設立を
目指そうという事になりました。

私自身、中国に続いてはAECが今後の当社の成長を牽引する
可能性が高いだろうと考えています。このバンコク駐在員事務所が
その橋頭保となる事を大いに期待している次第です。


米国出張記(巨大肉との遭遇)

今週水曜(15日)の便でストックホルムを発ち、次の目的地である
米国へ移動。ニュージャージーのニューワーク空港で米国に
先行で出張していたSさん、更に日本から移動してきたOさんと
Nさんと合流し、レンタカーで子会社があるペンシルベニア州
ワイオミシングまで移動。

翌木曜は4人でSeibu Giken America, Inc(SGA) を訪問し、社長の
レイCFOの宮島さんとボードミーティング。ほぼ終日かけてSGAの
今後の成長戦略について、忌憚の無い議論を交わしました。そして
その日の夕方は、前回7月にも行ったアレンタウンのステーキハウス
"Topcut"を再訪。

IMG_1182

私は個人的に米国で一番美味しいと思うドライエイジングのサーロイン
ステーキ(14オンス=396グラム)を頂いたのですが、その際同行の
Nさんは本日のスペシャルである、トマホークスタイルのT-Boneに
チャレンジ。その重量は驚異の32オンス(=905グラム!)。

IMG_1178

実際は骨の重量7オンス込みですが、それでも巨大な肉の塊でした。

IMG_1180

それを難なく完食したばかりでなく、骨にも食らいつくNさんの
バイタリティーに脱帽した夜でした (^^)


スウェーデン出張記

今週日曜の11時半の便で福岡を発ち、羽田とフランクフルトを
経由してストックホルムまで移動。空港から電車で中央駅まで近くの
ホテルにチェックインできたのは夜中の1時でした。こちらは福岡の
感覚では既に真冬で、日中の最低気温はー2℃まで下がり凄く
寒かったです。

翌月曜の朝は9時前にホテルを出て、子会社のSeibu Giken DST ABを
訪問し、半期に一度の取締役会(Board Meeting)を行いました。
DSTのビジネスはここ数年でかなりグローバル化且つ多様化しており、
以前は午前中で終わっていた取締役会も、今回は午後までかけて
様々な観点から議論しました。

その夜は日本の本社から着いたばかりの3名のメンバーも合流して、
ストックホルム中心部のジャパニーズ・フュージョン料理の
レストランで夕食。

翌火曜日も朝から私を含め日本のメンバー4人でDSTを再訪し、
終日みっちりとミーティング。

IMG_1171

その日の晩はノーベル賞の受賞者が宿泊するグランドホテル
レストランでスウェーデンの伝統料理あるスモーガスボード
ディナーを頂きました。

IMG_1170

私自身はスウェーデンには40回以上来ていますが、他の3人は
初訪問だったので、DSTの事業アやストックホルムの街並みと文化に
色々と刺激を受けた事と思います。

種々お気遣いを頂いたDSTの方々に感謝致します。


フィンランドとの縁が深まる

先週水曜日に東京南麻布のフィンランド大使館で開催された、
フィンランド共和国独立100周年のレセプションに参加する
機会を得ました。

当社がさるフィンランドの企業と直接取引をさせて頂いており、
そちらの日本法人がが今回のレセプションのスポンサーをされている
関係で、招待して頂きました。

IMG_1143

フィンランドは当然EU加盟国であり、また北欧には珍しく通貨は
ユーロです。

IMG_1138

大使のご挨拶。とてもカジュアルながらフィンランドと日本の
友好関係を熱く語られた素敵なスピーチでした。後ほど個人的に
挨拶をさせて頂きましたが、私がスウェーデンの名誉領事を
している事を伝えると、とても気さくにお話して頂きました。
因みに九州ではTOTOが、フィンランドの名誉領事館だそうです。

IMG_1145

IMG_1151

フィンランド大使館は閑静な(高級)住宅地にあり、周囲は様々な国の
大使館があります。

IMG_1147

IMG_1152

流石に北欧の国だけあって。アートのセンスも秀逸ですね!

IMG_1162 (1)

”Suomi”とは、フィンランド語でフィンランドそのものを指す
言葉らしいです。"Nippon"と"Japan"といった感じでしょうか?

フィンランドとはこれまであまり縁がなかったのですが、8月末に
ヘルシンキを訪問した事に加え、今回こういったご縁ができ、
とても嬉しく感じました。招待して頂いたお取引先に、
深く感謝致します。


童心に帰る

先月の友梨花の三歳の誕生日の私からのプレゼントはこれでした。

IMG_1134

「となりのトトロ」と「ファインディング・ニモ」のDVD!

選んだ基準は、三歳児でも十分に楽しめて繰り返し鑑賞ができる
クオリティーのアニメ映画でしたが、実は私自身がこの二つの
作品をまともに観た事がなく、以前から興味があったので、娘の
誕生プレゼントにかこつけて購入してみました (^^)

それで先日友梨花と二つ続けて見たのですが、凄く感動しました!
両作品とも家族愛や友情がベースにあり、登場するキャラがみんな
個性的で、起伏のあるストーリーも秀逸ですし、何より映像の美しさに
うっとりしてしまいます。「ニモ」もとても良かったのですが、
やはり「トトロ」ですね。友梨花もトトロは超真剣に観ていました。

私的には、宮崎作品の中で一番良いと思います。ニモの監督である
ピクサーのジョン・ラセターもトトロが一番のお気に入りと
公言しているそうです。

友梨花と真柚花には、こういった本当に良い作品に親しんで
欲しいので、これからも少しづつ揃えていこうと思った次第です。



株式会社西部技研公式サイト

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード