2017年08月

北欧視察➁

先週土曜日(26日)はストックホルムから約200km離れた
エレブロー市に2時間かけてバスで移動し、2年に一度開催されてる
アートイベント"OpenArt"を視察しました。

たまたま今回のテーマが日本とコロンビアという事で、日本からも
著名なアーティスト数名が作品を出展しています。当社も名誉領事館を
している関係で、若干ですがこのイベントに寄付金を拠出しました。
またこのイベントに併せて福岡市が例のKIMONO PROJECTで制作した
着物を持ち込んで展示するという事でそちらも視察しました。

IMG_0820

着物のお披露目の会場となったエレブロー城。

IMG_0823

当社がスポンサーになって制作したスウェーデンをモチーフにした着物。

IMG_0825

スウェーデンの着物好きの方も多数集まっておられました。

IMG_0837

IMG_0838

折角なので日本から同行の当社の女性社員に着てもらいました。

IMG_0839

名誉領事とスポンサー特権(!)を使っての2ショット。

IMG_0844

今回のミッション参加者全員とKIMONOスタッフでの集合写真。

私はオレブロ市の市長とイベント主催者とのランチにも出席した為、
残念ながらアートの方は殆ど見学できませんしたが、着物とお城は
存分に鑑賞する事ができました。

スウェーデンの為に作られた着物のお披露目をスウェーデンの古城で
行い、それを実際に視察できた事はとても喜ばしく、また両国の
友好関係の促進の意味でも意義深く、この着物のスポンサーになって
本当に良かったと感じた次第です。


北欧視察①

先週水曜日(23日)から在福岡スウェーデン名誉領事館主催の
北欧視察ミッションで、ストックホルムを訪問しました。
メンバーは16名、様々な企業や団体から参加頂きました。

主催者として今年四月から企画をスタートし、参加者にとって
有意義なツアーになるよう計画を立てて、種々準備を進めて
参りました。ところが出発当日、搭乗予定の福岡発ヘルシンキ行きの
フィンエアー便がパイロットの急病で半日以上遅れる事が確定的となり、
頭が真っ白になって相当焦りました。

何とか旅行会社の尽力で、代替便を手配して頂きましたが、ソウル、
フランクフルトと乗り継ぐ事になり、ストックホルムの空港には
予定より7時間以上遅れて同日の23時半に到着。ホテルに
チェックインした時は日付が変わってて、流石に皆さんかなり
お疲れのご様子でした。

初っ端から大きなトラブルに遭遇し本当に申し訳なかったのですが、
幸いストックホルムに着いてからは、天気にも恵まれて順調に
スケジュールをこなしています。メンバー同士も打ち解けて、とても
良い雰囲気です。

24日の午前中はストックホルムの日本大使館を訪問し、山崎大使より
スウェーデンの概況について直接レクチャーをして頂きました。午後は
郊外にある当社の子会社Seibu Giken DST AB に出向き、会社見学を
行って、併せて現地スタッフよりスウェーデンの経営スタイルや
雇用環境、ダイバーシティー等について説明を行いました。

25日の午前中はず循環型都市として有名なハンマビー臨海地区を視察。
その後はドロットニング宮殿、ヴァーサ号博物館、ノーベル博物館等を
観光しました。

IMG_0775 (1)

今回滞在しているホテルの部屋からの風景。左側の建物がノーベル賞の
受賞者の晩さん会が行われる市庁舎。

IMG_0779

在スウェーデン日本大使館。

IMG_0783

国王の住居であるドロッタン宮殿。

IMG_0796

333年海に沈んでいた帆船を引き上げてそのまま展示している
ヴァーサ号博物館

IMG_0798

こちらは十分の一の模型。

IMG_0814

ノーベル博物館で受賞者のサイン入りの椅子。

そして26日は今回のウレブロ市で開催中のOpenArtを視察。
これについて別途アップします。



理想の資本主義とは?

先月続けて読んだ二冊の本が、とても対照的で面白かったです。


かってアクティビスト(もの言う株主)として名を馳せた村上ファンドの
村上世彰氏の最初で最後の自伝です。村上氏と言えば元通産省の
役人にして、敏腕のファンドマネージャーでしたが、ニッポン放送株
取得に関わるインサイダー取引で逮捕された後はファンドは止めて、
本拠をシンガポールに移して、現在は投資家として活動されています。

こちらはちょうど10年前に、著書「21世紀の国富論」を読んで
衝撃を受けた原丈人氏の最新著書。この方は本当に様々な肩書を
お持ちですが、本職は考古学者(!)で、考古学の研究資金を稼ぐ為に、
スタンフォード大学でMBAを取得し、ベンチャービジネスを興し、
更にはベンチャーキャピタルまで立ち上げたという経歴がとても
興味深いです。

このお二人がそれぞれの著書で理想の資本主義の形について
論じてあるのですが、村上氏が徹頭徹尾株主重視の企業経営の
重要性を説くの対して、原氏はもっと広い意味で公に利する経営が
必要と説かれて、それを公益資本主義と名付けておられます。

お二人の主張は真っ向から対立している点が多々あり、例えば村上氏は
日本企業は総じて利益を貯め込み過ぎて、その結果欧米と比較してROE
(株主資本利益率)が低く資本効率が悪い会社が多いと批判しているのに
対して、原氏は欧米企業のようにROEばかりを重視する経営は、
結果として多数の人を幸せにしないと痛烈に批判しています。

しかし本質的には目指すところはあまり違ってはおらず、企業が利益を
上げて、それを株主や従業員といった一連のステークホルダーに
還元すると共に、新たなビジネスにも投資する事で、経済全体の
牽引役となるべきと、お二人とも仰っておられると感じました。

個人的には原氏の公益資本主義の考え方に大いに賛同しますが、
村上氏の主張も企業経営に携わるものとして、真摯に受け止めるべき
点が多々あると感じた次第です。


盛夏のラン

今年の福岡の夏は本当に暑いですね。おかげで前回のブログに
書いたように、ほぼ毎週末に家族で海に出かけて、夏を思いっきり
エンジョイしてます !(^^)! 

その一方でルーチンのランニングの方は苦戦中です... 基本的に
気温が30℃を超えると何かと危険なので、走るのは控えるように
しています。その為に自ずと朝方が中心になるのですが、先月から
早朝でも27℃以上の日が続いており、ウィークデイの8キロ程度の
ランでもかなりへばってしまいます。また通常であれば週末に
12~13キロ走って距離を稼ぐのですが、この暑さの為、朝方でも
外で10キロ以上走るのがとても苦しいです。

その結果、先月は合計75キロしか走れず、この3年間続けてきた
月100キロの継続が途絶えてしまい、とても悔しい思いをしました。
それで8月は何とか再度100キロを達成しようと思い、一度に走る
距離は10キロ以下と割り切り、頻度を少し増やす事にしました。
それで今月は本日までに7回走って、距離は67キロ。月末までに
あと4回走れば何とか100キロ超えを達成しそうです。

あと今年三月にコナミ香椎のをマンスリー会員を解約したので、
それ以来内ランはやってなかったのですが、まだ都度会員の資格が
ある事を思い出し、先週土曜に久々に行って来ました。以前は
マシン(トレッドミル)で走るのは景色の変化が無くて直ぐに
飽きていましたが、流石にこの時期は空調が効いた室内は、
外よりもはるかに快適ですね!おかげで以前よりもペースが
上がって、今日も行ってきたのですが、1時間で10.5キロ。ペースは
5分45秒/kmと、外ランとほぼ同様のスピードで走れました。

都度会員の場合は利用毎に2160円かかるのですが、コナミの
場合月3回までの利用ならこっちの方がお得な計算になります。
いずれにしても夏が終わって涼しくなるまでは、内ランも
取り入れながら月100キロを目指して走っていこうと思います。


海活を楽しむ

今日は朝から雨模様で一服感がありますが、福岡のこの夏は
本当に暑いですね。という事で、我が家は今年も昨年と同様に
時間を見つけてはせっせと海に出かけています。これまで
5回行きました (^^)

IMG_0684

7月23日(日) 志賀島勝間海岸(海の家なべしまの前)

IMG_0718

7月30日(土)奈多海岸 SG父親会デイキャンプ

IMG_0745

8月6日(日) 新宮海岸

IMG_0762

8月12日(日)志賀島勝間海岸(国民休暇村の前)

01e75ea12a01c27d3194fcd1d719c1e54b13b3ea9f

8月13日(月)福津市宮地浜海岸

下の真柚花は今年が海デビューでしたが、上の友梨花は3回目の夏で、
海に来るととてもテンションが上がります。特に昨夏は嫁さんと
二人で10回以上海に行ったらしく、水を全く怖がりませんし、
心の底から海岸での水遊びを楽しんでいます。

こうしてみると福岡って近場に綺麗なビーチが沢山あって、
改めて良い街だなと実感しています。

福岡ではお盆が明けてしまうと海水浴は下火になるので、今年の
地元での海活は終了です。ただし9月後半に休暇を頂く際には、
今年も泳げるところに家族旅行で行く予定なので、その時には
再度満喫したいと思います!


株式会社西部技研公式サイト

プロフィール

seibu_giken

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード